Parker Solar Prove / 5回めの太陽観測データを公開

Parker Solar Proveは、5回目の太陽接近の観測データを、9月から下記の場所で公開している。

NASAの宇宙物理データ施設(SPDF)太陽データ分析センター(SDAC)APLパーカーソーラープローブゲートウェイカリフォルニア大学バークレー校)のサイエンスオペレーションセンター 、プリンストン大学ハーバードスミソニアン天体物理学センター海軍研究所

順調に進んでいるプロジェクトの定時報告なので、ニュース性はないのだが、小さな宇宙船が地球と太陽の間を5回も往復し、そのデータを世界中に一般公開しているのはとんでもないことだなと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です