パーカー・ソーラー・プローブの驚くべき成果

NASAのパーカー・ソーラー・プローブ計画のブログで、「驚くべき成果」と題した記事が公開された。毎回最新の情報を掲載していて、わかりにくい部分も多かったが、今回はこれまでの全容がまとめられていて読みやすい。

太陽はプラズマの塊ではっきりした地表がなく、徐々に希薄になっている。その大きさを科学的に見れば、地球から見える光球よりもずっと大きいらしい。パーカー・ソーラー・プローブは、その一部に直接触れて観測を行った。太陽は、太陽風をはるか遠くまで届けている。地球にも当たり前のように太陽光が届いているが、逆に地球から太陽に届いたものは、この46億年でパーカー・ソーラー・プローブが初めてだ。

宇宙船は、太陽に向けた1枚の断熱材の盾の背後に身を隠すようにして太陽に近づく。太陽の周囲は非常な高熱だが、宇宙船本体がそれほど熱くならないのは、家庭のオーブンの庫内が200度を超える高温になっても、中身を取り出す時に手が200度になるわけではないのと同じだと、動画では言っている。
その断熱材は炭素繊維でできていて、97%の空気を含んだスカスカの物質らしい。どうやって作ったのかもわからないが、常識で考えれば97%が空気なら、それは断熱材ではなく「空気」と呼ばれるべきじゃないだろうか。

ちなみにミッション名の”パーカー”は、太陽風を予測した物理学者ユージン・パーカー博士からとっている。NASAが生存する人物の名前にちなんで名付けた、最初のセッションだ。パーカー博士は2017年の打ち上げにも立会い、その後宇宙船から送られてくるデータもその目で見、2022年3月15日に94歳で亡くなった。
このミッションは1958年に考案されたが、それを実現するための技術開発に60年をかけているという。宇宙に関する出来事はとかく壮大なスケールのものが多いが、それに関わる人間のドラマも、なかなか壮大なのではないかと思う。

Parker Solar Probeに、巨大な太陽活動の衝撃がぶつかる

2月25日、太陽の表面から850万キロに近づいていたParker Solar Probeは、突然起こった太陽風に正面からさらされたが、衝撃に耐えて、正常な活動を続けている。これはParker Solar Probeのこれまでの航行の中で最大のイベントで、その衝撃波地球を超えて、NASAの火星調査船MAVENなど、多くの宇宙船でも観測された。

史上初、PSP太陽に接触

NASAの太陽観測船「パーカー・ソーラー・プローブ」は、太陽の一部であるコロナ層に初めて接触した。それに関する動画があったので紹介する。

太陽には地球のような固い地表はなく、全体がプラズマというガス状物質からできている。これは中心部からはなれるほど希薄になり、大気のような層となる。これが「太陽コロナ」である。コロナ層は太陽の光珠部分から遠くまで広がっていて、それがどこまで続いているか、つまり太陽の本当の大きさは謎だったが、パーカー・ソーラー・プローブがその一部に接触し、初めて太陽の大きさを知ることができた。

パーカー・ソーラー・プローブが出発したのは2018年8月。その際世界中から署名を募集し、メモリーに書き込んで出発した。その中には私の名前もある。その時には「コロナに接触」の報を聞けばさぞかし感動的だろうと思っていたが、まさか微妙な気分になるとは思ってもいなかった。「接触」と書くから薄気味悪くなるので、「尻尾をつかまえた」とか「征服した」とか思うことにしよう。

署名者に贈られる搭乗券。文字取り史上最もホットなチケットだ。
error: