Parker Solar Probe、順調な打ち上げ準備

パーカーソーラープローブのミッションと打ち上げチームは、今日打ち上げ準備のレビューを成功させました。現時点では技術的な問題はありません。チームは、8月11日(土)午前3時33分に発射予定のNASAのパーカーソーラープローブを搭載したUnited Launch AllianceデルタIVヘビーロケットで準備を進めています。
Parker Solar Probeは太陽の変化が、太陽系内の地球やその他の惑星にまたがってどう影響をあたえるか、前例のない情報を提供します。
宇宙船は太陽の大気中に最短距離で直接飛んで行き、太陽から約400万マイル離れたところから、エネルギーが太陽の大気中をどのように熱伝導し、太陽風と太陽エネルギー粒子を加速するかを探ります。米空軍第45宇宙航空旅団の気象学者は、打ち上げ当日の晴天確率70%と予測しています。天候上の主な懸念は、積乱雲と積雲です。

8/9 NASAブログより

Parker Solar Probe ライブ配信について発表

NASAのパーカー・ソーラー・プローブの打ち上げを準備チームでは、8月11日(土)の東部時間午前3時33分から64分間の発射可能時間に向けて、忙しい1週間が始まっています。宇宙船は、フロリダ州のケープカナベラル空軍基地の宇宙発射複合施設37から、デルタIVヘビーロケットに搭載されて発射されますます。

Parker Solar Probeは、絶えず変化しながら地球やその他の太陽系の世界に影響を与え続ける私たちの太陽について、前例のない情報を提供してくれるでしょう。宇宙船は直接太陽の大気圏にもっとも近い地点(太陽表面から400万マイル)まで飛行し、太陽の大気中をどのようにエネルギーと熱が移動し、太陽風と太陽エネルギー粒子を加速させるのかを探ります。

NASAは、8月9日木曜午後1時に、発射前のブリーフィングを行います。この様子はNASAテレビととhttp://www.nasa.gov/liveでライブ中継されます。発射の様子は8月11日午後3時にライブ報道されます。メディア参加の機会を含むミッション報道の完全なスケジュールについては、https://www.nasa.gov/press-release/parker-solar-probe-briefingsをご覧ください。

Parker Solar Probe発射ウィンドウが8月23日まで延長

NASAとそのミッションパートナーは、2018年8月23日(以前は8月19日)まで、Parker Solar Probeの発射ウィンドウを延長することを承認しました。 宇宙船は2018年8月11日の午前3時48分に45分の窓口で打ち上げ予定である。
Parker Solar Probeは、フロリダのケープカナベラル空軍基地の宇宙発射複合施設37から、デルタIVヘビーロケットを使用して打ち上げられる予定です。

8/2NASAのブログより

※発射ウィンドウとは、ロケットを発射できる期間のこと。例えば宇宙ステーションとドッキングする場合、お互いの軌道が重なる時期を通り過ぎると、また1周するまで待たなければならないが、この発射可能な期間のことをいう。日本の月探査船「かぐや」の場合は、この発射ウィンドウがわずか2秒だったという。今回の発表は、打ち上げ予定日は変わらないが、調査の結果発射可能期間が延長されたというニュースである。

Parker Solar Probe ロケットに設置

2018年7月30日、NASAのParker Solar Probeは、ペイロード・フェアリング内に固定され、フロリダ州タイタスビルのアストロテック宇宙事業からケープカナベラル空軍基地の宇宙発射複合施設37に移されました。翌日、この宇宙船は持ち上げられ、垂直統合施設にあるUnited Launch Alliance Delta IVヘビーロケットの上部に取り付けられました。

Parker Solar Probeは、太陽に触れるという使命を込めて、打ち上げの準備をしています。宇宙船は、その表面から約400万マイル離れた太陽の大気に直接移動し、その革新的な熱保護システムのおかげで、宇宙船がこれまでに来たものより7倍以上近接します。このミッションは、コロナと呼ばれる太陽の外気を通って、最も接近して観測を行います。ミッションは、コロナの理解とプロセスが最終的に地球の近くの空間にどのように影響するかを調査します。

8/1 NASAブログ(Linda Herridge)より

 

Parker Solar Probe 発射準備完了

NASAのParker Solar Probeは、発射台へ向かう前のクリーンルームでの最終手続きを済ませました。ロケットの運搬車両で、ユナイテッド・アロケーション・デルタIVヘビー発射台に設置されます。

2018年7月11日、この宇宙船は持ち上げられ、Northrop GrummanのStar 48BVという第3段階のロケットモーターに接続されました。Parker Solar Probeは、最大の運用打ち上げ用車両であるデルタIVヘビーを使用するほか、第3ステージのロケットを使用して、火星に到達するよりも55倍も多くのエネルギーをかけて、太陽に到達するのに必要な速度を得ます。

7月16日、宇宙船はフロリダ州タイタスビルのアストロテック宇宙事業から、ケープカナベラル空軍基地の宇宙発射複合施設37への移行の準備として、デルタⅣヘビーロケットに据え付けられるために、62.7フィートのフェアリング内に封入されました。Parker Solar Probeの打ち上げは、2018年8月11日を目標としています。

ジョンホプキンス大学応用物理研究室 ジェフ・ブラウン

元記事と写真はこちら