李子柒

中国のvlogger李子柒(染か?)のvlogである。

中国の田舎の伝統的な暮らしと食を、vlogger自ら体験する様子を、音楽とライブ音で淡々と映し出していく。個人撮りという触れ込みだそうだが、もちろん脚本家、カメラ、スタイリスト、その他諸々のスタッフによる努力の結晶だ。

我々と同世代の中国人は、伝統的な生活文化はすべて遅れていて、近代的なもの西欧的なものこそが正しいという姿勢だった。むしろ自分が中国の伝統文化を擁護していたくらいだったのだ。社会が本当に近代化すれば、当然その反動で昔ながらの文化の良さが見直される。このvlogもそんな流れの中から生まれたのは分かるが、さすが中国4千年、一度伝統文化や地方に目を向ければ、無数の引き出しと奥行きがあることを見せつけられた。

いわゆるきれいなものだけを見せるのではなく、汚れたものも美しく映し出している。例えば、熟れすぎて地面に落ちたトマトを映したり、はじけてしまった実もそのまま収穫したり、土のカマドの周りに虫がうごめいていたり、使い込んで傷だらけのまな板に新品じゃない包丁をふるったりと、おそらく今の日本ではNGにしてしまう絵も堂々と見せる。
簡単なテロップ以外に説明はなく、作業も説明的ではなく所作の流れを見せる。こういうコンセプトだから、スポンサーのタイアップ商品が写り込んだりもしない。何気ない映像のために多くの予算と労力をかけているのがわかる。現代中国の豊かさを見せつけられているようだ。

またタレントがいい。媚びない美人すぎないペラペラしゃべらないのも好感が持てるが、作業に慣れている。スピードと力があり、作業と作業の間に流れがある。古い厨房や調理器具を使い慣れた主婦のように振る舞う様子は、映画でもなかなかお目にかかれない。練習と撮り直しを繰り返して、初めてできる映像だ。

日本が景気が良かった時代、あえて昔ながらのシンプルな生活文化を見直そうというコンセプトの雑誌記事やCMが作られた。素朴に見えるが、美術的価値のある調度や食器を使うなど、細部まで金をかけていた。すぐ真似できそうでいて、偽物や安物を使うと、単に貧乏たらしく見えるギリギリの世界観を追い求めていた。そんな時代のメディアを思い出す。やっぱり中国は景気がいいんだなあ。

マジ、ラブ!フォーレバー!!

最近、ホールでのコンサート風景を見ると、グランドピアノの観客側の側板に、大きくメーカーロゴがついてることがある。マーケティング的には効果的だが、その調子でコントラバスの胴や、指揮者の背中にもロゴを入れて行ったとすると…。広告を見せながら楽隊が演奏するなら、オーケストラはチンドン屋への道を歩み始めたとも言える。そもそも本当のクラシックファンなら、どのピアノの巨匠がどのメーカーを好んでいるかくらい知ってるし、ロゴなど見なくても音を聞いただけで、「おや、今日はスタインウェイではなく、ベーゼンドルファーだね」とわかるものなのだ。(そうだよね、私はできないけど)

ここまでは前ぶりで...この夏墓参りをした際、他家の墓でとんでもないものを見た。新しい墓の基盤に、設置した石材店の名前の金属プレートがついているのである。これにはさすがに眉を顰めざるを得なかった。そもそも墓というのは、塔を模したものである。塔とは法華経見宝塔品(ほけきょうけんほうとうほん)にあるように、釈迦牟尼仏が教えを説いた時に現れた「宝塔」のことである。いわばお釈迦様の教えの象徴ともいうべきもので、本来仏教徒というのは、塔を立てて中に仏舎利(釈尊の遺骨)を安置して供養しながら、そこを道場として修行に勤しむ人のことを言った。
だから日本でもお寺には塔が立っている。たとえ五重塔のような建造物がなくても、建物のどこかに小さな塔が安置されていて、中に仏舎利が納められている。この仏舎利も印度から伝わってきた本物の釈尊の遺物である。つまり、熱心な信徒の方が宝塔を立て、釈尊と同じように故人の遺骨を安置した、というのが墓なのだ。

それを他人が勝手に名前を刻み込むのは、世界遺産の五重塔に、アイアイガサだの「〇子マジ、ラブ!フォーレバー!!」と書くのと同じくらい見識のないことである。バチが当たるとは言わないが、その会社が廃業した後の数百年後まで、世界中の仏教徒の笑いものになる。ピアノの場合は、チンドン屋が下賤な職業というわけではないので、どうぞご勝手にという感じだが、石材店は、客が同じような馬鹿げたことをやろうとしたら止める立場であって、自分からそれをやっちゃいけない。

KAMADO/海外が本場になってしまった日本の道具

youtubeを見ていて、「えっ、これはアレじゃないの?」と言いそうになった。名前は分からないが、古い燃料店においてあったアレ。調べると、「蒸しかまど」という名前で、羽釜がすっぽり入るようになっていて、中に木炭を入れてご飯を炊く道具だった。狭い厨房でも炭火でご飯が炊けるということで、寿司屋で使う道具だったらしいが、今ではそういう店もなくなったそうだ。

ところがアメリカでは、「KAMADO」の名前で、バーベキューの道具としてなかなか人気らしい。日本の蒸しかまどは製造中止だそうだが、アメリカにはKAMADOのメーカーが何社かあるようで、赤や緑の色や表面の凹凸など、名前以外にも蒸しかまどのDNAがはっきり見て取れる。

おそらく戦後、米軍などの家族でやってきたアメリカ人が、日本で手に入らない蓋付きバーベキューグリルの代わりに使いだしたのだろう。アメリカ人は、なにがなんでも庭でバーベキューをしなければならないようで、子供の教育にも関わることのようだから。そして使い勝手が良かったのか、使い込んだバーベキューセットに特別な愛着を持つのか、なんとか本国に持ち帰った。というようなストーリーが目に見えるようだ。

何しろ本場のアメリカ人が良いというのだから、これはもうご飯ではなくバーベキューの道具になってしまったのだ。色や形からして、もしかしたら日本へも中国から渡ってきたのかなとも思うが、いずれにせよ、今はアメリカに市民権があるようだ。それにしても、使わなくなろうが忘れられようが、一度生まれた生活文化というのはそう簡単に消えたりしないのだなあと感心した。

ブログタイトルのパクり詐欺

ちょっと変わった詐欺を見つけた。

ある時、ブログを書いている知人が、自分で書いたひとつの記事のタイトルそのものを検索した。検索結果の一覧からサイトへ飛ぶと、そこはアダルト動画を紹介した、似ても似つかないサイトだった。誰かが知人のブログのタイトルを勝手にコピーし、アダルトサイトのページを作ったらしい。

記事タイトルはある程度長さがある文字列で、他人が偶然全く同じ言葉を検索するとは考えにくいから、犯人の狙いはブログの管理者である。検索結果に違和感があれば、かえって確かめてみたくなるのが人情だ。知人もそこをつかれてサイトにアクセスしてしまったが、幸いウィルス等の感染はなかった。いろいろなブログサイトを巡回し、自動的にタイトルを拾ってきて、既存のページに取り付けるプログラムを書くのは、技術的にはそれほど難しくない。そういうプログラムの接触を拒否することはできるが、Googleなどの検索エンジンが新しい記事を拾って登録するしくみまで拒否することになるので、使うわけにもいかない。

スパイ映画にあるように、高度な技術を駆使して侵入してくるハッカーやウィルスも怖いが、ほんとうに怖いのは頭と言葉を使った人間の詐欺だ。悪だくみという点では、まだまだ人工知能は人間に及ばないようだ。

乙巳の変(いっしの変/おっしの変)

日本が飛鳥時代だった645年、中大兄皇子と中臣鎌足が、当時天皇をもしのぐ権勢を誇っていた蘇我入鹿を暗殺するという事件が起きた。これを乙巳の変(いっしのへん/おっしのへん)という。

あれ、それって「大化の改新」じゃないの?645年という年号も覚えている人も少なくない、いわば常識中の常識だが、今は違うのだそうだ。大化の改新とは、646年以降に中大兄皇子が行った政治改革のことを指し、645年のクーデターは乙巳の変というふうに、学校でも習ってるそうだ。ちなみに、「乙巳」というのは「ひのえうま」などと同じ十干十二支による年号の呼び方で、「きのとみ」へび年であったという意味。同じ言い方で言えば、今年2018年は「戊戌(ぼじゅつ/つちのえいぬ)」。

なんとなく人生のうちの数十年間を、ちょっとだけ棒に振ったような気分だが、この際覚えることにした。今さら何の役にも立たないだろうし、明日には忘れてるかもしれないが、忘れたら調べ直してでも、古い脳みそに新風を吹き込もうと思う。