ハーレム式ジャズ練習法

その昔、ハーレム式ジャズ練習法というのを聞いたことがある。ニューヨークの黒人街ハーレムの子どもたちのジャズ練習法で、楽譜を使わずに何人かそれぞれ自分の楽器を持ち寄って、まずブルースコードの根音だけ一緒に鳴らす。Cのコードなら「ド」、Gなら「ソ」という具合だ。「ドー、ドー、ドー、ファー、ファー、ドー、ドー...」とやってると、そのうちハーモニーを試したり、おかずを入れたくなって、だんだんセッション風になっていく。そうやって、拙いなりに音のせめぎあいを経験し、コードやブルースフィーリングを身につけていく。楽譜も理論もなしだが、多分いちばん手っ取り早くジャズの基本を体得する方法だ。


ただし現在はyoutubeで「play along」と検索すると、メロディなしの伴奏部の音源がいくつも見つかる。ブルースだけでも12の調それぞれのメジャーとマイナー、スローなものからアップテンポなものまで、網羅されている。良い時代になったものだと思う。

Love Me Tender

George  R.Plouton(1828-1867)作曲の古いアメリカ民謡に、エルヴィス・プレスリーが歌詞をつけて大ヒット。ポピュラーミュージックの定番になった。動画は敬意を表してプレスリーのライブを選んでみた。あまり聞いてなかった人だったので、こんなに深い声だったんだなと改めて思う。(とはいえ、他のことに忙しくて、ほとんど歌ってないんだけど)ともあれスターというのはすごいものだなと、つくづく感心する。

ハリウッドの黒人枠

若い頃にあれほど観ていた映画や海外ドラマを、しばらく観ないできたが、最近はレンタルが借りやすくなったり、ネットで動画配信サービスがあったりで、また観るようになった。古巣に帰ったような懐かしさと、もの珍しさで大いに楽しんだが、しばらくすると違和感を感じるようになった。登場する黒人の描かれ方のせいである。

  • どの作品にも、黒人が登場する。
  • ほとんどの場合善玉で主人公の味方。
  • 知能や学歴が高く、博識、モラルが高い。
  • 主人公の上司や学者、弁護士など、社会的に高い地位にいる。

など、一作だけ観れば何の問題もないのだが、観る作品、観る作品、このパターンなのだ。一旦そういう目で観ると、別に黒人である必要のない役だったり、そこまで豪勢な人物設定をつけなくても良い役だったりする。反差別クレームを恐れてのキャスティングらしい。多分、反響の大きい人気作品ほど、黒人枠に配慮しなくてはならないのだろう。こちらもそういう厳選作品だけを選んで観るので、特に黒人枠が気になってしまう。

こういう黒人枠は、いわば免罪符的な配役だけに、”愛嬌”がないのだ。登場した瞬間に、こいつは悪の張本人じゃないと読めてしまう。そして案の定、優秀な分融通が効かず、自由な主人公に高圧的だったりするが、最後は身を挺して主人公を助け、感動的な言葉を残して死ぬ、というパターンになる。いくじがないくせに大げさに騒いで主人公の足を引っ張るとか、はした金で裏切るとか、話を面白くしてくれない。

黒人だけでなく、女性の配役にも同じような傾向を感じる。金髪でキャーキャー騒ぐだけのお色気要員など、絶対に登場しない。だいたい知的で勇気があり、男性と対等に仕事をこなすという、スペックは高いが薄っぺらな人物ばかりになった。演技と現実の区別できない人が増えたのだろうか。
マリリン・モンローは、とてつもなく知能指数が高かったから、あのお色気ムンムンの頭カラッポ女を演じられた。仕方がないのかも知れないが、はじめに「枠」ありきだと、連続猟奇殺人犯や圧倒的な暴力キャラなど、俳優としてやりがいのある役を黒人が演じられなくなってしまうような気がする。

アルツハイマー病、治療薬は3年以内、ワクチンは10年以内に実用化の見込み

昨日はエイプリルフール。今日、2日早々に新しい記事をアップしないと、いつまでもおふざけ記事がトップになってしまう。

さて、昨日はさまざまなサイトがジョーク記事で飾られた。日曜だったこともあり、それらを楽しく見て回ったが、NEWSWEEK日本版に、衝撃的な記事があった。

アルツハイマー病、治療薬は3年以内、ワクチンは10年以内に実用化の見込み

エイプリルフールとはいえ、まさか天下のNEWSWEEKがジョークではないと思うが、ちょっと信じられない気もする。要するに自分は「間に合った」と思ってもいいのだろうか?一般的に新薬は開発から認可まで時間がかかるらしいが、間違いなくこれは認可が早いだろう。なぜならご高齢の政治家がせっつくからだ。
かつてバイアグラがそうだった。心臓病の権威に依頼して特急でデータをとりまとめさせ、待ち構えていたお役所が、電光石火の早業で認可した。これで多くのご高齢の政治家先生が「間に合った」ものと思われる。もっともそういう熱意に満ちた方々には、デンプンを固めた偽薬でも「効いた」とは思うが。

もっともらしいが、これはウソ広告らしい

実写版「おばけのQ太郎」

最近映画館に行くと、邦画が多いのに気がつくが、その多くはライトノベルや漫画、アニメの実写化作品だ。ストーリーやキャラクターはもちろん、背景や音響までマンガ家やアニメスタジオが作り上げたものに、人気アイドルをキャスティングするだけだから、リスクも少なく作り放題なのだろう。そんなファンを馬鹿にしたようなやり方が日本の映画界にとって良いわけもなく、私は努めて見ないようにしている。多少評価の高いものがあっても見ない。彼らの頭を冷やすには興行成績以外にないので、中途半端に好調だと間違ったメッセージを伝えてしまうかもしれないからだ。

そんな中、しばらく前から映画ファンの間で「オバQはすごいらしい」という声が上がっていた。まさかのオバQ、それも実写化である。マンガの実写化もネタがつきたかと思うような企画だ。間違っても行かない、小さな子どもにこそ安直すぎて見せたくない。そんな気持ちだったが、半ばイヤイヤ知人のお付き合いで行った試写会で心をうばわれた。

もちろんオバQはCGだ。だが、ごまかし技術としてではなく新しいキャラクター創造のための技術として生かされていて、「ああ、マンガってこうだよね」という存在感に満ちている。トイ・ストーリー等のピクサー/ディズニー作品のキャラクターにも劣らない存在感だが、あの昭和の懐かしい空気を再現した実写部分との融合具合は、彼らを超えたと言ってもいいだろう。

そして、ここに書くわけにはいかないが、我々はその驚くべきストーリーの中で、少年時代に失ってしまった「正義」や「勇気」と再会する。久しぶりの、エンドロールまで誰も立ち上がらない映画。男にも涙をぬぐう時間が必要なのだ。

 

 

 

今日はエイプリルフールです。