ワイアット・アープ

ワイアット・アープと言えば、その昔は誰もが知ってる西部劇のヒーローだった。アリゾナの保安官として、クラントン兄弟と銃撃戦を演じた「OK牧場の決闘」は、西部劇にもなっている。主題歌の「いとしのクレメンタイン」も有名だ。最近は西部劇そのものが制作されないので、若い人はあまり知らないかもしれないが。

さて、突然だがここでクイズ。次にあげた人の中で一番若い(生年月日が一番遅い)のは誰か。

1.ワイアット・アープ
2.トーマス・エジソン(アメリカの発明王、電力会社の創立者)
3.ジュール・ヴェルヌ(「海底2万里」などのSF小説家)

答えはヴェルヌ(1828)、エジソン(1847)、アープ(1848)で、ワイアット・アープが一番若い。意外に最近の人だったわけだが、OK牧場の決闘も1881年のこと。明治維新(大政奉還)が1848年だから、なんと明治13年のできごとだ。西部劇というのは明治時代の話だったのだ。日本が海外に遅れじと文明開化を目指していた頃、アメリカの西部は銃でケリをつける、あまり文明的でない社会だったことになる。

WIKIPEDIAによれば、アープの実像もヒーローとは程遠い。20歳の頃バッファロー狩りで生計を立てガンマンとして有名になり、カンザス州ウィチタやドッジシティの保安官事務所で働くが、仲間と口論になったり、やり口の荒っぽさから追放されている。その後アリゾナ州トゥームストーンに移住し、農業や賭博の胴元や、売春宿の経営者になった。OK牧場の決闘は、兄がこの町で保安官になってから起こった。

OK牧場の決闘は、映画のようにめでたしめでたしでは終わっていない。アープたちは殺人罪で起訴されたが無罪。これに不服なクラントン兄弟はアープの仲間を闇討ちし、アープは駅の構内で相手側の主犯格を撃ち殺す。その後も保安官同士で相手を付け狙ったり、返り討ちにしたり、逃亡したりと遺恨まみれだったという。今だったらとうてい映画のヒーローにはなれないような人物だったらしい。

アープの愛銃として名高い、長い銃身が特徴のコルト・バントライン・スペシャル。これも実在しなかったとか。



6 thoughts on “ワイアット・アープ

  • 6月 29, 2021 at 10:46
    Permalink

    今では、データをメール転送して置いてそれを元に3Dプリンターで銃さえ作れますから、テロ犯にしても航空機搭乗前のチェックや検問も手ぶらで通過してしまいますね。考えてみれば銃も機械式の古い構造ですから今や時代遅れですね。シンプルな構造と機能は確かに感心しますが、むしろ弾丸など無くても誘導電流などの応用で一瞬仮死状態にすれば殺人罪もなくなりますね。

    Reply
    • 6月 29, 2021 at 11:54
      Permalink

      銃は物騒な代物ですが、昔のものは優雅なデザインでした。今はタダの箱のような形のものもみかけます。しかも1分間に何百発もばらまくとか。ガンマンが銃を磨いたり、一発ずつ縦断を込めたりというような””風情”(?)もなくなりました。

      Reply
  • 6月 28, 2021 at 15:36
    Permalink

    西部劇も高校生くらいまでは見れましたね。その後クリントイーストウッドやジュリアーノジェンマなどのマカロニウエスタンにお株を取られましたが、単純なストーリーでスッキリします。TVでさえララミー牧場などもやっていましたから、よく見ていました。その後はコンバットなどの現代版に変わりましたが、最近ではあの頃の映画はBSやCSでしか見れません。あんなに面白かったのも時代の違いですか。今の若者たちにはウケないのでしょうね。

    Reply
    • 6月 28, 2021 at 16:16
      Permalink

      クリント・イーストウッドは91歳ですが、今年も制作、監督、主演映画を公開するようですね。往年のロデオのスター役だそうなので、ララミー牧場からひとまわりという感じです。ジュリアーノ・ジェンマのほうが若いですが、検索したら交通事故で亡くなってたようです。

      Reply
  • 6月 28, 2021 at 15:28
    Permalink

    まるでライフルのように、こんな長い銃身では早打ちはムリでしょうね。但し命中率は高そうですね。OK牧場の決闘も映画ですからきれいなシナリオにしたのでしょうね。現実とは大違いだったのですね。それにしても日本ではチョンマゲや刀が無くなった時代に公然と銃で殺し合いが行われていたのですね。アメリカは今でもその名残でライフル協会の圧力なのか?銃の市販が残っているようですね。相当前から日本の方が近代国家だったんですね。

    Reply
    • 6月 28, 2021 at 16:02
      Permalink

      アメリカだけじゃなく、カナダなども銃は自由に買えるようですが、銃犯罪はまるで違います。使う人間が一番怖いということでしょうね。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: