Dブルース伴奏動画集

バイオリン練習のために、Dメジャーのブルース用のバック演奏を探してみた。ブルースという(ほぼ)同じコード進行でも、実にさまざまなスタイルがあるのがわかる。このなかから選んでバックに演奏するのだが、好きなスタイルだからと言ってできるわけではない。どちらかというと、より素朴で単純で、泥臭く垢抜けないスタイルのほうがやりやすい。

ムーディなスローブルース。伴奏が目立つので、ちょっと入りにくいかもしれない。

プレスリーあたりを思い起こさせるスローなブルース。伝統的なコード進行からちょっとだけはなれていて、それが往年のポップスを思わせる。

60BPMと、ごくスローなブルース。一周りするまでが長いので、間が持たなくなってしまう。やはりスローはごまかしが効かないのできつい。

スローではあるが、コード進行がシンプルでワイルドな感じなので、大音響ならぶつ切りや同じフレーズの繰り返しばかりのアドリブでも様になるような気がする。

jazzは難しいコードを使うので、アドリブは大変だ。やりたいのはやまやまなのだが、なかなか手が出ない。

単純でわかりやすく、テンポのいいブルース。スローな伴奏に合わせると、音をたくさん出さないと格好つかないので、これくらいのテンポがちょうどいい。

最初に投稿者の短い模範演奏があるので、雰囲気がつかみやすい。テンポものりがいいので、多少ぶつ切りフレーズでも、それなりに合ってる感じに聞こえる。ギター用の伴奏かもしれないが、他の楽器でもかまわないだろう。

ファンキーなテンポの良いブルース。ごまかしが効きそうで、好きなスタイルだ。

こういうスタイルをテキサスブルースと言うらしい。最近はこういう単純でわかりやすいのがやりやすくて好きだ。

ブルースハーモニカ練習用のミディアムテンポのブルース。最初に模範演奏があるので、イメージをつかみやすい。静かめのバック演奏は、バイオリンにも合うような気がする。

カントリー調のやや早いブルース。ちょっと聞いただけで、あるよねこういう音楽と感じるだろう。

こういうのもカントリーなのだろうか。ボトルネック奏法のギターがいかにもな雰囲気を出している。こういうのをバックに演奏すると楽しい。

カテゴリー「Bluesへの道」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: