李子柒 / 稲作

今回の李子柒は稲作。昔ながらのやり方とは言え、さすがに初めて見るようなものはなかった。最近のこのシリーズは、再生時間が長くなっていろいろな内容を詰め込む傾向があるが、当初は、今回のようにひとつのテーマで、ちょっとしたシーンを丹念に映し出す動画だった。今回の稲作もそうだが、若いのに妙に古いやり方に手慣れたところが見せどころだ。以前紹介した「 李子柒について 」によれば、四川省で半自給自足の生活をしているというが、そういう設定のやらせなのかどうか、実は今でもわからない。牛に曳かせた馬鍬に乗るなんて、数秒の撮影のために訓練したとも思えないし。

さてこれは余談だが、今回のサムネはちょっとおかしくないだろうか。本人の田植えと脱穀を合成した画像だが、普通に並べれば良いものもを、わざわざ足元で切って、しかも苗の一部を切り抜いて服の上に出している。左端の茶色い部分の切り取り方も不自然だ。youtubeのサムネは自動的にできあがるが、自分で用意することも、動画のシークエンスから選ぶこともできる。この画像は自分で作るとけっこう大変なのだが、わざわざ作ったとすると、ちょっと頓珍漢なセンスだということになる。映像がまっとうなだけに、それも考えにくい。AIに画像合成をさせると、技術的には高度だが、人間ならやらないようなおかしなことをやるので、これもそれかもしれない。

李子柒 / トウモロコシ

今回の李子柒はトウモロコシ。 玉”蜀”黍と書くくらいだから、動画の舞台の四川省と関係があるのかもしれない。我々道民はトウキビと言ってるが、それは高品質な北海道産だけに許された名称なので、これはトウモロコシというべきだろう。生食用ではないらしく、皮が枯れてから収穫し、さらに天日で干す。こちらでは見渡す限りのトウキビ畑も珍しくはないが、こんなふうに吊るして干す光景を見たことがなかった。なぜだろう。
今回の動画ではトウモロコシは粉に挽いてから調理していた。そういえば日本にはトウモロコシ粉のメニューが少ないような気がする。すぐに思い出せるのはコーンフレークくらいだろうか、それもアメリカ出身だが。
収穫後の茎も残らず刈り取って立て掛けて干す。小さな畑とはいえ、重労働だが、食べられない部分も家畜に与えたり再利用するシーンをちゃんと出すのがこの動画の醍醐味だと思う。
ところで冒頭の種まきシーンで、天秤棒に桶を下げてきたときは、一瞬下肥かと思った。洒落ていながらけっこう生々しい内容も出すシリーズなので、スタイリッシュに下肥をまくのではと身構えてしまったが、水でよかった。

李子柒/黄桃

最近の李子柒は週一ペースで更新されるので、忙しい。さらっと流したシーンが、中国の故事にちなんでいたりするので、じっくり調べて紹介したいのだが。
さて、中国人にとって、桃源郷という言葉があるくらい、桃は特別な果物だ。西遊記では、天界最高位の女仙人、西王母の誕生日に、不老長寿の効用がある桃を振る舞う「蟠桃会」(ばんとうえ)が開かれるが、それに招かれなかった孫悟空(出家前なので、当時は弼馬温)が、 怒って桃林に入り込み、すべて食べてしまうという場面がある。普通の桃でさえ柔らかくて香り高く、甘いのだから、天界の蟠桃ならどれほどおいしいかと想像しながら読んだものだ。
ところが、中国には蟠桃という名の桃が実在するが、これはさほど美味しいものではないらしい。今回の動画に登場する黄桃も、大きさは立派だが、ちょっと硬そうに見える。結局煮たり、干したり、炒め物にしたり、発酵までさせていたが、そのまま食べるシーンがなかった。日本の桃のような味ではないのかもしれない。