Blenderの時代

Blenderという、無償で手に入る3DCGソフトのユーザーが激増している。昔からあったソフトだが、操作性が悪い部分があったのが最近のバージョンアップで改良された。また、新型コロナウィルスで世界総ひきこもり時代になり、自宅で技術習得したい人が増えたのかもしれない。youtubeにも、製作工程を紹介する動画があふれ、いちだんととっかかりやすくなっている。

趣味としてだけなく仕事面でも3DCGの用途は広い。特に3Dプリンタが登場してからは、PCで作ったデータを実物にすることができる。3Dプリンタは、小さいものなら2.3万円で手に入るし、データ送りすればさまざまな素材で仕上げてくれるサービスも増えてきた。昔は3DCGは主に建築などの業種で使うものだったが、3Dプリンタは新製品の試作品や、壊れた部品の代わりを作るなど、業種を問わず活用できる。

3DCGの習得はけっこう厄介だが、初心者にとって一番大きな壁は、何を作っていいのかわからないという点だろう。Blenderではジュラシック・パークなみの恐竜も、写真のような建物や街の風景も作れるが、そこまでレベルが高くなくても十分役に立つ。

Blenderによる試作品 / 高度な映像だけでなく、立体感のある説明図など、ちょっとした用途にも便利

Blenderのダウンロードはこちらから

2 thoughts on “Blenderの時代

  • 9月 6, 2021 at 12:49
    Permalink

    難しそうで、なかなか取り掛かれない分野ですね。このテーマ画像もそのソフトで作成されたのですか?制作時間も掛けていらっしゃるのでしょうね。

    Reply
    • 9月 6, 2021 at 13:15
      Permalink

      テーマも練習作品です。「文字を立体化してみよう!」というような動画を見ながら、操作を覚えながらなので、2、3日かかりました。慣れれば10分以内でしょう。フォトショップなどと同じで、最初は覚えることが多くてとっつきづらいですが、慣れた後に便利なようにできています。何しろ無償なので、PCを持ってる大抵の人が試しにインストールして損はないと思います。有償ものを使ってきたので、なおさらそう思いますね。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: