Universal Analytics 来年7月で終了

Google Analyticsの現行仕様である、universalAnalyticsが来年7月でサービスを休止する。定点観測のツールは仕様が変わられると困るのだが、無料なので仕方がない。ざっと説明を読んだところでは、ユーザーは新しいG4仕様の環境を設置しなければならない。来年7月までは両立てだが、それ以降はG4しかデータ収集しなくなるらしい。データの収集項目も変わるようだが、過去データが引き継がれるのかどうかなどは、これから説明文を読んで理解しなければならない。正直ちょっと面倒くさい。

Google Analyticが初めて登場したときは、これほどまでのものが無料で使えることに感動した。そして個人や店舗、小企業など、ウェブサイトを公開している知り合いには、とにかく毎日Analyticsを見るように勧めた。Analyticsのどこをどう見るのか、どの指標が大切なのかは、各々の業種やサイトのコンテンツによって違うし、そもそも設置直後はデータがないので何も表していない。そんなものを「騙されたと思って」に近い、最低であやふやな説明で納得してもらってきたのだ。

幸いなことに、それを真に受けてAnalyticsを観察し続けたサイトは、相応の成果を得ている。Analytics登場以前は、大企業であってもそこまで精緻なデータを観測していたわけでもなかったので、同じラインからスタートを切り直したようなものだから、ややもすると小規模でトップが業務の隅々まで見ているような業種ほど、このデータから大きな成果が得られた。これは今でも変わらないだろうと思う。むしろ小規模経営なのにデータも見ないようでは、話にならないだろう。

そのAnalyticsが大幅モデルチェンジとなれば、自分も含めて混乱が予想される。質問されることも増えるだろう。そのためにも公開された説明は隅々まで読んで理解しなければならない。時間はまだあるというものの、新しい用語もいくつかあるようだ。湧き上がる怠け心に、戒めとしてブログのメニューにカウントダウンを設置した。

2 thoughts on “Universal Analytics 来年7月で終了

  • 4月 30, 2022 at 05:34
    Permalink

    来年の夏に現行Analyticsのサービス終了ですか。新バージョンに移行となれば更に進化したものに成るのでしょうね。本格的なネット社会に対応する為でしょうが、これまでもまだまだ使いきれていなかった我々もビジネスツールとして使いこなせるような努力が必要になるでしょうね。Googleには様々なサービスが用意されているようですが、使いきれていないのが現実です。同居の孫が今春から高校生になって学校から与えられたGoogleの小型で薄型PCとポケットWiFiとスマホを毎日充電してリュックに入れて登校するようになりました。何でも授業や面談もリモートでする事も有るようで、これもGoogleミート?とか言うオンラインサービスアプリを使うようです。Zoomしか知らなかったのですが、どうやら子供たちの方が先を見ているようで焦りました。地下室で夜中までオンラインゲームに夢中の彼らゲーマー達も日々進化しているようです。

    Reply
    • 4月 30, 2022 at 08:22
      Permalink

      工業製品は、家電のように進化するほど使いやすくなるアマチュア用と、機能が増えて複雑になるプロ用とに分かれます。Google Analyticsも、スタート時点では分かりやすくて便利でしたが、新しい機能が増えてだんだん複雑になりました。早い時期から慣れておくことが重要です。
      ただし同じGoogleでも、ストリートビューの場合、当初は店舗内まで無償でカメラマンが来てくれましたが、普及したら有償になりました。Google Analyticsのバージョンアップも、向こうにとって都合のいい変更も含まれているとは思いますし、今後改悪されることがないとはいえません。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: