忍術五種

ネット上に、オリンピックの開会式が期待はずれだったという声があった。何かとハンデのある大会だけに、少し厳しすぎる意見のようにも思えたが、その理由は、せっかく侍や忍者などのコンテンツがあるのに、全く登場させないのは勿体ないというものだった。なるほど、全くそのとおりである。どうせなら、競技にも忍術をと考えたら、うってつけのがあった。「SASUKE」である。

SASUKEは1997年に放映されて以来、アメリカを始め世界165カ国で放映されている、スーパーアスリートたちによる障害物競技だ。日本のTV番組で、最も多くの国で放映されているという。これをオリンピック競技にしない手はないだろう。アメリカなどの海外制作版もあるというし、オリンピックアスリートも参加したこともある。
さらに手裏剣打ち、ソフトチャンバラ、ギダンの術(水上に浮かべたフロートの道を、高速で走り抜ける技)、隠形合戦(チーム対抗かくれんぼ)にSASUKEを加えた、忍術五種競技を放映したら、空前の視聴率になるのは間違いない。やらないのは、もったいない話だ。

あと2種類なのだが…

2 thoughts on “忍術五種

  • 8月 2, 2021 at 13:41
    Permalink

    本家本元の我が国でこそ忘れられた存在の忍者ですが、外国では女性たちまでが忍者に扮して訓練したりしているようですね。体操の床運動などや走高跳、棒高跳びなどは正に忍者ですね。古来の技を少し近代化するだけでスポーツ競技になりますね。近代五種のように射撃はアチェリーで、座頭市よろしくフエンシング風の得点方式の殺陣も含め,見る側は楽しいでしょうね。

    Reply
    • 8月 2, 2021 at 17:01
      Permalink

      我々の子供時代のことを思えば、なぜか今の日本人には人気ないですよね。マンガのナルトは忍者らしいですが、黒装束でないと、ちょっと。世界が望んでるのも、そっちだと思うんですが。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: