業務スーパー

業務スーパーの製品がなかなか面白い。最初に気がついたのは、店頭にハラール食品のポスターが貼ってあったため。ハラールはイスラム教の戒律にしたがって処理された食品のことだが、信者は世界中にいるので、世界的には珍しいものではない。たまたま輸入した商品がハラールであることも珍しくないだろうが、エキゾチックな食品店でなく、スーパーでハラールの表示を出してるところは他には思い当たらない。

業務スーパーは、日本の流通業での中で、直営工場が一番多いことで知られているが、パッケージの製造元をたどってみると、直輸入品や国内での仕入商品にも面白いものがいろいろある。例えばビスケット、クラッカー類はベトナムのKinh Do社のもの。ベトナムはフランスの植民地だったためパンのレベルが高いが、 Kinh Do社はその中でも大手にあたり、近年モンデリーズに吸収されている。モンデリーズと言えば、クラフト、ハインツなどを擁する一大食品グループだ。かなり安くてちょっと心配になるくらいだが、よく見るとパッケージは頑丈で印刷もしっかりしている。日本の製品に比べても、十分コストはかけている感じだ。
また、カレー粉、レトルトカレーにハチ食品という聞き慣れない社名があったので調べたら、なんと日本で最初にカレー粉を販売した会社だった。カレー粉と言えばイギリスのC&B製が日本に入ってきて、その後S&Bが国産品を出したのだと思っていたが、元祖はハチ食品だったのである。我らの国民食に対するとんだ認識不足を反省し、いつものS&Bの赤い缶にハチ食品を入れて使うことにした。

バターはさらに面白い。450グラム(1ポンド)の欧米サイズのものをニュージランドから輸入しているが、グラム単価で国内産より安い。バターはかつて225グラム(半ポンド)で売られていて、その後200グラム、150グラムと、容量を減らしながら実質値上げし続けてきた商品だ。また、東京在住の主婦によればクリスマス期にはよく品切れを起こし、ネットでプレミアがつく。乳製品と言えば北海道の独壇場だろうから、かねてからバターの供給の不安定さはホクレンの戦略ミスではないかと思っていたが、その脇の甘さを突かれた形になった。
数年前、テレビのインタビュー番組でホクレンの幹部が登場し、バターの品薄はコントロールされたものであるかのようなコメントをして騒ぎになった。それを見て私は、その昔雪印乳業が集団食中毒に際して、メディアへの対応を間違ったために廃業の憂き目にあったことをもう忘れたのかと、一道民として冷や汗の出る思いだった。そこへ来て、業務スーパーの1ポンドバターである。しかも、価格だけではなくグラスフェッド(牧草飼育)という付加価値付きだ。多分今後は北海道産は品質も価格もかなわないだろう。乳製品に関しては生産者の減少などの問題を抱えているのは知ってるし、誰がどんな利権でどんな汁を吸おうと全く気にもならないが、供給能力の低下はまずいだろう。最近、北海道ブランドは過大評価されてるのではないかと思ってるが、1ポンドバターがぬけぬけと並んでるのを見ると、足元が揺らいでいるのではないかと思ってしまう。だからと言って、もちろんグラスフェッドは買うが。

カードマス

カッテージチーズとも呼ばれる、家庭でも簡単に作れるフレッシュチーズの一種である。牛乳を温めながら酢を入れて固め、水分を切ったもので、ネットでもすぐレシピが見つかる。サラダやラザニアなどにたっぷり入れ、ヘルシーなタンパク源とするのがアメリカなどでの使い方のようだ。

味はモツァレラチーズなどと同じく、さっぱりしていて、あまり味がしない。日本人はピザにもゴーダ系のシュレッドチーズを使うが、そうするとどうしても塩分が多くなる。モツァレラチーズもかなり安くなってきたが、あと一歩というところだ。そこでシュレッドチーズとカードマスを混ぜて、たっぷり乗せるて焼くと、飽きずにたくさんチーズが食べられる。伸びはしないし少々モサモサするのだが、熱々なら十分醍醐味がある。インドではやや固めに作って油で揚げ、ベジタリアン用のカレーの具にする。

固めるのに酢を使うが、出来上がったカードマスは酸っぱくない。絞った水分(ホエー)も同様なので、酢は化学反応してしまうのだと思う。ホエーは捨てる必要はなく、そのまま冷凍しておけば、カレーやシチューなどの水分に使えて、カードマスよりも用途が広いくらいだ。パンの生地用にしてもいい。カレーなどは、牛乳を入れると美味いことは美味いがミルク臭くて見るからに子供用になってしまうが、ホエーならコクだけ増してミルク臭くならない。

また、試してみるとわかるが、いつもの牛乳ややや高価なもの、特価品の牛乳などで作り比べてみると、出来上がるカードマスの量はしっかりお値段に比例していて、コストパフォーマンスはどっちもどっちな感じだ。やはりチラシの値段や乳脂肪量を見て選ぶ程度では、メーカーやスーパーを出し抜くことはできないらしい。

最後に牛乳瓶で飲んだのは何年前だったか

冷やしフレンチトースト

毎日暑い。脱水気味でぼーっとしてたり逆に水腹になったり、どちらにせよあまり食欲も沸かない。そこで「冷やしフレンチトースト」を考えた。前日のうちに焼いて冷蔵庫で冷やしておけば、涼しい朝食にありつける。作り方はどこかでレシピを見てフレンチトーストを作り、冷蔵庫で冷やしておくだけ。お好みでメイプルシロップやチョコソース、コンデンスミルクをかける。シリアルのように牛乳に浸してしまってもいい。

これは我ながら大発明だと思って検索したら、さすがになんでもありのクックパッドには、すでに載っていた。ちょっと残念である。ちなみに以前「<覚書>回鍋麺」という記事で紹介した、「白糸くずし=濃い味でゆるゆるの茶碗蒸しを作って冷やし、ツユ代わりにしてそうめんを食べる」、はまだどこにもないようだ。

error: