楽器家紋 / 「巴洋琴」

伝統的なものだけでなく、身につけた人間の生まれ育った風土や専門分野、趣味をモチーフにした家紋、時代性を盛り込んだ家紋があったら楽しい。それが家紋という日本独自の文化の拡大発展につながるようなら、なお面白いと思う。そこで楽器をモチーフにした家紋を考えた。第二弾は巴洋琴。

ピアノの和名は洋琴だそうだ。グランドピアノの向きを変え、いわゆる巴型に組み合わせたら、家紋らしくて収まり良く仕上がった。あまりいじくらずに簡単にできてしまったので、なかなかお気に入りである。

グランドピアノを個人で持っているという人も、いなくはないだろうが、我々がお目にかかるのはもっぱらホールなどだ。日本のホールには、地方都市でもグランドピアノが置いてあり、メーカーを選べるところもある。しかも常に調律済みなので、世界中のピアニストに評判がいい。

ソヴィエトの崩壊後、政府のバックアップがなくなった音楽家がこぞって来日するようになった。そしてホールの音響設計の良さと調律されたピアノがあることに、喜んだという。その後日本では、地方都市でも世界的音楽家の演奏会が開かれるようになった。日本からの生徒を優先的に受け入れる巨匠や、世界ツアーに日本人調律師を同行させる巨匠もいたという。クラシック界のことなのでよくわからないが、世界的コンクールに入賞する日本人も増えたはずだ。地味な仕事を丁寧にこなし、評価を得るというのはいかにも日本人らしいエピソードだと思う。

ところで最近のコンサートでは、横っ腹にデカデカとメーカー名のついたグランドピアノが登場する。メーカーとホールのウィンウィンはわかるが、ピアノの形や音色で分かる人もいるだろうし、プログラムに書けば済むことである。アーチストの芸術世界が主役なのだから、脇役は奥ゆかしくしててもいいんじゃないだろうか。

楽器家紋 「三ツ歌口」

蝦夷家紋の記事を公開したところ、楽器の家紋はどうだろうかというコメントをいただいた。その際、トランペットは家紋化しにくいとのことだったので、工夫してみたのが今回の「三ツ歌口」である。

ご覧の通りモチーフはマウスピース(歌口)である。金管楽器のマウスピースは皆こんな形なので、トランペットだけとは言えないが、某有名楽器メーカーをちょっと意識して3本を組み合わせ、楽器家紋らしさを狙ってみた。

家紋というと一家、一族ごとに厳密に決められ、公式の場で使われてきたものという印象があるが、一方昔も自分の家紋を知らない人は多かったし、他人の紋付きを借りて祝言をあげたという人もいた。厳粛なものもお気楽なものも、家紋に共通するのはどれも意匠が凝っていて、ポンと家紋が入っただけで衣服や調度が引き締まって見えるという点である。また、家紋を身につけていれば、どこのだれであるかアピールしながら歩いてるようなもので、自ずと無責任な行動はとれない。現代のようにプライバシー尊重や匿名志向が常識な社会では、己が何者であるかを積極的に公開する機会があってもよいと思う。

伝統的なものだけでなく、身につけた人間の生まれ育った風土や専門分野、趣味をモチーフにした家紋、時代性を盛り込んだ家紋があったら楽しい。それが家紋という日本独自の文化の拡大発展につながるようなら、なお面白いと思う。