李子柒 / 里芋、タロイモ、唐辛子

今回の李子柒は里芋とタロイモ、そして唐辛子。里芋はスーパーには出回るが北海道では栽培していない。タロイモは南方のイモで、米、小麦、トウモロコシ、バナナと並んで人類の主食だった食品だが、我々にはなじみがない。見かけは京いもに似ている。ちなみにタロイモも里芋も類縁で、英語では同じ名前だ。

イモ類は根を付けたまま土間に広げた。このまま放置しても多分傷まずに、来年も種芋に使えるのだろう。動画の舞台である四川省は暑いところのように思っていたが、成都では冬も氷点下にはならないが、山間部では日中も零下の場所もある。雪が積もった動画もあるので、ほどほどに寒い場所のようだ。北海道並みならイモが凍ってしまうので、新潟くらいだろうか。
さて、タロイモは、カボチャ、紫芋などと一緒に蒸して潰し、団子にした。味付けは黒砂糖なので、ぜんざいのようなものだと思う。そして里芋は、この動画では断末魔の悲鳴でおなじみの、鶏と一緒に唐辛子醤で煮込んだ。

唐辛子はニンニクなどと一緒に塩漬けにして、自家製の醤(ジャン)にした。唐辛子ペーストは世界中のいろいろな国で、家庭でも作られていて、お好みの素材と一緒に塩、酢、オイルなどにつけて保存すれば簡単にでき、既製品より味も良い。我が家では豆鼓や海老の殻、ゴマなどと一緒に酢漬けにして常備している。餃子などにつけると旨い。

李子柒 / オクラ

今回の李子柒はオクラ。

オクラ栽培のはずなのだが、竹垣づくりや土木作業が続く。コマ落としで、ちゃんと自分でやってるところを見せるのだから大変だ。ヤラセだろうというコメントでもあったのだろう。律儀なことである。

実にいろいろな作物を自宅の畑で作っている。北海道の農家だと規模は大きいが販売用以外は作っていない事が多く、道東に出店したスーパーが予想以上に野菜が売れることに驚いていた。そうやって種類も量も盛り沢山なメニューが並ぶ。日本人は少食だが、中国人は大食漢なのであんなものかもかもしれないが、量はともかく栄養バランスがぜんぜんかなわない。あれが本当におばあさんと二人分のメニューなのか、撮影用のやらせなのか考えてしまう。そのうち1カットコマ落としで食べきるところをやってもらえないだろうか。

夏はズッキーニ

農家からズッキーニを買った。スープにするといいというので煮込んだら、半透明のトロトロ状態になった。これは冬瓜と同じだと思って、薬膳の効果を調べてみた。

冬瓜は大きい

冬瓜は夏の定番薬膳素材だ。カリウムを含んでいて利尿作用があり、高血圧によく、体の熱を取り去ってくれる。ただし、とにかく大きくて家庭で買えるものではないし、北海道だとあまり出回らず、切ったものを売っていてもけっこう高い。

一方ズッキーニは安い上に栽培がしやすいのか、家庭菜園の人からいただくこともある。中華料理ならスープだが、味噌汁だっていいだろう。そして肝心の薬膳効果は、案の定冬瓜と同じ。しかも肺に良いそうだから、もしかしたら「アレ」にも...。

そこまで期待できないにせよ、洋食の素材として登場したズッキーニだが、身近になった。