野望!

60歳でヴァイオリンを始めた時、「いつかはストリート、そしてコンサートホール。目指すだけなら今でもできる」と自分に気合を入れた。微塵も可能性がないと、かえってそういうホラが口にできるものだ。が、練習し始めて現実に直面すると、人前で演奏など滅相もないと思うようになった。せめてカラオケで気分を変えて練習をと思った矢先に、コロナの感染拡大が始まった。三密ならぬ一密だからリスクは低いだろうけど、カラオケで高齢者のクラスタが続発していたので断念した。
そのうち、練習内容を少しランクアップさせて、youtubeの伴奏音源に合わせることにした。そしてデルタが収まり、感染者ゼロが続いていた頃、楽器店の貸しスタジオへ行ってみた。USBで持ち込んだ伴奏音源をスタジオのアンプで流すと、ヘッドホンで聞くのとは違って、自分の音と伴奏がひとつの空間で調和している感じがする。また、ヘッドホンだと伴奏に追い立てられるような気分になるが、アンプからだと、きちんと聞いて合わせる余裕ができるような気がする。さすがスタジオは、一味違っていた。

これはいいなと思ってたら、オミクロンが始まってしまい、スタジオも足が遠のいてしまった。ネット上のジャズ・バイオリンの指導サイトからは、しきりにZOOMの対面レッスンを売り込んで来るのだが、相手はバークリーの先生とあって、さすがに敷居が高い。そのうち暖かくなって規制も緩和されたので、またスタジオに通おうかと思っていたところへ、とんでもないものを見つけてしまった。なんとジャズ・クラブで、プレイフィーを払えばプロの伴奏がついてくれるところがあるのだ。これはやってみたい。プロのジャズメンは概して素人に優しいから、こちらのレベルに合わせてくれるはずだ。ピアノトリオが揃わなくても、ドラムだけ、ベースだけでも、しっかりと伴奏をつけてくれるに違いない。ただ、居合わせた罪もないお客さんに、無差別に雑音を浴びせるのは心苦しい。なるべく空いてる時間がいいのだが。

小さなジャズクラブの開店前の、まだテーブルに椅子が乗っているホールの奥。そこだけライトの灯った一角で、他のメンバーと音合わせをする、年老いたジャズ・バイオリニスト。これはいい。練習にも気合が入るぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。