新型コロナ緊急事態を全面解除

先程、新型コロナ緊急事態が全面解除になった。2020年は長いと言った人がいるが、まったくそのとおりだ。

すでに21日に解除された関西は、その前から発生数が少なかったため先行して解除されたのは当然だったが、残った関東と北海道は、とりわけ神奈川と北海道がここ数日むしろ増加傾向だったので、25日の解除は内心あきらめていた。自分が責任者だったら、当初予告の通り5月いっぱいまで引っ張ったかもしれない。北海道だけが残って、ヘイトを食らったらいやだな、などと考えていたくらいだ。
だから専門家会議の判断を信じ、現場で治療にあたってる関係者を信頼してはいるものの、全然安心感がない。せめてもうちょっとマスクはしていようかと思ってる。

世界に目を向ければ、不安はさらにつのる。ヨーロッパ各国は日本とはケタ違いの被害を被っているが、それらの国々の医療が、日本とケタ違いに劣っているとは思えない。感染力が強いと言われるヨーロッパ型が、日本にまだ上陸してないだけかもしれない。また、ブラジルなど南半球で感染者が増えているのも、コロナが冬に流行しやすいのかもしれず、日本も次の秋冬にぶり返さないとも限らない。子供の頃は世界がひとつになったら平和になると思っていたが、実は世界はとっくの昔にひとつになっていて、ウィルスの前では、政治体制のちがいもへったくれもないということを痛感した。

実は自粛期間中にドイツにあるものを注文したが、船が止まり、荷物は向こうに戻されてしまった。自分でさえそうなのだから、世界中でどれほど大規模で深刻な停滞が起こっているのだろうかと思う。とにかく、今、世界はコロナの真っ只中だ。

李子柒 / 小麦

今回の李子柒は小麦。

ありふれた素材からどこまでバリエーションを作るかはこの動画シリーズの見せ場だが、さっそく麦わら帽子が来た。おなじみの唐竿(からさお)で叩いて落ちてこない未熟な穂は家畜に与える。収穫した小麦は発芽させて生のままきざんでおかゆと混ぜ、一晩置いてデンプンを糖分に変え、それを濾して煮詰めて麦芽糖にする。さらに砂糖や氷砂糖を混ぜてべっこうあめと、空気を入れながら伸ばして引き飴を作る。

我々のよく知る小麦粉を使うのはこの後だが、すぐ麺や餃子にはならない。小麦粉団子を水中で練ってデンプンを流し出してグルテンを作る。いわゆるトリモチの作り方だが、これを蒸せば生麩、オーブンで焼けば焼き麩になる。デンプンのほうは沈殿させて蒸し上げてクズキリ状のものを作る。この上にタレと生麩を乗せて一品が完成。小麦粉をわざわざ麩とクズキリに分けてから、また合わせて食べるのは不思議な感じだが、中国では珍しいものではないそうだ。
さらに小麦粉生地を揚げてシロップを吸わせて麻花児(マーホアル)、オーブンで焼いて焼餅(シャオピン)を作る。

最後はようやくおなじみの麺と肉まん。包子の蒸し上がり具合を見ると、粉は中力粉ではないかと思う。ちなみに強力粉を使うとコンビニの肉まんのようにフカフカになるが、味のないタンパク質が多いので味は劣る。家庭で作ってその場で食べるなら、デンプンが多くて味の良い薄力粉のほうがいい。また、中国人に肉まんをごちそうになると、動画のように肉を詰められるだけ詰めて作るが、大抵の日本人は皮が美味しいと言う。中国人からすると、貧相で客に出せないような皮の厚い肉まんが、日本人の好みだ。
麺は小麦の芽で緑色に染め、トマトソースで煮込む。まるでイタリア料理だが、違うのは麺の硬さ。医食同源の中国人は、アルデンテは「消化に悪い」と一蹴するらしい。

ドナ・リー

アメリカで猛威を奮ったコロナウィルスは、いろいろなジャンルの著名人もその犠牲になっている。ジャズのアルトサックス・プレイヤー、リー・コニッツもその一人だと知った。ジャズ喫茶でかかる曲の定番で、良い意味で白人らしさのあるプレイヤーという印象だった。ご冥福を祈りたい。

リー・コニッツは多くの作品も残しているが、パブリック・ドメインになるのはあと50年(法改正したから70年?)後なので、本人の演奏を選んで見た。

ドナ・リーはチャーリー・パーカー(1920-1955)の作曲。ということになっているが、レコーディングに参加したマイルス・デイビス(1925-1991)が、自伝の中で自分の曲だが、そのままにしたと語っている。マイルスがOKだと言うのだから、これはパブリック・ドメインである。

作品一覧へはこちらから
error: