GoogleChromeの画像検索から「画像を表示」がなくなる

先日から、海外のGoogleChromeの画像検索結果から「画像を表示」ボタンが無くなったのに気づいていたが、引き続き日本の結果からも「画像を表示」ボタンがなくなった。これはGetty Imagesが、画像を簡単に保存できることが売上を圧迫しているとして訴訟したことによる和解の結果だそうだ。ちなみに検索結果を検索バーにドラッグ&ドロップすると、「画像を表示」をおした時と同じ結果が得られる。

RSS

これは、いまさらこのブログで取り上げる必要があるかどうか悩むところだが、知らない方のために、ということで。RSSとは、サイトの更新お知らせ機能である。不定期に更新するサイトを購読している場合、1カ所ならお気に入りから見に行けば済むが、何カ所もチェックしていると、無駄足がけっこう大きい。しかもサイトごとにデザインが違うので、訪問しても更新したかどうか見過ごす場合もある。それを防ぐのがRSSだ。

本ブログの右側、メニューの下のほうに「投稿のRSS」というリンクがあるので、そこをクリックしてみてほしい。記号だらけで読みにくいが、よく見るとブログ記事のタイトルと本文の一部が書いてある。本サイトでは、記事が更新されるたびにタイトルと本文の一部をお知らせしていて、それをRSSという。登録したサイトのRSSを一括して拾い上げるのがRSSリーダーだ。

RSSリーダーには何種類もあって機能もさまざまだが、Google Chromeの代表的な拡張機能「FEEDLY MINI」の場合は、ブラウザのボタンを押すと、登録してあるサイトのRSSを読み込んで、未読のものだけを一覧表示する。更新された記事は元サイトまで行かずに、RSSリーダーの画面で読んでしまうこともできる。レイアウトの違うサイトの記事も、見出し、メイン写真、本文と、同じスタイルに並べて一読むことができるので効率的だ。

FACEBOOKなどのSNSには同様の機能がついているが、それらをやってない人や、対応してないサイトの更新をチェックするには、RSSのほうが便利だ。あくまで自己責任ではあるが、Chromeの拡張機能一覧からすぐにインストールできると思うので、試してほしい。

七草粥の作り方2017

明日は七草.この日に春の七草を粥にして食べると長生きするという.御伽草子の七草草子に,この習わしの由来がある.中国の楚の国にいた親孝行者が,百歳を超えて衰えてきた両親をなんとか長生きさせようと,山で苦行をすると帝釈天から七草粥の製法が告げられた.それによれば

  • 毎年春のはじめに七種の草を食べること。
  • 1月6日までに7種類の草の集めておくこと。次の時刻に柳で作った器に種を載せ、玉椿の枝で叩くこと。(玉椿は普通の椿の美称)
    • 酉(とり)の刻から芹(セリ)
    • 戌(いぬ)の刻から薺(ナズナ)
    • 亥(い)の刻から御形(ゴギョウ)
    • 子(ね)の刻から繁縷(ハコベラ)
    • 丑(うし)の刻から仏座(ホトケノザ)
    • 寅(とら)の刻から菘(スズナ)
    • 卯(う)の刻から清白(スズシロ)
  • 辰(たつ)の刻からこれらの種を合わせ、東から清水を汲んできて、これを煮て食べること。

この製法で作った七草粥で,一口で10歳,七口で70歳若返えったという話である.

これだけのことなら,なんとか夜更かしすればできそうだが,大きな問題がある.昔の時刻の表し方は「十二時辰」といい,日没を酉の刻,日の出を卯の刻とし,その間を6等分して表す.つまり現在の時計と違って,年と日付,場所によって時刻が変わってしまうのである.
そこで2017年1月6日酉の刻から1月7日の辰の刻まで,日本の県庁所在地での,十二時辰によるそれぞれの時刻を計算した.ネットで情報収集し,EXCELで計算したからできたようなもので,昔なら到底やる気にはならない.ありがたい時代である.

七草粥レシピのための十二時辰

これさえわかれば,不老長寿も思いのまま.百歳,二百歳が当たり前になれば,現代日本の高齢化問題など屁の河童.「キレる高齢者」の問題も,「怒れる若者たち」にすぎなくなるだろう.現在百歳で親孝行な子供のいる方は,ぜひ試してほしい.

次回「バイオリンと寄る年波」(1/11公開予定)
乞うご期待!

賀正

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

昨年の大晦日の記事は、11月中の予約投稿なので、激動の1年はまだ残っていて、何が起こるか予断はできないと書いたが、結局大したことは起きなかった。一安心である。

さて、今年は本ブログの一大改革を敢行する。それは読点、句読点のルールである。以前どこかで、横書き文章で「、」「。」を使うのは常識がない、かっこ悪いというような話を読んだ。日本語でも横書きなら「.(ピリオド)「,(コンマ)」にすべきだというのだ。そんな風に文章を書いたことなどなかったので、このブログだけはピリオド、コンマで行くことにしたのだが、変換に手間がかかって実に面倒くさかった。
調べてみると、横書きの場合は「,」と「。」にするというルールがあるようだ。中途半端な気もするが、これには諸説・諸流儀があって、法律関係はこのルールだが、技術関係は「,」「.」にするらしい。ただし個人の自由だというような意見もあって、けっこう議論の的らしい。なんであっても辞書登録すれは良いのだろうが、他の文章を書く時に紛らわしいので、これまでずっと句読点のたびに変換してきた。で、今年からはご覧の通り、無変換の句読点にすることにした。実にどうでもいい話だろうと思う。それだけ平穏無事な元旦である。