李子柒 /桃花

今回の李子柒は桃の花。桃といえば中国を代表する花。造花の精密さや、漢服に合わせたかんざしに作り上げるなど、どこまでも中国の伝統美の世界である。


画像をクリック

なんと、2月以来の新作公開である。いろいろあって続けられなくなったかと、自分としては半ば終わったシリーズのつもりでいた。それでなくても、このところは表面的と言うか、ただのイメージビデオになってしまって、若い女性が鶏をしめたり、骨ごと肉を叩き切ったりするダイナミックさがなくなってきた。日本人が見ると少々乱暴だったり、不衛生にみえることも、地域に残る伝統的な生活文化なとして堂々と見せていたころの新鮮さが、もう感じられない。はじめてこのシリーズを観たときは、中国の若い感性と各地に残る伝統文化がマッチして、現代の日本では作ることのできない映像になっていると思ったものだが。おそらくエライさんが口を挟んできたのだろう。無駄なイメージカットが増え、全体が「年寄の考える美しい世界」と化してしまった。

だが、それもやむを得ないかもしれない。ジャッキー・チェンも政府よりの発言を繰り返して、香港市民からすっかり嫌われてしまったが、李子柒もジャッキーも学歴や血縁もなく、下層から自力で成功した人間だが、こういう人は日本と違って尊重されない。どんなにスターであっても、大衆に官製文化を周知させるための道具として扱われ、表現者としての自由など認められない。

今後新作がアップされたらどうしよう。紹介しないかもしれないし、代わりにまだここで扱ってない古いものを紹介するかもしれない。

李子柒 / 新年の飾り付け


画像をクリック

今回の李子柒は正月の飾り付けとお供え料理(?)。前回、キムチ発言で荒れ、今回も同様なら面倒くさいなと思っていたら、落ち着いたらしい。御用動画に成り果てたかもと思って、ややあら捜し的にみていたが、伝統的な中国の風物詩の紹介で普通に面白かった。なかでも、リンゴ飴とワタアメをミックスしたようなお菓子の作り方は、今回のみどころだ。室内ではやらないほうがいいと思うが。

中国の人はよくヒマワリの種を炒って食べるが、「炒瓜子」と書いてあったので、間違いかと思ったら、どうやらヒマワリでもそう呼ぶらしい。最近は日本のスーパーでも売っている。栄養的には、ガン、老化、免疫機能低下を防ぐ抗酸化作用があるビタミンE、動脈硬化や血栓を防ぎ血圧を下げる必須脂肪酸・リノール酸を含むとか。年齢柄、時節柄、ちょっと魅力である。

李子柒 / 川魚の煮込み

今年最初の李子柒は、あえて4年前の動画を紹介する。テーマは魚の煮込み。

最近このシリーズは、なんだか様子が変わってきた。総花的な感じでBGMが多くなり、タイムプラスシーンも増えた。シーンの切り替えもテンポが早い。人気に目をつけたややこしいお歴々が口を挟んできたとも言われているが、そのへんはよくわからない。
そこでこの機会に、以前から紹介しようと思っていた古い動画をとりあげてみた。最新作はすでにアップされているが、それと比べるとBGMが少なく、調理中に出る音だけのシーンが多い。一本の尺が短いのに、鍋の煮えるところなどがのんびりと挿入されていて、それがまた自分のような年寄には心地良い。
本編の方は、スローライフをハイテンポで紹介する番組と化し、本人も忙しそうだ。また、中国語がわからないので気が付かなかったが、キムチを中国発祥と言ったらしく、どこぞから一斉攻撃をくらっているようだ。お歴々のおおせのままに文化侵略をやってるのかもしれないが、一方どこぞのほうもこの動画を丸パクりし、中国人ではないかのようにタイトルを付け替えて公開していたそうだから、腹に据えかねたのかもしれない。どっちでもいいことだが。
ともあれ相変わらず人気ぶりだが、もしかしたら、今が爛熟期かもしれない。

などと思っていたら、どうも国を上げてのキムチ論争が始まったらしい。面白いことになってきた。次回が楽しみだ。

error: