PLAY ALONG

YoutubeでPlayAlongというキーワードを検索すると、さまざまな曲の伴奏部分だけの動画が出てくる。これを流しながら、楽器の練習するための伴奏動画だ。たとえばJAZZをキーワードで検索すると、こんな具合に古今東西の名曲が並ぶ。ポピュラー曲のplayalongも多いようだが、クラシックや民族音楽などはあまりないようだ。曲の前にカウント音が入ってるのもあるが、入ってないのも多い。

https://www.youtube.com/user/Learnjazzstandards/videos?sort=p&shelf_id=2&view=0

楽器の練習用ではあるが、カラオケのように歌を歌うこともできるだろう。ただし、ジャズの演奏からメロディ楽器を抜いたものなので、カラオケと違って主旋律が小さく流れるといった手助けはない。どのあたりを演奏してるかはコードの流れなどを聞き取らなければならないが、そこはジャズだけに代理コードなどが多く、ちょっと聞いただけでは原曲と似ても似つかないことがある。とはいえ、動画だけ聞いてメロディラインを思い浮かべやすいものは、とっつきやすいが、音を合わせてみるといかにも「お稽古」という感じで、ちょっとダサい。逆に原曲のメロディが行方不明になってしまうような凝った伴奏は、がんばって合わせてみると「あ、セッション!」という感じがする事が多い。

また、何コーラス分か、アドリブ用のパートを用意してある演奏もある。アドリブまで手が出ないとしても、テーマの繰り返し練習にうってつけだ。実際に動画に合わせて演奏するのは、最初はきつい。単独で弾いていた時には問題ないと思っていた部分が、寸足らずだったり間延びしていたりで、これまでの上達具合いが急に後退してしまったような気分にさせられる。が、ちょっと慣れると、一人のときより助けてもらっているという、リラックスした感じがしてくる。やはり上達が早まるような気がする。

ちなみにこういう場合の著作権はどうなっているんだろう?名曲、名演奏のタイトルをつけてはいるものの、メロディが流れていないのだから、原曲の作曲家等の権利には引っかからないと思うのだが。

毛が抜けた!

ビオラの弓の毛が抜けるようになってしまった。最近ケースを開くたびに、1本、2本くらい抜けているのは気がついていたが、まとめて数10本くらい、束になって抜けるようになってしまった。抜けると言っても、止めてある両端のどちらかが外れ、長い毛が片方からだらんと垂れ下がるのだから、情けないことはなはだしい。四谷怪談で毒をもられたお岩さんの髪が、ごっそり櫛にかかって抜ける場面のようだ。残った部分も、毛を光に透かしてみると、なんとなく毛の束に密度が減っている。この状態で鳴らしてみると、思ったほど変わってないが、すこしかするようになった気がする。

バイオリンの弓はセットでついてきたもので、素人目にもちゃちだったので、すぐカーボン製に買い替えた。ビオラもセットものだったのだが、まあまあしっかりしているように見えたので、そのまま使ってきた。限度がきたのだろう。
買い換えなければならないわけだが、毛を換えることはできるらしい。動画もあるし、eBayに馬の毛も売っていて、品質にもよるのだろうが、そんなに高いものではない。新しいのを手に入れるのとは別に、そのうち失敗覚悟でやってみるかもしれない。

ちなみに、弓の毛の素材は馬の尻尾の毛、それも雄のものしか使わない。雌のは構造上、おしっこが引っかかってるからだそうだ。

ヴィオラの音出し

バイオリンやヴィオラが鳴るのは弓に擦り付ける松脂の力だ.毛のキューティクルとかなんとかのせいではない.今回,とどいたばかりのヴィオラを,つい松脂をつける前の弓で弾いてしまったが,全く音がしなかった.スーッ,スーッとすれる音だけ.弓をこする楽器は世界各地に昔からあったと思うが,松脂を塗ることを考えだしたのは,どういう人間だろう.

ともあれ,初のヴィオラは堂々として深みのある,大きくてヤバい音がでた.バイオリンをいじっていたので,最初からためらいなく弾けたせいもあるが,激安との違いかもしれない.

密かにヴィオラに期待していたことは,バイオリンの場合は半音の距離が指1本の太さ程度しかなく,狭い範囲に指がごちゃごちゃになるので,ヴィオラなら余裕ができるのではと考えたのだが,これはそのとおりだった.その分,音程差が大きい時は指を広げるのが大変になるが,これはがんばりどころだろう.また音程が低いから,張りがゆるくなるのではと思っていたが,これは大間違いだった.太い弦がバイオリン以上にきつく張ってあって,おさえるのがかなりしんどい.そこで、ブリッジを低く削って,少しでも弦とフィンガーボードの間を狭くし,押し込まなくても抑えられるようにしようと思った。
finetuner

また,調律の微調整ネジ(日本ではアジャスター、海外ではファインチューナーと言う)は,最高音弦に1個だけだが,他の3本がとてもじゃないが頭のペグだけで調整できない.渾身の力を込め,指先が痛くなるほどねじり込むが行き過ぎる,でも戻すと緩みすぎる,というのを延々と繰り返した.全部の弦にファインチューナを付けると多分格好わるいのだろうが,背に腹は代えられない.さっそく新しいブリッジとファインチューナーを取り寄せることにした.

 

次回「ブリッジ再び」(7/22公開予定)
乞うご期待!

ヴィオラー?への道

バイオリン奏者はバイオリニストだが,ヴィオラの奏者は?ひょっとして「ヴィオラー」か,というのがタイトルの解題だが,実際は「ヴィオリスト」と呼ぶらしい.知らなかった.

さて,ついにヴィオラが届いた.ダンボールとテープでがんじがらめに梱包され、けっこうな大きさの割に,空っぽかと思うほどの軽さである.梱包を解くとバイオリンの時とそっくりの黒いケースに入った,バイオリンそっくりのヴィオラが出てくる.デジャヴかと思うほどだが,すべてのサイズが一回り大きい.長さは1インチ(2.54センチ)大きいだけだが,幅と厚みがバイオリンとは大分違う.

そして、弦が太い.バイオリンとくらべて,同じ音程の弦は同じような太さなのだが,一番細い弦がないかわりに,針金くらいの太さのものが増えている.それだけで,ぐっとゴツくなった印象を受ける.弓も棒がやや太くて,毛の部分の幅が広く,パワフルになった印象だが,長さはバイオリンのよりもちょっと短い.そういうものなのだそうだ.

ただし,やはり写真はお見合い写真だったようだ.フォトショップではないにしろ,同モデルの会心の出来のものを,凄腕カメラマンが撮ったという感じだ.現物はニスの塗にムラがあるようだし,ニス塗の前のちょっとした汚れがそのまま塗り込められてしまったところもある.多分ちゃんとしたヴィオラなら,毛ほどの汚れもないのだろう.そのへんは,入門用にも程遠い2万円の楽器ということなのかもしれない.

だが,ヤバいことには変わりない.きれいな木目を2枚継ぎ合わせた裏の板も,穴から覗いてみると,ちゃんとそういう板を貼り合わせて削っていることがわかる.十分,いや、十分以上のヤバさである.問題は弾きこなせるか,いやその前に音は出せるのか?

次回「ヴィオラの音出し」(7/18公開予定)
乞うご期待!