さっぽろオンライン雪まつり、閉幕

さっぽろオンライン雪まつりが閉幕した。期待はしてなかったが、成り行きに興味があったので注目していたのだが、思った以上の盛り上がりのなさ。このご時世で無理もないとはいえ、すがすがしいくらいの討ち死にである。そもそもやってたこと自体知られてなかっただろう。突発的な雪像制作中止を受けて、何かしなければならない人たちだけで、こっそりアリバイ作りをしたというところだ。

ただ、中には意欲的企画もあった。blenderという無料の3DCGソフトを使った、バーチャル雪像の募集である。初心者のために、指導講座も設けたらしいが、アーカイブサイトを見てもそれらしい作品はない。応募自体がなかったのだろう。
3DCGは難しい。全くの素人からはじめてイメージ通りの造形ができるようになるまで、早くても数カ月はかかるのではないだろうか。それを短期間のうちに入門から作品提出までというのは無理もいいところだ。

ただしこの企画によって、blenderをインストールし、勉強を始めた人がいたなら、それは札幌市の人的財産になる。今回の失敗に懲りずに、何度でもバーチャル作品の募集と指導講座を続けるなら、3DCGを札幌市の産業資源にできるかもしれない。ちなみに、こういう3Dソフトのユーザーには、50代60代の人が結構いるような気がする。この世代の人には、PCが普及し、映画などでCGが登場し始めたが、高くて手が出せずにいた人も多い。特に理系の人たちはそうだ。それが無料の3DCGソフトの存在を知って、若き日の夢を叶えている。ネット上で公開される個人の3DCG作品の中に、妙に昭和感のあるものがあるのは、そういうことだろうと思う。

4 thoughts on “さっぽろオンライン雪まつり、閉幕

  • 3月 5, 2021 at 14:30
    Permalink

    やればできます、というか、まだまだ新しいジャンルなので全員が素人からのスタートでした。ただ、技術はそのうちわかりますが、絵の基礎は長い年月で培うもので、そちらができてる人は圧倒的に有利です。最初の何カ月は五里霧中で悪戦苦闘ですが、楽器をやるよりははるかに楽に身につきますね。

    Reply
  • 3月 5, 2021 at 10:29
    Permalink

    バーチャル雪まつりも、これまでの雪像の紹介程度と受け止めていましたが、CG制作の雪像コンテストなら、夏場から初めて冬の入りに決定して本番に備える方がいいですね。今回の中に良いものが有れば来シーズン用に、一年前からの準備もいいと思いますね。

    Reply
    • 3月 5, 2021 at 14:38
      Permalink

      雪まつりも、曲がり角に来てると思います。だいぶ前からかもしれませんが。地元の人は見放したようなことを言いますが、観光の目玉のない他の自治体からすれば、無から作り出したお手本だし、いらないならくれよ、というところでしょう。コロナを機に、これまで通りじゃいかんという風潮になればいいと思います。

      Reply
  • 3月 5, 2021 at 10:25
    Permalink

    3DCGですか?昔は建物などのパースを手で描いていました。その道のベテラン的な人に頼んでいましたが、コンピュータ・グラフィックの登場ですっかり作品の精度が変わりましたね。当時、見せられた時には驚きました。やる気があれば素人でもできるものなのか?は疑問ですが、相当興味を持っている人なら出来るのでしょうね。手描き時代の私などは、やりたくても、なかなか手が出せない分野です。

    Reply

広告マン。 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: