太陽に名前を刻む / NASA太陽観測プロジェクトに参加した話

今年8月、NASAは史上初の太陽観測宇宙船「パーカー・ソーラー・プルーブ」を打ち上げ、太陽の大気圏に突入して観測データを送ってくる。このプロジェクトに先立って、世界中から、宇宙船に搭乗するチームを募集中だ。搭乗と言っても、名前を宇宙船のメモリチップに記録し、太陽まで行くということだが、このたびその登録を行ってみた。本プロジェクトが成功した暁には、皆さんも太陽を見るたびに、そこに刻まれているであろう私の名前に想いを馳せて欲しい。(※太陽を肉眼で直視しないこと)アレキサンダー大王やチンギス・ハーンがその名を轟かせたと言っても、しょせんは地球上だけのこと。遠く太陽までとどく我が名に比すれば、塵芥の如きものであろう。

ということで、4月27日まで、誰でも無料で登録できるので、その手順を紹介してみたい。(登録はあくまで自己責任でどうぞ)

http://parkersolarprobe.jhuapl.edu/The-Mission/Name-to-Sun/ にアクセスする(画像をクリック)名前とメールアドレスを入力し、「submit」をクリックする
この画面になったら、NoReply-Parker-Solar-Probe@bitbucket.jhuapl.eduから登録したアドレスにメールが届いているので、メール文中下段のリンクをクリック。
メールのアドレスをクリックするとこのページに飛ぶので、「CONFIRM MY SUBMISSION」をクリックする。この時にエラーが出る場合は、届いたメール中のリンクアドレスから前後の*を取り除いたアドレス部分だけをブラウザに入力してリンク先へ行くこと。(NASAが間違ったのかもしれない)
これが出れば登録完了。パーカー・ソーラー・プルーブがあなたの名前を太陽まで持っていってくれる。「View Your Certificate」をクリックすると証明書が表示される
これがアメリカン・テイストあふれる証明書。自分の名前がちゃんと入った、NASAのホット・チケットでVIPパスだ。PDFなので自分のPCにダウンロードできるぞ!

※太陽の大気圏について
太陽にも大気圏が存在する。地球の大気圏は地球のごく表面だけに薄くへばりついたように存在する空気の層だが、太陽の大気圏は表面から800万キロ、太陽の半径の約12倍もの場所まで広がる巨大な層だ。今回のプロジェクトは表面から650万キロの位置を通過しながら観測する。大気圏という言葉から受ける印象よりずっと遠い位置からの観測ではあるが、それでもすさまじい高温であることに変わりはなく、宇宙船は摂氏1400度の高熱に耐えるように作られているという。

パーカー・ソーラー・プローフについてはWikiにも記事がある。

 

Parker Solar Probe 打ち上げは8月11日

NASAとそのミッションパートナーは、太陽へのParker Solar Probe宇宙船の発射を8月11日を目標とした。発射予定時刻はアメリカ東部夏時間午前3時48分(日本時間午後4時48分)で、45分前に発射窓が開く。 宇宙船のカプセル封入後の最終検査で、覆いの内部に小さな泡の帯が見られたため、検査に時間が必要になった。宇宙船は、フロリダのケープカナベラル空軍基地の宇宙発射複合施設37から、デルタIVロケットで打ち上げられる予定だ。

※トップページの打ち上げカウンターを変更しました。また延期するかもしれませんが。

Parker Solar Probe 発射準備完了

NASAのParker Solar Probeは、発射台へ向かう前のクリーンルームでの最終手続きを済ませました。ロケットの運搬車両で、ユナイテッド・アロケーション・デルタIVヘビー発射台に設置されます。

2018年7月11日、この宇宙船は持ち上げられ、Northrop GrummanのStar 48BVという第3段階のロケットモーターに接続されました。Parker Solar Probeは、最大の運用打ち上げ用車両であるデルタIVヘビーを使用するほか、第3ステージのロケットを使用して、火星に到達するよりも55倍も多くのエネルギーをかけて、太陽に到達するのに必要な速度を得ます。

7月16日、宇宙船はフロリダ州タイタスビルのアストロテック宇宙事業から、ケープカナベラル空軍基地の宇宙発射複合施設37への移行の準備として、デルタⅣヘビーロケットに据え付けられるために、62.7フィートのフェアリング内に封入されました。Parker Solar Probeの打ち上げは、2018年8月11日を目標としています。

ジョンホプキンス大学応用物理研究室 ジェフ・ブラウン

元記事と写真はこちら

Parker Solar Probe ロケットに設置

2018年7月30日、NASAのParker Solar Probeは、ペイロード・フェアリング内に固定され、フロリダ州タイタスビルのアストロテック宇宙事業からケープカナベラル空軍基地の宇宙発射複合施設37に移されました。翌日、この宇宙船は持ち上げられ、垂直統合施設にあるUnited Launch Alliance Delta IVヘビーロケットの上部に取り付けられました。

Parker Solar Probeは、太陽に触れるという使命を込めて、打ち上げの準備をしています。宇宙船は、その表面から約400万マイル離れた太陽の大気に直接移動し、その革新的な熱保護システムのおかげで、宇宙船がこれまでに来たものより7倍以上近接します。このミッションは、コロナと呼ばれる太陽の外気を通って、最も接近して観測を行います。ミッションは、コロナの理解とプロセスが最終的に地球の近くの空間にどのように影響するかを調査します。

8/1 NASAブログ(Linda Herridge)より

 

Parker Solar Probe発射ウィンドウが8月23日まで延長

NASAとそのミッションパートナーは、2018年8月23日(以前は8月19日)まで、Parker Solar Probeの発射ウィンドウを延長することを承認しました。 宇宙船は2018年8月11日の午前3時48分に45分の窓口で打ち上げ予定である。
Parker Solar Probeは、フロリダのケープカナベラル空軍基地の宇宙発射複合施設37から、デルタIVヘビーロケットを使用して打ち上げられる予定です。

8/2NASAのブログより

※発射ウィンドウとは、ロケットを発射できる期間のこと。例えば宇宙ステーションとドッキングする場合、お互いの軌道が重なる時期を通り過ぎると、また1周するまで待たなければならないが、この発射可能な期間のことをいう。日本の月探査船「かぐや」の場合は、この発射ウィンドウがわずか2秒だったという。今回の発表は、打ち上げ予定日は変わらないが、調査の結果発射可能期間が延長されたというニュースである。