関寛斎(せきかんさい)

北海道は歴史が浅い。実際は古代から人間の営みは続いていたのだが、紹介されていない。だから幕軍の敗残兵や囚人や、食い詰め者が集まってできたように言われても、すぐ反論できないのだが、実際は明治の激動期に流されることなく、前向きに生きようとした、傑出した人物が無数に集まってできた場所である。だからそういう人物の足跡に、突然出くわすことがある。

関寛斎は、明治時代、道東の陸別の原野に移住し、町の基礎を築いた人物である。文政13年(1830年)に千葉県に生まれ、蘭方の医学塾であった順天堂に学んだ後、長崎に留学し、オランダ人医師から最新の医学を学んだ後鍋島藩の御殿医、官軍の軍医長などを務めた。特に戊辰戦争では、官軍・賊軍の別なく治療にあたり、軍医総監や男爵の地位も夢ではない名声を得たが、これらを捨てて徳島で30年間地域医療に貢献した。種痘を普及させるなど、関大明神とまで言われていたが、一念発起して全財産をはたいて、72歳で陸別の原野に入植した。

陸別は「日本最低気温の町」として知られている。その過酷な環境で、関は農場、牧場を経営。10年かけて陸別の町の基礎を築き上げたが、82歳で服毒自殺した。原因は農地を開放するという理想が、家族に受け入れられなかったことなどだとも言われている。関の医学思想は「養生」(健康管理と予防)、「運動」、「医療」(科学的な対処)のバランスを重視するという、現代の保健に通じる先進的なものだったという。

純粋すぎた人物だったのかもしれないが、82歳まで健康で精力的で、さらに純粋とくれば文句のつけようのない人生だと思う。こういう人物がいたというだけで、北海道は根性なしの食い詰め者の吹き溜まりなどではなく、熱い魂を惹きつけてやまない土地なのだと言いたい。

When You Wish Upon a Star(星に願いを)

リー・ハーライン(1907-1969)による、ディズニー映画「ピノキオ」の主題歌。ピノキオというより、ディズニー映画、ディズニーランドそのもののテーマと言っていいだろう。誰でも一度は聞いたことのある名曲だ。今までバブリック・ドメインのを名曲を何度か紹介してきたが、作曲者のハーラインの没年で分かる通り、この曲は作曲者の死後50年を経ていないので、まだパブリック・ドメインではない。来年、2019年にそうなる予定だったのだが。

先日、参議院は著作権の権利保持期間を50年から70年に延長する法案を通過させ、年内にも施行される見通しとなった。著作権期限の延長はTPPの重要項目だったが、アメリカがTPPから離脱してしまった。急ぐこともない案件だったはずなのに、今頃急に改定したのが不思議だったのだが、この曲に気づいて「ああ、これか」と思った。

ハリウッドを代表するディズニーの顔とも言えるこの曲が、日本だけとは言え永遠に権利が消失してしまう。その損失は金銭だけではすまないだろう。日本としては、空母まで出してもらった借りもある。何より戦後、「コンバット」や「ローハイド」など、無数のコンテンツを無償で提供してもらっている。その中にはもちろんディズニー作品もあり、我々もそれを見て育ってきた。もともと彼らが努力して価値を高めてきたものを、あまりやきもちさせる前に権利を保護してやったのだから、なかなか紳士的で価値のある忖度だったと言えるかもしれない。
実はこの曲は、来年紹介しようとチェックしてあった曲だった。こういう名曲はパブリック・ドメインになって人類の共有財産になってほしい気持ちもあるが、ミッキーの顔を立てて、21年後まで長生きすることにした。

動画はキース・ジャレット(P)の演奏。ドラムはジャック・ディジョネット、ベースはゲイリー・ピーコックである。いきなり三拍子のイントロが始まったので違う曲かと思ったが、6/8にアレンジした演奏である。

米朝首脳会談

いよいよ明日は待ちに待った米朝首脳会談。アメリカの姿勢は一貫しているようだから、今までのように騙されることはないだろうし、多分戦争の心配もないだろう。盛大に決裂して見せて、北爆の名分を得るという予測もあるようだが、だとすると事前協議でよほど甘いことを言って若大将を引っ張り出したことになるが、そこまでしたとは思えない。

不可逆で実行可能な核廃絶が約束されれば、朝鮮戦争の終戦宣言はあるかもしれない。これについては当事国のひとつの中国が、自分たち抜きで宣言できないと釘を指しているが、やってしまえば、中国は追随せざるを得ないだろう。世界中が懸念している、軍事大国への野心を裏付けてしまうからだ。

何が宣言されるかは、事前協議で決まっているはずだから、明日は顔合わせショーに過ぎないとも言えるが、なにせビッグビジネスマンで、TV番組も経験し、大統領まで上り詰めたトランプ大統領だから、やろうと思えば対談相手を臆病で能力の低い人間と印象づけることもできる。方やイエスマンに囲まれて育った、高級ひきこもりだ。対等どころか、お釈迦様の手のひらの上の猪八戒状態である。もしかしたら面白い場面が見られるかもしれないと、今から楽しみだ。

【重要】お知らせ※必ずご確認下さい※

また来た。あやしいメール。つい開いてしまいそうになるので、thunderbirdの表示形式を「プレーンテキスト」にした。

Subject: 【重要】お知らせ※必ずご確認下さい※
From: “MyAccounts Service.” <*****@*******あやしいアドレス>
Date: 2018/06/05 22:00
To: <自分のアドレス>

あなた(アドレス:自分のアドレス)のアカウントが従来と異なる環境、または別の端末
からログインされました。
心当たりがない場合は、環境情報の再設定を12時間以内にお願いいたします。
▽リセットは本通知から▽
必ず上記表示中のメールアドレスから本通知に返信する形で【再設定】記入の上送信して下さ
い。
※別のアドレスからのご返信では設定が行えませんのでご注意ください。

安心することにした

昨年は北朝鮮のミサイル恫喝に揺れた1年だった。この歳になっても、流石に戦争をふっかけられたことはなかったので、ミサイル発射の報があるたびに、少しでも早く正確にと思って、自分なりに軌道や落下地点の予想などもしてみた。おかげで大圏コースなど、それまで知らなかった知識も身についた。

で、いよいよ6月12日、このままでいけば米朝会議が開催される見込みだ。もちろんそれだけでは安心できないが、北朝鮮で軍上層部を解任し、金正恩氏の側近にすげ替えたという報が入ってきた。米の言う、CVID(検証可能で不可逆な非核化)を受け入れるに当たって、反対が予想される長老を更迭したということだと思って、一安心することにした。

オリンピックや南北会談など、平和演出の茶番劇が始まったときはちょっと心配したが、どうやらアメリカは、もうこれまでのように騙されることはないだろうと思うことにした。空母を出撃させたこともさることながら、やはり日米中の制裁が効いたのだろう。考えてみれば、ミサイル恫喝も制裁が怖い一心で初めたことで、軍事行動よりも強烈なダメージを与えたということだろう。12日まで日があるし、開けてみないとわからない部分もあるが、とりあえずミサイルでは戦争は始まらない時代になったのだと、考えたいところだ。