パーカーソーラープローブ、4回目の金星フライバイへ

パーカーソーラープローブは、2月20日に金星の重力を利用して、太陽への次の接近のためのフライバイを行う。
これは、計画されている7回の金星重力アシストの4回目で、4月29日と8月9日に予定されている8回目と9回目の太陽への接近接近に向けたもので、これまで最接近した1月17日の記録である、約840万マイル(1350万キロメートル)よりも近い約650万マイル(10.4百万キロメートル)まで接近する。

パーカーソーラープローブが7回目のソーラーパスに向けて準備

NASAのパーカーソーラープローブは、2021年1月17日に、私たちの星の周りの7番目の科学収集軌道の間に太陽に次の接近を行います。近日点と呼ばれる太陽に最も近いアプローチで、宇宙船は時速約289,930マイルの速度で移動しながら、太陽の表面から約840万マイル(1350万キロメートル)に到達します。(自動翻訳失礼)

パーカーソーラープローブは、太陽の周りを回りながら近づいていくが、今回7周目に入り、さらに近づくらしい。時速はキロ単位に換算すると約47万キロ。人類が作り出した最高速度だそうだが、それを7周りも行っている。つくづく頑丈なものだと思う。

error: