JRロボ

JRが、鉄道の電線工事のために開発されたロボットを公開した。ロボットはすでにさまざまな分野で活躍中だが、このJRロボのほうが、人工知能で会話したりするものよりも、なぜかずっと”ロボットらしさ”を感じる。下半身が足ではなくクレーン車の作業アームに取り付けられてるのだが、大きさのせいか、ポーズまでさまになってるように感じられる。

その昔、建築会社に務める友人とエイリアン2を見に行った。この中で、主人公がパワーローダーというロボット型の工作機械の中に入って操作し、デッキで荷物運びをするシーンがあった。見終わった後、友人の話はパワーローダー一辺倒になってしまった。何でも深刻な人手不足で、あれがあれば効率的なだけでなく、若い人が喜んで来てくれるに違いないというのだ。そして
「特撮だとはわかってるが、あそこまでできてるなら、実はなんとかなるんじゃないか」
というようなことをいつまでもつぶやいていた。

それが36年前のことである。JRロボを見たとき、お待たせしましたと言われたような気がした。

2 thoughts on “JRロボ

  • 7月 4, 2022 at 14:50
    Permalink

    ロボットといえば鉄人28号やガンダムのような二足歩行のものを想像しますがレールを使って移動する重機の足で鉄道に特化したロボットですね。危険な仕事を訳もなくやってのける姿はさぞ頼もしいでしょうね。機関区の有る町で育ったので大変な保線の仕事も見て来ましたから、もし当時こんなロボットがあったら。なんて考えてしまいます。

    Reply
    • 7月 4, 2022 at 15:14
      Permalink

      すぐにいろいろな業種で、同じような大型ロボットを見かけるようになるのではないでしょうか。工事を見物するのが好きなので、楽しみですね。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。