Parker Solar Probe / 太陽への最接近に向かう

Parker Solar Probeは、9月27日に太陽への今まで以上の接近を行うため、金星でのフライバイを行った。今回の接近では、時速289927マイル(466592キロ)で移動しながら、太陽表面から840万マイル(1350万キロ)まで接近する。太陽の中心から0.1天文単位(太陽から地球までの距離の1/10)に近づくのは初めてである。

Parker Solar Probeは7年間のミッションのうち、2年を経過したが、計器などのトラブルはない。最終的には太陽表面から400万マイルにまで近づく予定だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です