まとめサイト対策

こういう経験はないだろうか。ブログなどを見ている時、他のブログの見出しを紹介する枠の中に興味深いものがあって行ってみると、記事本文がなくさらに他のサイトの見出しが並んでいるだけ。その中に探していた見出しがあったのでクリックすると、最初のブログの別な記事だったとか、結局どこにも記事本文がなかったという経験が。こういうふうに見出しだけで、本文のないサイトを「まとめサイト」と言う。情報発信力はなく、単に運営者の来場数稼ぎのためだけのサイトだ。

注意して見るとまとめサイトにつながる記事タイトルは、週刊誌の「女優〇〇、深夜の密会か?」の類の、憶測だけで書いている怪しいものばかりだとわかるが、「新型コロナに新事実発見?」などと書いてあると、どうしても見たくなってしまう。また、「速報!〇〇でクラスター発生!」というのが、何ヶ月も前の記事へのリンクだったりする。こういうまとめサイトをいちいち経由していると、相当な時間の無駄になる。

まとめサイトに限らず、今後見たくないサイトを表示しないようにするのが、「siteblock」というFIREFOX用アドオンである。

まとめサイトに来てしまった時に、サイト内で設定するだけで、次回以降に同じサイトに入ろうとすると下記のような表示が出る。最初はこれが出ると驚くし、見たかった記事が気になるが、情報がないから設定しておいたのだから、どうしても見たかったら検索エンジンで検索し直してみるほうが手っ取り早い。

また、検索すると無数の候補が出てくるが、その多くは知りたい情報とは無関係のサイトだ。そこで同じくFIREFOXアドオンの「uBlacklist」である。

これを使うと、検索時に下記のような表示が出るので、「このサイトをブロックする」をクリックすると、今後そこは検索結果に表示されなくなる。

こういうブロック用アドオンを使っていると、知りたい情報を実際に掲載しているのはほんの数サイトで、それ以外の多くはまとめサイトだとわかる。
※ここではFIREFOX用アドオンだけ紹介したが、他のブラウザにも同様のものがある。あくまで自己責任なので、アドオンの置き場所などは紹介しない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です