パスタのコルレオーネ風

パスタ料理には、ローマ風やミラノ風などイタリア各地の地名がついたものが多いが、ふと、コルレオーネ風というのがあるかどうか調べてみた。コルレオーネは映画ゴッドファーザーの主人公、ビト・コルレオーネの名字である。シチリアからアメリカへ逃げたビト少年が、入国申請の際に「コルレーネ村の出身」と言ったのを名字だと勘違いされ、そのままになった。本来はシチリア島の町の名前である。

ゴッドファーザーのファンは圧倒的に男だ。特に事業をしている人は、自分と重ね合わせるところが多いのではないだろうか。決して恵まれたとは言えないスタートを切り、家族や社員のためにときには無茶なこともする。成功すれば集まってくる人間に利用されていることを承知で付き合い、失敗すれば物笑いや批判の種にされる。敵や裏切り、恩知らずも多く、絶えずアクシデントに見舞われ、子供も悪いところだけそっくりで、思ったようには育ってくれない。そんな孤独な心情をニーノ・ロータの切ない旋律が歌い上げる・・・。おっと、レシピの話だった。

さて、コルレオーネ風のレシピを検索してみると、日本にはなかったが海外のサイトで2種類発見した。

■スパゲティ・コルレオネーゼ

●材料(4~6人前)
・スパゲッティ、フェデリーニまたはリングイネ  1ポンド
・エキストラバージンオリーブオイル 1カップ
ガーリックとクローブをきざんだもの 8 個、
アンチョビフィレ 12枚
細かく刻んだクルミ 個分
軽くトーストした松の実 1カップ
浸したダークレーズン 1/2カップ
マルサラ酒または赤ワイン、30分のマリネ(時々トス)
砕いた乾燥オレガノ 小さじ1
砕いた赤唐辛子フレーク ひとつまみ
粗く挽いた黒コショウ ひとつまみ
刻んだ新鮮なパセリ 小さじ4
大きなバジルの葉、10枚

●作り方
1.パスタをアルデンテに調理します。
2.パスタが調理されている間に、大きなフライパンで油を熱します。ニンニクとアンチョビを追加します。アンチョビをペースト状にすりつぶし、中火で2分炒めます。ナッツ、レーズン、ワインマリネ、オレガノ、赤唐辛子フレーク、黒胡椒を加えます。弱火で5分間煮込み、常にかき混ぜます。

3.パスタを水切りします(パスタが不十分です。パスタが完全に乾いていないと、ソースが強くなります)。パスタを鍋に戻します。ソースとよく混ぜる。パセリとバジルを追加します。すぐにサーブしてください。

※英語のサイトから。素材が豪華なので、シチリアっぽくない。映画を見て作ったレシピのような気がする。

■パスタ・アッラ・コルレオーネ

●材料(4~6人前)
パスタ(ここではフジッリ) 500グラム
ダイス状にカットしたベーコン 120グラム
にんにくのみじん切り 2片
バジルの葉のみじん切り10枚
パセリのみじん切り大さじ1
パルメザンオイル(? olio parmigiano)
タマネギのムース

●作り方
パスタを茹でている間に、調理用の水を少量脇に置く。
ベーコン、ニンニク、刻んだハーブを少量のオリーブオイルで炒める。
美しい黄金色に達したらすぐにソースのを消す。
調味料のパスタを炒める。(水分が蒸発する場合は、調理用の水を加える)
パスタを皿にのせ、パルメザンチーズ、小さじ一杯のタマネギのムース、チリペッパーをまぶして飾る。

※イタリア語のサイトから。素材が素朴なので本場っぽいが、シチリアにはコルレオーネ風はなく、北部のリグーリア州で発見したものだそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です