十八番

初心者、とは言えないほど長く楽器をいじってるくせに、さっぱり上手くなってない人間のことを、「下手の横好き」というような愛のない言い方ではなく、ソフトに表現する言葉はないだろうか。今の自分はまさにその状態だが、それなりに「十八番」もできた。

とはいえまだ人に聞いてもらえる状態ではない。楽譜などを見なくてもバック演奏音源になんとかついていけるという程度だ。何度やっても乗り越えられない難所はないものの、ちょくちょく間違える。十八番と言ってもその程度だが、自分にとっては愛着のあるレパートリーが、「テネシー・ワルツ」と「All of me」である。

テネシー・ワルツは、3拍子なのでやりやすい。3拍ごとに流れの切れ間が来て気持ちに余裕ができるのだが、そのでいで4拍子よりずっと気楽だ。またこの曲は古い民謡で著作権などないと思いこんでいたら、私が99歳になるまで著作権が保持されるとしって、パブリック・ドメインに関心を持ったきっかけの曲である。

「All of me」は、知ってはいたもののそれほど興味がなかったが、いろいろなアーチストの演奏動画があって、アレンジがしやすい曲だと知った。弾いていて飽きがこない、演奏が楽しい曲で、いつのまにか十八番になっていた。ただし、古いと思っていたがこれもパブリック・ドメインではなかった。

それ以外にもチャレンジしたが、未だモノにできずにいる曲が多数ある。楽譜や音源で簡単そうに思えた曲が案外難しかったりする。モノにできない一番の原因は運指で、バイオリンはネックが短いので指がとどく範囲は広いが、その分狭い範囲で指を切り替えなくてはならないので、すぐ指が交差してしまう。独学でなければ運指を先生に教えてもらえるのだろうが、そのへんを自分で考え出すのも楽しみのひとつではある。

ポピュラーバイオリンの指導者たち

インターネット上では、さまざまな楽器の指導者たちがYoutubeや自前のサイトで指導を行っている。バイオリンについていえば、クラシックの指導者が多くてポピュラーは少ないが、その分ポピュラー系は、実績や権威のある指導者がきめ細かいカリキュラムを提供しているように思える。単に楽器の持ち方、弾き方、練習曲のお手本だけでなく、ブルースやボサノバと言ったジャンルの違いや、スケールの用法、アドリブのしかたなど、やりたいこと知りたいことについてかなり具体的なノウハウが手に入る。

Christian Howes
ジャズバイオリニストでバークリー音楽院准教授。ジャズだけでなく、さまざまなポピュラー音楽の指導動画がアップされている。オンラインでのマンツーマン指導や、音楽キャンプも積極的。
https://christianhowes.com/
https://www.youtube.com/c/ChristianHowesJazzViolin

Jason Anick
ジプシージャズのスタイルとモダンジャズの感性を併せ持ったプレイヤー・バークリー音楽院で、ジャズヴァイオリンとマンドリンを指導中。動画による指導あり
https://www.jasonanick.com/
https://www.youtube.com/c/magicfiddle/featured

Tim Kliphuis
ジプシージャズスタイルのバイオリニストで、指導者。名著「Stephane Grappelli Gypsy Jazz Violin」の著者でもある。playalong動画多数。
https://www.timkliphuis.com/
https://www.youtube.com/channel/UC5kTVKTa8L40EhzHsLyIQ9A

下記の指導者はwikiなどに情報がなかったが、いずれも熱心に情報提供していので、演奏や指導のスタイルが合う人もいると思うので、チェックしてみるといいかもしれない。

Fiddlerman
https://fiddlerman.com/
https://www.youtube.com/channel/UC9SqCwMa4IWH2xiUDuatO8A

Thomas Fraioli
https://www.fiddlefrymusic.com/
https://www.youtube.com/c/ThomasFraioliViolin/videos
フレーズ集ダウンロード販売

Jeremy Cohen
いくつかのオーケストラのメンバーとして、映画音楽の制作に参加する他、指導者として活躍。サイトではポピュラーバイオリンのための練習曲集も販売中。
https://violinjazz.com/
https://www.youtube.com/watch?v=2G2VaBX24So

最後の人は、アメリカの音楽の先生で日曜に教会で演奏したりしている人らしい。動画を公開し、賛美歌等のアレンジ譜も販売している。錚々たるミュージシャンだけではなく、こういう普通っぽいおばさんの活動もネットの魅力で、密かにお気に入りだ。

SueTomlin
https://www.SueTomlin.com
https://www.youtube.com/channel/UClax0zo69Ei9oLPS92nGusg

難曲大陸

世の中には、プロでもなかなか弾きこなせない難しい曲がある。クラシックに多いようだが、ポピュラー音楽でも、普通の曲を超スピードで演奏するなど、わざわざ難しくすることがある。一発腕のいいところをアピールしなければならないプロなら、それも大事だが、難曲イコール名曲でも名演奏ではないだろう。だから、一般の楽器愛好家がそういうものを目指しても、あまり意味がないと思っている。

テクニックのない人が演奏する、昔ながらの単純素朴な曲でも、十分演奏者の情感は伝わってくる。良いなあ、上手いなあと感じることも多い。音楽で大事なのはテクニックではなく、誰でも手が届く部分にあるだろうと思う。だから私は、なるべく簡単な旋律を楽しそうに弾いてみせる指導者や、プロじゃない人の演奏動画を探して参考にしている。特にプロ以外の演奏は、動画時代以前にはなかなか接する機会がなかったので、しかめっ面のプロのより音楽の楽しさが伝わってきて新鮮だ。そういう音楽に接したいので、気に入ったパブリックドメイン曲を集めたりしているのだが。

テクニック偏重の風潮は根強い。何オクターブの音が出るとか、目が見えないのになんちゃらの曲が弾けるとか、言葉や数字で表しやすい部分がもてはやされるのは、メディアの影響だろう。そういうもので表せないから音楽にするのだと思うのだが。

フィギュア・スケートも以前は芸術点というのがあり、基準はちょっとあやふやではあるものの、確かに芸術だと感じさせる演技も多かった。それがいつの間にか解説者の技名の連呼が目立つようになった。「トリプルなんちゃら!」とか、ヒーローアニメのお約束のように叫ばれても、見ても区別などつかない。音楽の流れと無関係に全力で突っ走り、唐突に飛び上がってるだけのように思えてしまう。私以外の人は区別がついているのかもしれないが。

私のやりたいのは、簡単で、しかも年季が入るほどに味わいを増すような曲なのだが、試しに「難曲」の反対語を調べたのだが出てこなかった。「易曲」では、造語としても出来が悪い。そこで反対語として、「演奏が易しくてなおかつ味わいのある、ほつとするような曲」という意味の、「ほっ曲」というのを考えたのだがどうだろう?

error: