Googleがコロナ感染者、死亡者数を予測 / 北海道が最悪の予想

Googleが、日本における11/15~12/12の28日間のCOVID感染者数、死亡者数の予測データを公開した。
COVID-19 感染予測(日本版)
https://datastudio.google.com/reporting/8224d512-a76e-4d38-91c1-935ba119eb8f/page/4KwoB?s=nXbF2P6La2M

それによれば、国内で最も感染の拡大が予想される地域は北海道で、感染者数16877人、死者数116人。同時期の東京の予測感染者数10164人、死者数43人を大きく上回る。北海道では、11月16日に190人の感染者が出ているが、この予測によれば今後28日間は平均1日あたり602人の感染者が出ることになる。人の動きが鈍くなる北海道の冬に、東京を上回る感染が予測されるとなれば、やはり気温などの気象条件かなとも思う。

この予測は厚生労働省のオープンデータ、平成27年度国勢調査データに加え、Googleのコミュニティ・モビリティレポートなどから予測されたものだ。最後のデータは、コロナに対応した人の動きをまとめたものだが、当然のことながら今後一層の外出の自粛や三密回避の徹底など、人的な努力は考慮されていない。洒落にならない予想なだけに、ここが辛抱のしどころという警鐘であると、前向きに捉えていくしかない。

すきまテープの貼り方

古いマンションだからだろうが、この時期窓からのすきま風がけっこう寒くなってきた。二重になっている外側のアルミサッシはロックがあるのでしっかり閉まるが、部屋側の木製窓にできたすきまからは、冷気が流れ込んでくる。そこでスポンジ状のすきまテープを貼ってみたが、スポンジの弾力が結構強くて、押し返される。また、窓のすきまには幅の広いところと狭いところがあるが、スポンジも思ったほど潰れてくれず、どうかすると貼る前よりも広いすきまができてしまう。

窓と窓枠を上から見たところ

そこでスポンジを図のように、すきまの手前側に目隠しするように貼ってみたら随分良くなった。手をかざしてもすきま風がわからない程度には改善された。さっさと建て付けを直せという話だが、ネットにもこういうことは書いてなかったので、同じ悩みを持ってる人のために一言書いてみた。

コロナウィルスとは何か&あなたは何をなすべきか

北海道の非常事態宣言は解除されたが、東京などはむしろこれからが心配なくらいであり、北海道も油断はできない。これはドイツの Kurzgesagt (要するに)という映像制作集団の作品で、コロナウィルスとその対策などについて、わかりやすく説明している。医療関係者から教えられたものなので、ここで紹介したい。
※日本語字幕も出るはず

続いては、絶賛売り切れ中のマスクを手作りする方法。気休めだという人もいるが、マスクなしで、目の前で大きなくしゃみをされて飛沫が顔にかかったら...そのままそっと洗面所に行って水と石鹸で洗えばセーフかもしれないが、思わず手で拭えばそこでアウトだ。やはりマスクはあったほうがいい。

そしてマスクと並んで売り切れ状態なのが消毒用アルコール。ガソリンの代用にもなるようだ。北海道大停電の際は、ガソリンスタンドも車が並んでいた。エンジンをかけて電気をとった人もいた。こんなに重要なアルコールをDIYするんだから、密造酒にはならないとか?