運び屋

2018年封切りの、クリント・イーストウッド主演・監督映画。90歳の麻薬の運び屋の実話に基づいた作品で、主人公は87歳のイーストウッドが演じている。
クリント・イーストウッドと言えば、我々の世代だとマカロニ・ウェスタンやダーティハリーを真っ先に思い出すが、その後の監督業で、アカデミー受賞2作を含む数々の名作を生み出している。音楽監督、作曲家としても活躍していて、まさに映画界の巨人だ。

もちろん大好きな監督なのだが、映画作りが上手すぎて、作品世界に没入させられてしまうので、気力体力が充実してないと見られない。監督第一作の「恐怖のメロディ」からして、世の中にストーカーという言葉すらなかった時代に、DJファンの妄執のすさまじさを見せつけられてトラウマになってしまった。

その「運び屋」だが、主人公は90歳の農園主で、家族より仕事や仲間との交際を重んじて過程を顧みず、妻子からあいそをつかされて独居生活。そのうえインターネット時代に乗り遅れて農園が立ち行かなくなってしまう。そのうえ麻薬組織からの誘いに乗って、運び屋を始めることになる。思わぬ大金を手にしてすべてがうまく回り始めるが、当然見ている方は、悪い予感しかしない。

ところがそこからがこの作品の真骨頂で、予想通りのバッドエンディングながら、「何歳になってもゼロからやりなおせる、したたかな人間の物語」を観たような爽快さを感じさせてくれる。映画評の中には、齢をとって動作が衰えたイーストウッドが痛々しい、という声もあるが、それも90歳の演技をしていただけで、本人はまだまだしゃきっとしているらしい。「ミリオンダラーベイビー」でアカデミー最高齢受賞の記録を作ったのも、すでに15年前。なんと今年も「The Ballad of Richard Jewell」という監督作品が公開されるらしい。

瀬取りを見つけて、豊かな老後

以前、ネット上のサイトで北朝鮮の瀬取りを発見したという記事を読んだ。それが下記のサイトだ。
●marinetraffic.com
https://www.marinetraffic.com/en/ais/home/centerx:126.3/centery:35.9/zoom:7
世界中の船舶の船類、現在地、目的地などがひと目で分かる。また、瀬取り船を見つけるヒントもある。

●北朝鮮関連船舶による違法な洋上での物資の積替えの疑い(防衛省)
https://www.mod.go.jp/j/approach/defense/sedori/index.html
この文書で紹介されている船舶の番号を、上記のサイトで調べると、現在もなお活動しており、航海中のものもある。それらに今も違法な物資が積載されているとは言わないが、今にも怪しげな方角に針路をむけるのではないか、どこかの船と落ち合うのではないかと、ちょっとドキドキしてしまう。

●正義への報酬(米国務省)
https://rewardsforjustice.net/japanese/about-rfj/north_korea.html

北朝鮮による違法行為の情報に対し、最大500万ドル(5億4千万円)を提供するという、アメリカ政府のサイト。 聞くところでは、日本人の老後には2千万円の貯金が必要なようだが、正義への報酬があれば、豪邸を建てたお釣りだけで暮らしていけるだろう。

瀬取りと聞くと国際社会からの制裁が厳しくなり、追い詰められた挙げ句の行為のように思えるが、実際の違法な取引はちゃんと登記された会社が海運業者に発注して行われているという。そういう会社は産業見本市などにもぬけぬけと出展して、北の製品を展示していたりするらしい。瀬取りは、切羽詰まったというより、世界をなめてかかって雑なことをやりだしたということかもしれない。

PM2.5マップ

空気中の粒子状物質(PM2.5、PM10)などの濃度と、風向きを表示するサイト(Air Visual)。マウスの左クリックのままで動かせば地球が回転し、ホイールを回せば拡大・縮小できる。一見して分かる通り、先進国は青いままだが、中国、南米、中東などが真っ赤になっている。

画像クリックでサイトへ

なかでも中国の汚染度は桁違いで、時には日本海を渡って赤い雲が張り出してくる。WHOでは、各国の公衆衛生の進展度合いに応じて、暫定値を設定しているが、このマップでいえば、紺色以外の少しでも緑がかった場所は一番ゆるい基準値を超えていることになる。