災害時の安否確認とSNS

昨年の北海道胆振東部地震の際、道内で唯一北広島市だけ、全市で電話回線が不通になり、消防などの緊急番号も使えなくなった、ということを先日知った。電話機は本来電力会社からの電気を必要とせず、電話線から必要な電力を得ているが、想定外の通話の集中でその電力を送っていた電話局の蓄電池がパンクしたそうだ。厚真発電所のダウンも想定外、これも想定外ということで、北海道全体のインフラの底力が失われているのではないかと心配になってくる。金がないのかもしれないが。

上の図は、物流システムの基本概念を電話に置き換えたものだ。m人の人がn箇所へ一斉に電話をかけたら、地域の電話局の負担は、左図の赤線で示したようにmxnになる。これに対して、twitterやfacebookなど、SNSで安否確認を行えば、地域の電話局の負担はm+nで済む。これは東日本大震災でも言われたことだ。
物流についていえば、その昔は、「生産者直送で中間コストを削減したのでお買い得!」などというウソがまかり通っていたが、実際には上記の図のように、卸や配送センターで物流コストを下げたところだけが価格競争力を持って生き残ってきた。SNSでは、ネットワーク全体ではなく、上の図のどこかで見たことのある家からの通話分だけを考えれば良くなる。

とはいえ、北広島市で通話が集中したのは、高齢化によるところが大きい。遠隔地に暮らす高齢者は、災害時にもっとも心配な人たちだが、おじいちゃん、おばあちゃんがさっそうとスマホを取り出し、LINEで安否確認をする、という場面は想像しにくい。
そこでSKYPEなどの音声グループ会話ならどうだろう。基本は会話なので、高齢者にもまだ敷居が低いような気がする。映像チャット機能もあって、遠隔地の孫といつでも顔を見て話ができるのだから、日頃から使い方を覚えるのではないだろうか。緊急時にかかってきた電話は、強制的にこの音声グループにまわしてしまえばいい。次々に親戚、知り合いなどが音声チャットに刺さりこんでくれば、賑々しくてかえって高齢者も安心だろう。
いずれにせよ、われわれは行政などのインフラ整備に文句をつけるだけでなく、自然に対するのと同じように、インフラ環境にも優しい暮らし方をすべきなのかもしれない。

Youtubeサムネイル・ギャラリー

Youtubeのサムネイルには、グラフィック・デザインの新しいスタイルとしての面白さがあると思う。動画の1コマをそのままサムネイルにしているものもあるが、小さなスペースの中に、スマホでも内容が判別できるよう細かすぎない範囲で、動画の雰囲気を印象づけるための工夫をこらしたものも多い。そこで、目についたものをいくつかピックアップしてみた。ジャズばかりになったが、これは私の趣味もあるが、他のジャンルよりもサムネイルのデザイン性が高いような気がする。
また、動画のサムネイルなので、一応本編の動画にリンクさせてある。気に入ったものがあればそちらも楽しんで欲しい。

北海道胆振中東部でまた地震!

北海道胆振中等部で最大震度6弱の地震発生。7だった前回よりは小さいが、停電だけは勘弁してくれ!

気象庁地震情報
気象庁推計震度分布図
北海道電力-停電情報

震源は、厚真火力発電所の北東の山中、前回の震源からやや北に行った場所らしい。
地震発生から1時間以上経ったが、停電の兆候はなし。ヘリコプターが飛んでいるが、ドクターヘリじゃなければいいが。

きれいな検索窓

近年、検索エンジンで検索すると、行き先アドレスがやたらと長い。例えば検索結果のページのアドレスは本来、
(検索エンジンサイトURL)search?q=(検索した語)
程度の長さで良いはずなのに、その後ろに、何倍もありそうな文字がずらりと並ぶ。多分、私の情報をくっつけた形でサーバーに引き渡しているのだろう。追跡というやつである。それがどうも気に入らないので、必要以外の汚れた部分をぶったぎって検索する自家製検索窓を、サイトのメニューの下に設置してみた。検索結果を見比べても、それまでのものと同じ結果を返してくるところを見ると、やはり直接検索に関係のない情報が送られていたのだろう。我ながらちょっとしたレジスタンス気分である。

が、同じことを考える人はいると見えて、追跡されずにGoogleを使うための検索サイトを作った人がいた。
https://www.startpage.com
私もブラウザを立ち上げた時に表示されるページを、ここに設定した。近い将来、検索エンジンに情報を残してないことが、別荘と個人ビーチを持ってるのと同じような贅沢になるのではないかと踏んでいる。

なお、個人情報の収集や追跡をしないことを宣言しているのが「duck duck go」だ。ただし、既存の検索エンジンからすれば、なんとしても潰したいだろうから、ひと騒動あるかもしれない。また、さすがにGoogleに比べると検索能力が劣るが、反骨精神に富んだ人にはうってつけだ。

楽器を始める適齢期

楽器は子供時代から習わせないと身につかない、という意見を聞く。確かにクラシックの巨匠たちはみんなそうだろうが、一方で、無理に習わせられて楽器嫌になった者も多い。巨匠の数と楽器嫌いを比べれば、楽器嫌いのほうが圧倒的に多いだろうから、子供時代から習わせるのは科学的に間違いということになる。そもそも楽器は楽しみのためのもので、忍耐力養成器ではない。

では10代はどうだろう。この時期に楽器を持つ人は多いし、ポピュラー音楽の大スターでも、この時期にスタートした人は多いだろう。が、必ず周囲に自分より上手いのがいる上、さほど「モテる」わけではないと気がついて、なお練習を続けられる者は少ないだろう。「そんなことをしてる暇があったら、勉強しなさい」という親の意見は、おおよそ正しい。

20代、30代は、仕事が面白くなってくる一方、パートナーとめぐりあう時期である。学校だけではわからなかった本当の勉強を身につけるのも、この時期だ。それまで楽器をやってた人でさえ、疎遠になるのが普通だ。聞くことはあっても、とても練習どころじゃない。

40代、50代は、家族、地域社会、職場、日本経済など、あらゆるものに対する責任を果たす時期だ。遊んでいてもらっては、誰かが必ず困ったことになる。ただし、楽器を買うだけなら大賛成だ。楽器を好きな人にとっては、眺めているだけ、磨いているだけでも、他には代えがたい喜びが湧き上がってくるはずだ。いつかは練習に打ち込める日が来ることを夢に見て、過酷な日々を乗り越えられるのなら、安いものである。

そして、60代。結論から言うと、楽器を始める適齢期である。リタイアした人もそうだが、現役の人だって、若い頃のような無我夢中で仕事に打ち込んでるわけじゃない。そんな歳になってまで、毎日死に物狂いというようでは、職場や顧客が不安でしょうがないだろう。
一方、若い頃と違って、血迷ってスター街道を夢見てしまうことがない。武道館だのオペラ座など、頭にかすめさえしない無心の境地で練習に打ち込める。さらに音楽に無縁の仕事人生であっても、打ち合わせの喫茶店のBGM、TVドラマその他諸々で、ありとあらゆる音楽を聞いている。その膨大な音楽体験は、幼児や10代とは比べ物にならない。しかも、様々な困難をくぐり抜けてきた経験に比べれば、楽器の練習はずっと楽で、予想よりずっと早く成果が出るはずだ。何より、車やマイホーム、子供の教育費に比べれば、桁違いに安い。幸せには代償が必要だと知り抜いてる身には、申し訳ないくらいの少額で、幸福感と高揚感を得るだろう。