移調ソフトがあった!

当サイトで、目立たないながら着実に来訪者が途切れない記事が、「転調ソフトがあった!」である。実はこの記事で書いたのは、曲の調を変える「移調」の意味で、転調とは曲の途中で調を変えることだ。間違いに気づいたが、同じように勘違いして検索する人のためにそのままにしておいた。どのみち記事中で紹介したDARU/PITCH-SHIFTERは移調もできる。

ただし、記事中でyoutube動画の音声を移調するまでの手順で、動画をmp3音源に変換するという、大事なポイントをわざと書かなかった。そういう変換をしてくれるサイトがあるのだが、なんとなくグレーな感じがしたためだ。同様のサイトはほかにもあるので検索すればもっと良いサイトやアプリが見つかるかもしれない。が、くれぐれも義使用は自己責任で。また、すべてのyoutube動画で使用可能というわけではなく、新しい動画はそれなりに対抗策が講じられているようだ。いずれにせよ、音楽愛好家には、ネット時代ならではの恩恵だと思う。

MuseScore

MuseScoreは、五線紙に音符を置いていくタイプの、無料の楽譜作成ソフトである。作成した楽譜をその場で簡易音源で再生し、聞いて確認することもできる。最近は本格的な電子音楽での作曲には、DAWというソフトを使うことが多いらしい。MIDIでデジタル音源を作成するだけでなく、実際の楽器の演奏データなどをミキシングすることもできる総合ソフトだ。DAWの場合、作曲は音符ではなく、ピアノロールと呼ばれるバーの長さと位置で音を表す方式をとっている。単純な音符の長さ通りだと、そっけなくニュアンスのない演奏になってしまうので、微妙なズレや長さのニュアンスをつけるには、このピアノロール方式がいちばん良いらしい。

ただし慣れという点では、楽譜式のほうがわかりやすい。特に、メモ代わりに音符を書き、あとから再生して確認するというような使い方だ。本格的なデジタル音源を作るのではなく、リアルの楽器で演奏する手助けのための、音の出る楽譜づくりという感じである。また、このソフトの良いところは、上記サイトに有志が投稿したさまざまな曲の楽譜がおいてあり、無料でダウンロードできる点である。どこかの楽譜を丸写ししたようなのから、有名プレイヤーの演奏を耳コピしたらしいものまで、レベルも様々である。日本ではこういう動きは、MIDIの登場直後に謎の圧力により日陰の身になってしまったが、海外ではおおらかに楽しんでいるようだ。

eBayオークション体験記

eBayで新しいバイオリンを狙ってみた。狙いはビオラを買ったメーカーの品で、定価販売とオークションを使い分けている。ビオラは定価だったので、今回はオークションである。おかげでネット販売の面白いやりかたに気がついた。バイオリン自体の話はここまで。

今回狙った品は0.99ドルという、超破格値からスタートした。同クラスのものは、これまで繰り返しオークションに出されていて、もちろんこんな価格で落札されたことはない。200~300ドルくらいだ。バイオリンの値段としては安すぎるくらいだが、私には手頃だ。

入札は、現在価格に手動で上乗せするだけでなく、上限価格を設定することもできる。誰かが自分の価格の上を行ったら、自動的に上限の範囲内でそれよりやや高い価格が入札される。オークション終了時間は平日の昼など、付ききりで入札できないことが多いが、最高価格を設定してあればシステム任せにできる。無理のない金額を設定しておけば、熱くなってセリあって、高い買い物をすることもない。

ただし他の入札者が最高価格を設定していれば、短時間で連続して小刻みな入札しあいになり、あっという間にどちらかの上限まで行ってしまう。そこで気になるのが、自作自演だ。業者は原価割れするような価格で落札されてはかなわないから、これ以下では売れない価格を上限に設定した入札者を用意して、本当の入札者をその値までセリ上げさせるに違いない。これがeBayのルール違反かどうかわからないが、もし入札が少なくて、値段が上がらないうちにおとされたら大損をすることだろう。当然の対策だが、露骨にやればユーザーの評価が下がる危険がある。

オークション期間は4日間で、初日は2~3ドルだったが、最終日の終了数分前には、126ドルになっていた。正価が400~500ドルなのでまだまだ安い。そこで135ドルで入札すると、たちまち137ドルが入札され反された。誰かの設定した上限にとどいていない。その後、何度かやりあって225ドルまで入札し続けたが、毎回すぐさま上を取られ、結局227ドルで誰かに落札された。
これは私の負けだが、もし落札したのが業者本人なら、225ドルで買う気のあった客を逃したことになる。また私からすれば、業者に対して225ドルなら買おうと提案したの同じだ。自作自演でなかった場合、ライバル入札者は、私が早く引き下がったので、まあまあの値段で手に入れたことになる。

そのとき落札したのが業者かライバルかわからなかったが、数日後業者から、同等製品をオークションに出したというメールが来た。スタート価格は199.99ドル。前回は8人が43回入札しあったが、今回は最終日になるまで誰も入札していない。これはもう、前回落札者が業者自身で、高く設定しすぎたと思って私を狙って出品してきたのに間違いない。そこで、終了時間が日曜の昼1時だったこともあって、終了3分前に200ドルで入札してみた。するとなんと、他の入札はなくそのまま落札できてしまった。

前回落札者が業者自身だったことを告白したも同然だが、ネット画面を通して私の意図をしっかり受け止めてもいた。また、すぐ同等商品を出してこれたのは、メーカーならではのことだ。入札者には転売組もいるらしく、eBayに、落札商品をそのまま出品するシステムもある。200ドルは同一商品の過去最低落札額だが、業者では私が過去にビオラを正価で買ってることはチェックできたろうから、ご愛顧感謝で、金額の釣り上げをしなかったのかもしれない。また、どの程度の製品なら買う相手かということもわかっていたはずだ。
商売が、既存の商品や市場のままではやっていけない時代になり、ネット販売に期待するところも増えたが、バーチャルな関係だからこそシステムを使いこなし、時代に合ったやり方で顧客のニーズをしっかり汲み上げられるところが強いと思う。