イーストサイド寿司(2014年 米映画)

カリフォルニアで屋台に住むヒスパニック系のシングルマザーが、寿司職人を目指して成長していくというストーリー。ありがちな感じがする上に、キワモノの恐れもあったが、助演に竹内豊という日本人俳優が出ているので観てみた。

朝早く起きて市場で果物を仕入れ、手慣れた手付きでカットフルーツを仕込んだら、ガタの来た屋台をひいて治安の悪い路上で売る。アルバイトで暮らす父親と入学前の娘と三人の生活は苦しいが、買ってくれる客のために天然素材のジュースを使い続ける。何ということのない毎日の生活を丁寧に描いたファーストシーンだけで、気分は応援モードである。
そしてフルタイムの職場を求めて入った、日本人夫婦の経営する寿司店で、下働きから職人の道を目指すのだが。

主人公の、生活感のある頑張り具合も見どころだが、脇を固める人々も魅力的だ。カウンターを任されている先輩職人は、前述の竹内豊である。主にアメリカで活躍する日本人俳優で、「パシフィック・ウォー」での演技が印象的だ。日本で伝統的な寿司職人として修業したが、意欲がある若者には技術をどんどん教える。現代的な職人気質の持ち主である。
日本料理など全く認めていないが、高圧的ではなく控えめな抵抗を続ける父親や、よくいる厚化粧おばさんだが、職場の難しさを丁寧に伝えて相手の覚悟を見極める社長婦人。そして店で一番腕の良い職人で、今でもカウンターに立つ社長の存在感が光る。自分にもチャンスがほしい、その権利があるはずだという主人公の訴えなど歯牙にもかけない社長は、日本人である自分からすると、西洋的な自己主張より筋が通って見える。

そんな風に、主人公は文化や社会慣習の壁にぶつかりながら、ハッピーエンドで終わる。あまり難しくない、こういう映画はいいなと思う。個人的には、料理人同士のデートは、食べてばっかりというのが気に入った。
今回はアマゾンプライムでの視聴で、レンタルビデオ店には置いていないのが残念である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: