やらかしてしまった

大失敗をやらかしてしまった.まだ新しくてニスもピカピカのビオラが,傷物になってしまった.弦の高さを下げようと,ブリッジを削ったことがそもそもの始まりだ.削り終えたブリッジの固化のために亜麻仁油を塗っておいたのだが,これが完全に乾燥しないうちに設置してしまい,本体のニスを溶かしそのまま固まっていたのだ.今回,ブリッジを削ってさらに弦を低くしようと取り外したら,ちょうどブリッジの脚の着いたところが2箇所,ニスが剥がれて下地の木が出てしまった.
ビオラの傷亜麻仁油というのは非常に乾燥が遅く,完全に乾くまで一週間以上かかる.乾燥すると固く樹脂状に固まるのだが,今回は乾きが甘くてニスと一緒に固まってしまった.
ついでにブリッジをひっくり返して見ると,接触面が一部分で,いわばつま先立ちのように置いてあったことがわかった.置いた後,弦を巻き上げる力に引っ張られて,少し傾いてしまうらしい.(写真のブリッジの位置はおかしいが,弦を緩めすぎると中に立ててある魂柱がたおれるかもしれないのでそうしている)
ブリッジを削って低くしたおかげで,やや弾きやすくなったような気がする.また,それまで弾き始めに弓がかすったようになって音が出なかったことがあるが,ブリッジが傾かないよう気をつけて置いたので,その点は改善された.が,痛恨のきわみではある.悔い多き人生に,またひとつ後悔のネタが増えてしまった.

次回「タイムトンネル」(10/2公開予定)
乞うご期待!

 

 

ビオラについて

ビオラを手に入れてから,初心に帰って主にスケール練習をしている.手に入れたのは標準よりやや小さめなサイズなのだが,それでもバイオリンに比べれば全体的に大振りである.4本の弦のうち,3本まで弦の音程がバイオリンと共通なので,それほど差はないと思っていたが,全体的に弦がぐっと太くなった.指板からの高さもずっと高く張ってあるので,押さえる時の反発が強い.バイオリンの一番細い弦などは,指を乗せただけで押さえられてしまいそうだが,ビオラの場合はぐいっと押し込まないと,きちんと押さえられない.弓のあて具合も,バイオリンだと弦に乗せただけで音が出るが,ビオラは少し力が要る.もちろん楽器の良し悪しも関係あるだろうが.

shoulder_restそんな具合だから,スケールもなかなか綺麗に弾けないが,不思議と苦にならない.遊びたくなったら別にバイオリンがあるせいか,のんびり練習している.ときおりきちんと安定した音階が出ると天下をとったような気分だ.また,激安バイオリンや中古と違う,どことなく漆器を思わせるような,それらしいニスの香りがいい.

ところで,バイオリンやビオラには肩当てという付属品がある.歴史はそれほど古いものではないらしく,素材も形状もまちまちだ.バイオリンに穴や傷をつけず,不規則な奏者の肩の形に合うようにするということで,なんだか無理に無理を重ねたような形をしている.
最初は装着法がよくわからず悪戦苦闘したが,慣れてからも,うまく支えられているかどうか,いつまでも納得の行かない道具だった.特に,楽器を構えるまでで,一番手間取るのがこの肩当ての装着だ.これをつけなくていいなら,ちょっと時間が空いたので5分ほど弾いてみようか,という気にもなるのだが.

それがビオラの時にはピタッとおさまって,しっかり楽器を支えてくれる.楽器と一体化して,いつも同じ角度,同じ方向に楽器をセットしてくれる.まさに道具は使いようなのだが,だからと言ってバイオリンだとちょっと邪魔くさいことに変わりない.相性なのだろう.

次回「オーケストラ!」(9/12)公開予定
乞うご期待!

G線上のアリア-2

バイオリンでもビオラでもなく,チェロの動画である.チェロの調律は,音程は低いがビオラと同じ配置.そのGの弦だけで演奏した,G線上のアリアである.前回,千回程度の再生だがちゃんとした演奏と,50万再生もされたお下劣版を同時に紹介し,世の中の不条理を訴えたが,これは堂々の100万再生越え.やはりまともなものは正しく評価されるのである.
どんな演奏家なのかもわからないし,多分あんまりよくないライブ録音なのだろうが,出だしの小さな音がだんだん大きくなっていくあたりで,聴衆の心はわしづかみである.

さて,バイオリンでも弓の端から端まで弾いたら折り返さなければならないが,私などはその際にどうしても音が途切れる.上手な人はどうなのか知らないが,歌の息継ぎのようになってしまうのだ.だからこの動画の冒頭を見ながら,ああ,弓が足りなくなる,もうすぐ端っこにきてしまう,とハラハラしていた.余計なお世話だろうが.
それにしても,白人のハゲ頭はどうしてあんなにマイスター感にあふれてるんだろう.

次回「タイトル画像の修正作業」(8/31公開予定)
乞うご期待!

弦が切れた!

まだ新品同様のヴィオラの弦を切ってしまった.調律の際にバイオリンの弦を弾いて大まかな音を確かめながら締め上げていたのだが.ヴィオラの最高音弦を調律するときに,うっかりバイオリンの最高音を聞いて合わせようとしてしまったからだ.

それくらい分かるだろうと思うかもしれないが,締め上げていく途中に,時々「バキッ」「メキッ」というような音がするので,そっちに気をとられてしまうのだ.もちろん壊れたわけではなく,ちょっとしたキシみ音くらいなのだろうが,共鳴するようにできているから,ひどく怖い音に増幅される.デジタルチューナーだけだと,オクターブ違いでもOKがでてしまう.以前はそれで調律してしまった.バイオリンの弦を弾く音で合わせるようにしていたのだ.

切れた弦をよく見るとスチールの針金を,さらに極細の針金で巻いてあった.ちょっと見にはただのスチール線のようにみえるほど,精密な仕上がりである.ギター弦だと,細いものはただのスチール線だったと思う.そこまでしてあるのは、やはり表面にひっかかりがほしいからだろうか.弦は,昔は動物の腸(gut)から作ったので,ギターのナイロン弦はいまでもガットと呼ばれている.もしかして焼き肉のガツも?と思って調べると,確かに腸から来ていた.ガツガツ食う胃袋だからなんだと思っていたが.

ちなみに,こんなふうに物事を結びつけて考えるのは,年寄り脳の特色らしい.記憶力が減少する分,既に知っていることの関連性に頭が働くので,案外高齢者の実用新案申請者も多いという.年寄り脳も捨てたものではないが,人によってはかなり突飛なものまで結びつけてしまうので,「ムー大陸人は宇宙からやってきて,その子孫はフリーメイソンとして,今でも世界を支配している」というような荒唐無稽な話を真に受けてしまう人も少なくない.

次回「G線上のアリア」(7/30公開予定)
乞うご期待!

ブリッジ再び

新しく来たヴィオラは、弦が太い上に高く貼ってあって押さえにくい.そこで新しいブリッジを削って,弦を低く張る事にした.ついてきたブリッジは,高さが高いが角度が良いので,新しいブリッジのやや低い位置にあてて線を引き,それを目安に削ることにした.
久しぶりにブリッジ削りができる.私はバイオリンの演奏ではなくブリッジ削りが趣味なのではないか,というくらいこの作業が気に入ってる.広い場所が必要ないし,何か他の用事ができたらすぐ中断できる.多分こういうちまちました作業は日本人に合ってると思う.気兼ねなく手を加えられるというのも,安い楽器ならではだ.ただし本格的な演奏家はやっちゃいけないと思う.以前削った時には指に刃物を突き刺した.絆創膏を貼れば日常生活には全く支障のない軽症だが,さすがにバイオリンは弾けなかった.
プロは夏でも手袋をして寝て,指を守るとかいうから,ブリッジ削りなどぜったいにやってはいけないだろう.そう思うとブリッジ削りは,多少怪我しても惜しげのない,ヘボ奏者ならではの楽しみといえるかも知れない.

仕上げたブリッジはすんなりフィットして,音もそう悪くはないようだった.早く仕上がりすぎて物足りないほどだ.あらためてビオラを弾くと,まだまだ指の力が弱いらしく,押さえきれない時もある.だが,バイオリンに比べて弦同士の間が開いたので,隣の弦に触ることが少なくなった.また,バイオリンの場合は一番低い第4弦が遠くて弾きにくさがあったが,サイズの大きいビオラのほうが,なぜか4弦すべてに指が届きやすいような気がする.ただし高音部は指が届きにくいし、力もいる.小指は押さえきれない感じだ.

bridgefitting

ちなみに写真はブリッジの設置面を削りだす道具.楽器の上板に紙ヤスリを置き,ローラーによって一定の角度が保たれた道具でブリッジを固定し,スライドさせて接地面を削る.買ったわけではないが,ネット上にはこういうちょっと邪道な感じのツールがいっぱいあって面白い.それだけみんなが苦労しているのだろう.これ自体はあまりうまくいかない感じがするが.
ヤマハのような大手なら,上板の面をスキャンして立体データを記録し,ロボットにブリッジを削らせることもできるはずだが,職人を育てる方に力を入れてるかもしれない.
また,バイオリンやビオラのメーカーのサイトには,楽器本体のほか,弓や弦,肩当てやケースなど,たいがいのアクセサリーも同時に販売しているが,ブリッジだけはない.最初はなぜだか分からなかったが,そういう調整も工房に持ち込んで欲しいという,プロの矜持なのだと気がついた.

次回「弦が切れた!」(7/26公開予定)
乞うご期待!