風聞被害救済バナー広告

大きな事件や災害のおかげで、すっかりマイナスイメージがついてしまった社名や商品名がある。「おれたち、何も悪い事してないのに死ぬ」とは、ビキニ環礁での水爆実験で被爆した島民の言葉だが、これらの企業・商品の風評被害は、同情する他ない。そこで、勝手に広告バナーを作った。少しでもサイトに来場者が増え、良心的で良質な商品の知識を得てほしいという願いである。この他にも、かつてのあの事件などのせいでもっと深刻な風評被害を受けたであろう企業・商品はあるが、ほとぼりが冷めたものは、ほじくり出さないでおこうと思う。ちなみにこれはアフィリエイトではなく、いわばボランティア広告である。
(※アフィのどこが悪いのか、とは思うが、それは別の話)

SPAM
アメリカのホーメルフーズ社が販売する、ランチョンミート缶詰の商標。これが迷惑メールの代名詞になったのは、イギリスのコメディ番組「モンティ・パイソン」の中の、スパムメニューだらけのレストランのギャグから。そこから転じて、しつこい迷惑メールをスパムと呼ぶ隠語が生まれた。日本での番組の放映は1970年だが、当時見てはいたのだが、スパムが売られていなかったため、何のことだかわからなかった。しかも、他のギャグもなんだかわからないものだらけなので、気にもならなかった。
現物を口にしたのはモンティ・パイソンで見てから随分経ってからである。コンビーフなどよりちょっと高いが、普通のハムより肉の味がしっかりしたうまい缶詰である。

コロナビール
食品の風評被害はシャレにならない。メキシコの大手メーカー、モデーロ社が製造するブランドの一つだが、新型肺炎の感染が始まってから、アメリカの調査で38%の人がコロナビールは飲まないと答え、実際に310億円の売上が失われた。一方で、醸造過程で生まれるアルコールを消毒用に出荷しているらしい。
コロナビールはライムや塩を入れて瓶のまま飲む、軽い味わいのビール。ウェブサイトでは、同社が沖縄で開催してきたコンサートなどの地域振興の取り組みの様子や、感染拡大で中止になったイベントの告知などがあるが、コロナへの対策がきちんと表示されているのが立派でもあり、気の毒でもある。

コロナ石油ストーブ
こういう商品の風評被害がどういうものかわかりにくいが、感染拡大を知って真っ先に思い出したのは、この会社である。北海道民だからだろうか。
石油暖房の暖かさは、エアコンとはケタがちがう。北海道胆振東部地震によるブラックアウトは9月の出来事だが、誰もが、これが冬に起こったらと考えたのだろう。オール電化の家にポット式石油ストーブを持ち込んだ家も多く、ホームセンターでは売り切れも起こった。ウェブサイトでは、新型肺炎拡大の影響を示す記述はなかったが、2000年以前の古いストーブについての注意が掲載されていた。安全や健康への姿勢がうかがわれる。


コロナワクチンナビ

トップページに、厚生労働省のコロナワクチンナビへのリンクを設置。各自治体ごとに登録されている接種施設や、接種の実績が公開されている。今後さまざまな情報が流れると思うが、あわてずにまずここを確認しよう。


コロナの害、口から手から、ウワサから

シン化するヒーローたち

2016年、エヴァンゲリオンの庵野秀明監督作品の「シン・ゴジラ」が公開された。日本と海外で評価が真逆という不思議な結果になったが、日本では大成功で、引き続き庵野監督の持ちネタ、「シン・エヴァンゲリオン」が公開された。そして今回、仮面ライダーも、「シン・仮面ライダー」になるという。どうやら、往年のヒーローをシン化させてリメイクという流れができたようだ。
おそらくこの流れは、興行的に大失敗しない限りどこまでも続くだろう。ゴジラをやったからモスラではなく、タイプの違うものをあえてシン化させるという狙いも感じる。そうなるとあらゆるものがターゲットだ。さしずめ

  • シン・鉄人28号
  • シン・明日のジョー
  • シン・月光仮面
  • シン・ひょっこりひょうたん島
  • シン・サザエさん

あたりは避けて通れないところだ。
そして最後にたどり着くのは、やはり「シン・忠臣蔵」だろう。史実では吉良上野介は元禄三大美男で気さくな江戸っ子で、大石内蔵助は塩田改革に貢献した学者肌の人物だったらしい。また、その他の登場人物も、それぞれに深いバックグラウンドを背負っていたのだから、シン化した忠臣蔵では、浅野=善、吉良=悪、にとどまらないドラマを見せてくれるに違いない。そして、シン・ゴジラの海外での「人間が描けていない」という評価を覆してもらいたいものだと思う。
とはいえ、まあ、観にはいかないと思うが・・・

error: