ペンタトニック

その昔、ロックをやっている知人に、ロックのアドリブはどんな音階かを聞いたことがあったが、「ペンタトニックかなあ」という答えだった。ペンタトニックについては、ネット上に多くの情報があり、楽譜もあるのだが、ニュアンスがよくわからなかった。簡単な音階なので覚えることはできるのだが、分かったような実感がないし、それで何かアドリブができるような気がしない。
次の動画は、ペンタトニックとはどういう音階か、直感的に教えてくれる。


画像をクリック

示し合わせたわけでもないのに、まるで観客の頭の中にはじめからあったように、自然に出てきた音階。これがペンタトニックだ。この音階は、さまざまな国の民謡などでも使われているので、大抵の人が親しみや懐かしさを感じる。日本で暮らす中東の人が、演歌や民謡を聞くと故郷を思い出すと言われるが、これもペンタトニック音階が共通しているからだろう。日本人が洋楽の曲を歌っても、どこか民謡っぽくなってしまうと言われるが、これも共通する音階のせいで、民謡に引っ張られてしまうのかもしれない。

同じような音階を使っているのに、さまざまな音楽ジャンルの違いがあるのは、リズムのせいだろう。最近はyoutubeにもポピュラーヴァイオリンの指導動画がポツポツと出始めたが、クラシックを習った人のための勉強し直しとして、リズムに力点を置いて指導しているものを見かける。経験者でもそうなのだから、我々初心者も、腰をすえたリズム練習がひつようなのだろうなと思う。

動画のダウンロードから音源の編集まで

youtubeには無数の楽器練習用動画がある。人気のある楽器なら、かゆい所に手が届くように、今まさに知りたいことを指導してくれるものがあるはずだ。これらを音声部分をダウンロードして解説部分をカットし、模範演奏部分だけを何度も聞くと良い練習になる。

ダウンロードというと、気になるのは合法かどうか。これについては、違法にアップロードされたものをダウンロードすれば違法だが、指導者自身がアップロードした動画は、違法ではない。もちろん、私的な利用に限るが。

動画のダウンロードは下記のサイトがよく利用されているようだ。
http://offliberty.io/
使い方は、黒枠の中にYoutube動画のURLを入力し、丸い電源マークをクリックする。「Right-click here…」という文言が気になるが、ここを右クリックしても何も起こらないので、下の「Extract audio」をクリック。
「Audio」の「Right click here….」の部分をクリックし、PC内に保存する。

さらに、音楽データを編集するには
https://gigazine.net/news/20200529-audiomass/
使い方説明もあるので、こちらを参照してほしい。
また、mp3音源の再生はいろいろな機器やアプリがあるが、音声ファイルをブラウザにドラッグして来ても再生できる。ループやスロー再生などもあるので、PCでの作業用BGMにするのもいい。

余談だが、最近音楽を覚えられなくなってきた。若い頃はTVなどで流れた音楽を2,3回聞けば覚えていたような気がするが、最近はさっぱりだ。先日気に入った曲があったので覚えようと思ったら、その場を離れると頭に浮かんでこなかった。昔の曲ならはっきりと覚えているので気が付かなかったが、やはり寄る年波には勝てない。無理せず、便利な機能をフル活用しながら音楽を楽しもうと思う。

初歩からのブルース

面白い動画を見つけた。ブルースやジャズって、そういうことなのだと直感的にわかるもので、こういうのはもっと早く見たかった。英語の語りが多いので、飛ばして演奏部分だけを見たほうがいいだろう。

まず最初の方を飛ばして、4分20秒あたりから。女性が吹いているのは、楽譜通りのスケールだ。コード理論などの本にこういう楽譜がよくある。意味はわかっても、それを繰り返して練習したからと言って、うまくなるような気がしないやつだ。
ところが5分20秒ころから、プロのサックスが入ってくる。音程こそ楽譜通りだがリズムがかなり違う。楽譜にはなくても、リズムにこういうアクセントをつけてしまうのが、ブルースやジャズなのだが、それを知らずに、女性のように楽譜通りに吹いても、うまくならないし楽しくもないだろう。

さらに5分45秒あたりからは、伴奏もつく。こうなるとフルート女性の演奏もそれなりに聞こえてくる。実力がアップしたわけではなく、ちょっと気がついただけでサマになる。その後、やや音を変化させるとさらに「曲」らしくなってくる。ところどころミスをしても、やってて楽しいだろうと思う。我々低レベルアマチュアの知りたいのは、こういうちょっとしたコツだ。
なお、演奏は7分30秒あたりで終わりで、後は話だけなので見なくてもOKだ。

伴奏音源がほしいなら、一部のコードや若干テンポが違うが、同じFのブルースこういうのもある。
https://youtu.be/PEx0iETxt4k
またここでは、C管であるフルートに合わせて、出しやすいFをキーにしているのだと思うが、自分の楽器用の出しやすい調に読み替え、セブンスの音をひろってやってみるのもいい。そこで初めて、セブンスはどういう音を拾えばいいのかというような、理論が役に立つだろう。

error: