李子柒/季節の果物と野菜/蜀刺繍/筍づくし

李子柒の更新はこれまで2週間に1度程度だったが、このところ1週間に3回のハイペースである。 ハイペース更新の最初は、季節の野菜と果物。いつもの雰囲気だが、オリジナルブランド品の紹介があった。とはいえ、あくまでさりげなくだが。
2番目の動画は四川省特産の中国刺繍。以前に養蚕の動画を紹介したが、動画の舞台となっている綿陽市は、蜀の時代から続く刺繍の名産地だそうだ。日本では記録もろくになかった時代に、関羽や諸葛亮が闊歩し、そのすぐそばでこんな風に刺繍を作っていたのだと思うと、中国の生活文化の奥深さを感じる。
3番目は麻竹の筍づくし。ラーメンのシナチクの原料にするもので、日本で一般的な孟宗竹の筍とは違う。こんなに育って食べられるのかと思うようなのを収穫し、食べごろのように見える小さな筍は残していった。同じようでいて、日本とはいろいろ違うようだ。

youtubeにはいくつか李子柒のパクリ動画ががあって、中にはお婆さんをおじいさんに変えただけで、全く同じコンセプトのものまであるが、昨年くらいのスタートにも関わらず、ハイペースで更新を続け、本家と同じくらいの数があがっている。しかも視聴数も数百万に達するものもあり、本家に迫る勢いである。 youtubeの同ジャンルのおすすめ機能のせいで、後追いがしやすいのだろう。本家のハイペース更新も、それらへの対抗かもしれない。

ブエノスアイレス / Vimeo

Youtubeと並ぶ動画配信サービスに、Vimeoがある。以前「人工衛星アートDESPATCH」という記事のときは、このサービスの動画を紹介した。ここの特色は、品質の高い映像作品が多いこと。プロやプロなみの作品がほとんどなので、アップするのはちょっと度胸が必要だ。無断転載したものは削除されるなどルールも厳しく、なんでもありのYoutubeと一線を画している。
また、無料だけでなく有料プランもあり、広告なしで「Vimeo」の代わりに自社ロゴを入れられるなど、企業サイトでの動画の紹介にも適している。日本サイトがないこともあって、Youtubeに比べればアクセス数は下がるようだが、きれいな映像だけ見たいという人は、こちらのほうが向いているかもしれない。

Buenos Aires – Inception Park from Black Sheep Films on Vimeo.

太陽観測データを受信/Parker Solar Probe

今年4月に、太陽への大接近を果たしたParker Solar Probeから、想定を大幅に上回る量の観測データが送られているらしい。アメリカの太陽観測船Parker Solar Probeは過去2回、太陽に最接近しての向こう側へ回り込んで太陽からのさまざまな粒子や電磁波を観測したが、今年5月、それらを地球へ送信するよう指示を出した。その受信が、予想よりうまくいきそうだということらしい。データは7月下旬から8月下旬にかけて受信され、年内に公開される予定だ。
NASAのブログより

Parker Solar Probe 記事一覧→