Googleスプレッドシート

Google Chromeの画面内で動く、無料の表計算ソフトである。表計算といえば、一番ポピュラーなのはマイクロソフトEXCELだろうが、このスプレッドシートは操作はEXCELと同様で、完全にかどうかはわからないがファイルの互換性もある。時事務作業の際、Chromeの画面の中でpdfや参照するサイトなどを同時に開いて切り替えながら作業できるので、仕事によってはなかなか効率的だ。
最大の魅力は無料であることだ。事務作業が中心の小さな会社で、全員にOfficeを支給しているところもあるが、少々負担なのではないかと思っていた。そういう事務所は、何台かをGoogleスプレッドシートで代用してもいいのではないかと思う。また今回、マクロに対応するようになったそうだ。これまたEXCELと完全互換性があるかどうかはわからないが、試してみる価値はあると思う。IT化というのは、機械を買ったかどうかではなく、そういう実際に試して初めて分かるノウハウをどれだけ蓄積したかなのだから。
https://gigazine.net/news/20180412-google-sheets-macro/

Bernie’s Tune

Bernie Miller (1919–1945)の作曲。あまり良い録画ではないが、このスウィング時代の古い曲が2017年でもモダンジャズとしてちゃんと演奏され続けているのがうれしかったので選んでみた。動画のプレイヤーは知らない人だが、王道なモダンジャズである。かなりの高齢で、もしかすると立ってるのがしんどくて椅子に座ってるのかもしれないが、演奏はパワフルだ。検索しても知る人ぞ知るプレイヤーというようなことしか書いてなく、生年月日も分からない。かなり若い頃からジャズをやってきた人のようではある。
動画では、なぜかピアニストが暴走してベースが苦笑いするほどだが、アルバムの演奏を繰り返すよりはライブらしくて面白いかもしれない。

Mの喜劇

幾つかの企業では、犯罪ではないが、決して消費者に知られてはならない禁断のマーケティング手法を実践している。という話をよく聞く。本当かどうか確かめようがないので、とりあえず「都市伝説」だということにして紹介してみたい。

とある百貨店が地方都市に出店する際、女性のウェストサイズを調査した。そして、全国平均より大きいことを発見。そこで女性服のLのタグをMに付け替えて販売し、大成功をおさめた。

社会の裏側で語り伝えられる都市伝説。信じる、信じないはあなたしだいだ。

ラ・ヴィ・アン・ローズ

言わずとしれたエディット・ピアフの代表曲「バラ色の人生」である。作曲はMarguerite Monnot(1903-1961)。ピアフの全盛期には生まれていなかったが、その後、様々なジャズやポピュラーのミュージシャンに取り上げられているため、親しみのある曲だ。新しい(?)ところでは、マドンナやレレディ・ガガなども歌っているが、今回はウィントン・マルサリス・クインテットで。最近再びトランペットを手にした、かつてのバンドマンの知人のために、ラテン・ジャズっぽいモダンな演奏を選んでみた。程よいミュートが木管楽器のような滑らかさで、アコーディオンの粋な音色とよくマッチしている。

Lady Be Good

ジョージ・ガーシュインの作曲。演奏はレイ・ブラウン・トリオと、レジーナ・カーター(バイオリン)という人。バイオリンでのジャズ演奏になじみのない人も多いだろう。プレイヤーがあまり多くないのと、ステファン・グラッペリというスウィング時代の大御所が、高齢まで現役で頑張っていたので、バイオリンでモダンジャズという印象が希薄なせいかもしれない。
ガーシュインは、ラプソディ・イン・ブルーで知られるアメリカを代表する作曲家で、クラシックから映画音楽まで幅広く手掛けた。この曲も違うプレイヤーの動画では、ゆったりしとたムード音楽っぽい演奏が多い。これは、歯切れのいいテンポにまとめてあり、モダンジャズバイオリンらしい、好演奏だと思う。