SFカウントダウン

昔のSF小説や映画が、いつの間にか設定した年を過ぎてしまうことがある。「2001年宇宙の旅」がその筆頭だが、それ以外にも、宇宙家族ロビンソンは1997年に宇宙に出発し、鉄腕アトムは2003年に誕生していたことになってる。ブレードランナーの世界は一昨年(2019年)だ。ロサンゼルスに日本文化が氾濫しているというのはけっこう当たってるし、空とぶ自動車とはいかないが、なんとかドローンが飛び交うところまではいった。人間そっくりのレプリカントは無理だが。当時の製作者が科学技術の進歩を楽観視していたのか、どれも実現できてないのが残念だ。もしかしたら寿命の伸びを甘く見て、どうせ誰も見られないだろうと考えたのかもしれない。
そこで、SFでこれから起こることになっている事柄のカウントダウンを作ってみた。まだまだはるか未来の話もあるが、孫や子供世代なら経験できそうなこともある。我々年寄りだって、目の前のパンデミックさえ乗り切れば、ターミネーターが人間を蹂躙する世界をこの目で見ることができるかもしれない。ワーイ、ウレシイナ...

ターミネーターの世界(2029年)まで
サンダーバードの誕生(2065年)まで
ドラえもん誕生(2112年6月3日)まで
エイリアンと遭遇(2122年)まで
スタートレック/エンタープライズ号誕生(2260年)まで

※日付までわからず、とりあえずすべて1月1日にしたせいで、ドラえもん以外、全部月と日が同じになってしまった。

2 thoughts on “SFカウントダウン

  • 2月 18, 2021 at 12:50
    Permalink

    レプリカントは別にしても、クローン人間は既に存在するのでしょうね。クローンの場合は別人格で考え方も違うらしいですね。そう言えば我が家にもクローン人間が居ました。中2の男児と女児の二卵性の双子ですが、男児は乱暴でゲーマー。女児は余り口をきかないおっとり系。クローンなど双子みたいなものですから双子の誕生の解明で、いくらでも作れるかも知れませんね。

    Reply
    • 2月 18, 2021 at 13:03
      Permalink

      レプリカントは、実際にいても区別できませんから、もしかしたらあの人とか、あの人とかも・・・。特にネットやテレビの画面を通じて見るだけの人なんて、休憩時間に文字通り充電してるかもしれませんね。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: