弦が切れた!

まだ新品同様のヴィオラの弦を切ってしまった.調律の際にバイオリンの弦を弾いて大まかな音を確かめながら締め上げていたのだが.ヴィオラの最高音弦を調律するときに,うっかりバイオリンの最高音を聞いて合わせようとしてしまったからだ.

それくらい分かるだろうと思うかもしれないが,締め上げていく途中に,時々「バキッ」「メキッ」というような音がするので,そっちに気をとられてしまうのだ.もちろん壊れたわけではなく,ちょっとしたキシみ音くらいなのだろうが,共鳴するようにできているから,ひどく怖い音に増幅される.デジタルチューナーだけだと,オクターブ違いでもOKがでてしまう.以前はそれで調律してしまった.バイオリンの弦を弾く音で合わせるようにしていたのだ.

切れた弦をよく見るとスチールの針金を,さらに極細の針金で巻いてあった.ちょっと見にはただのスチール線のようにみえるほど,精密な仕上がりである.ギター弦だと,細いものはただのスチール線だったと思う.そこまでしてあるのは、やはり表面にひっかかりがほしいからだろうか.弦は,昔は動物の腸(gut)から作ったので,ギターのナイロン弦はいまでもガットと呼ばれている.もしかして焼き肉のガツも?と思って調べると,確かに腸から来ていた.ガツガツ食う胃袋だからなんだと思っていたが.

ちなみに,こんなふうに物事を結びつけて考えるのは,年寄り脳の特色らしい.記憶力が減少する分,既に知っていることの関連性に頭が働くので,案外高齢者の実用新案申請者も多いという.年寄り脳も捨てたものではないが,人によってはかなり突飛なものまで結びつけてしまうので,「ムー大陸人は宇宙からやってきて,その子孫はフリーメイソンとして,今でも世界を支配している」というような荒唐無稽な話を真に受けてしまう人も少なくない.

次回「G線上のアリア」(7/30公開予定)
乞うご期待!

ブリッジ再び

新しく来たヴィオラは、弦が太い上に高く貼ってあって押さえにくい.そこで新しいブリッジを削って,弦を低く張る事にした.ついてきたブリッジは,高さが高いが角度が良いので,新しいブリッジのやや低い位置にあてて線を引き,それを目安に削ることにした.
久しぶりにブリッジ削りができる.私はバイオリンの演奏ではなくブリッジ削りが趣味なのではないか,というくらいこの作業が気に入ってる.広い場所が必要ないし,何か他の用事ができたらすぐ中断できる.多分こういうちまちました作業は日本人に合ってると思う.気兼ねなく手を加えられるというのも,安い楽器ならではだ.ただし本格的な演奏家はやっちゃいけないと思う.以前削った時には指に刃物を突き刺した.絆創膏を貼れば日常生活には全く支障のない軽症だが,さすがにバイオリンは弾けなかった.
プロは夏でも手袋をして寝て,指を守るとかいうから,ブリッジ削りなどぜったいにやってはいけないだろう.そう思うとブリッジ削りは,多少怪我しても惜しげのない,ヘボ奏者ならではの楽しみといえるかも知れない.

仕上げたブリッジはすんなりフィットして,音もそう悪くはないようだった.早く仕上がりすぎて物足りないほどだ.あらためてビオラを弾くと,まだまだ指の力が弱いらしく,押さえきれない時もある.だが,バイオリンに比べて弦同士の間が開いたので,隣の弦に触ることが少なくなった.また,バイオリンの場合は一番低い第4弦が遠くて弾きにくさがあったが,サイズの大きいビオラのほうが,なぜか4弦すべてに指が届きやすいような気がする.ただし高音部は指が届きにくいし、力もいる.小指は押さえきれない感じだ.

bridgefitting

ちなみに写真はブリッジの設置面を削りだす道具.楽器の上板に紙ヤスリを置き,ローラーによって一定の角度が保たれた道具でブリッジを固定し,スライドさせて接地面を削る.買ったわけではないが,ネット上にはこういうちょっと邪道な感じのツールがいっぱいあって面白い.それだけみんなが苦労しているのだろう.これ自体はあまりうまくいかない感じがするが.
ヤマハのような大手なら,上板の面をスキャンして立体データを記録し,ロボットにブリッジを削らせることもできるはずだが,職人を育てる方に力を入れてるかもしれない.
また,バイオリンやビオラのメーカーのサイトには,楽器本体のほか,弓や弦,肩当てやケースなど,たいがいのアクセサリーも同時に販売しているが,ブリッジだけはない.最初はなぜだか分からなかったが,そういう調整も工房に持ち込んで欲しいという,プロの矜持なのだと気がついた.

次回「弦が切れた!」(7/26公開予定)
乞うご期待!

ヴィオラへの道 その3の2

eBAYのバイオリン・メーカーは,落札できなかったオークション出品物と同じような価格帯のヴィオラをすぐに出品してきた.ただしこれはオークションではなく,定価販売.サイズは15インチでやや小さいが,価格は落とし損ねたオークション品の落札価格とほぼ同様の199ドル,2万1千円.落札までの経緯をみて,同様のプライス・ゾーンに需要があると知り,すかさず出してきたのだろう.出品したことがないのでわからないが,もしかしたらそこまで自動的に予約できてるのかもしれない.いろいろ考えさせてくれて,実に勉強になる.勉強代も含めて,これを購入することにした.
ビオラまずはこの雄姿を見てほしい.見る人が見れば分かるのかもしれないが,素人目には一分の隙もない.画像をクリックして拡大するとわかるが,楽器の一番下の黒い三角形の部分に,象嵌した二重丸がついている.ビオラの印なのかよくわからないが,これがヤバい.
また,弦の下端を止める部分に,真鍮製のネジが一個だけ付いてるが,これは上のペグだけではできない音程の微調整をするためのもの.激安バイオリンではそれが全弦についていたが,これは1本だけ.もう慣れてるから,他の弦はペグだけで調律できちゃうんだよね,ということを物語っている.それがまた実にヤバい.
ものすごくいいと思ってるが,表現する知識がないので,低能語で言うしかないくらいヤバい.

次回「ヴィオラーへの道?」(7/14公開予定)
乞うご期待!

ヴィオラへの道 その3の1

さっそくeBAYで15インチくらいのヴィオラを探すことにした.15インチにしたのは,バイオリンと同じサイズなら14インチだが,16以上ないと本格的な音がでないというので,中をとって.16以上を買っても,指が届かない恐れもあるし,どうせ安物しか狙わないのだから.

今回注目したのは,yita-musicというメーカー.所在地は中国らしい.100万円を超える製品もあるが,$0.99という低いスタートでオークションも出品している.「Top rated seller」(上位に評価されている販売主)でもある.なので,この業者のページよく落札される,2万円程度の価格帯を狙ってみた.販売がメインで,一部を客寄せのオークションに出しているらしい.同様の価格帯で買える製品もそろっている.

もちろん2万円程度では,初心者用にも届かない安物だが,写真で見る限り木目の具合などがなかなかいい.今持っている激安バイオリンのほうは,表面に光沢のないニスが塗ってあって,それがネット上でも評判を落としていたが,ヴィオラにはいかにもそれらしい光沢がある.写真を修正しまくりし,他のアイテムと使い回ししてないかチェックしてみたが、一応アイテムごとの専用の写真のようだ.で、いくつかウォッチリストに入れてチェックすることにした.eBAYではウォッチリストに入れたアイテムと似た商品をしょっちゅう提案してくる.ちょっと鬱陶しい気もするが,同じような価格帯で中古が出たら,それも狙えるのが便利だ.

その後,一度15.5インチのオークションに入札してみたが,落札できなかった.結局2万円程度で落札されたので粘ってみてもよかったのだが,あまり熱くなるのもまずいので,クールに手を引くことにした.入札終了時間は大抵深夜や早朝で,以前ケースを落札した時は最期まで付き合ってみたのだが,少々体力がしんどい.入札できる上限額を設定しておいて,他の入札があったら,それよりちょっとだけ高い額で自動的に応戦する仕組みもあるのだが,これは言い換えれば誰か2番めに高い上限額を設定した人の額まで,自動的に駆け上るということだから,なんとなく胡散臭い.自動入札者がいるかどうかを確認する方法もあるが,「金を払うための便利なシステム」は信用しないことにしている.

そんな風にネット販売について勉強しつつ、オークション・チェックを楽しんでいたら,さっそくメーカーが動いてきた.

次回「ヴィオラへの道 その3の2」(7/10公開予定)
乞うご期待!

ヴィオラへの道 その2

バイオリンとビオラの各部分のサイズ一覧表を発見した。無断引用なので気が引けるが,こういう情報が日本では少ないので掲載させてもらうことにする.
バイオリン-ビオラ各サイズ一覧表
VIOLAの項の中で,Approximate(約)とあるのが楽器のサイズのインチ表示,Body Lengthがミリでの表示である.

次回「ヴィオラへの道 その3」(7/6公開予定)
乞うご期待!!