ポストコロナ時代の店舗ソリューション

コロナ事態が起こって、スーパーなどではそれまでむき出しで陳列していた食品を、一斉にラッピングした。今までの考え方なら、より衛生的になったと言えるかもしれないが、コロナに関してはちょっと違うようだ。
コロナウィルスが、どんな材質の表面でどれだけ生存していられるか調べた結果、紙の上では3時間で消滅したが、プラスチックやステンレスの表面では、7日間も生存していたそうだ。また、一般的に生物の表面には常在細菌がいるので、外部から付着した病原菌が生存しにくい。となると、例えばリンゴを感染者が手にとってまた棚に戻した場合、ラップしないほうがマシだったということになるかもしれない。ステンレスのドアノブに触れたり、自動ドアのスイッチに触れて、密閉された空間に入ること自体、路上などよりリスクが高いのは言うまでもないだろう。

そこでポストコロナ時代の最新型青果売り場を考えてみた。まず、店は道路に面していて、シャッターを開けると、間口いっぱい開放される。正面はドアや壁が一切なく通気性は抜群だ。商品はパックされずに陳列台にむき出しで並べてあり、客は直接商品に触れずに、店員に声をかけて欲しい物を指差すだけ。包装もラップやプラスチックトレイではなく再生紙や紙袋にする。いっそ新聞紙でもいいかもしれない。また、紙幣や貨幣からの感染リスクを完全になくすのは難しいが、これもすぐにレジにしまい込まず、いったん天井から吊るしたカゴ状の入れ物に入れて、できるかぎり外気と紫外線にあてるようにする。釣り銭もここから取り出して渡すのだ。
さらに釣り銭を渡すときには、例えば20円なら20万円、150円なら150万円というように、あえて1万倍にした額を言えば万全だ。コロナ事態が続いて経済が破綻し、超インフレ社会にならなくてよかったと、常連客とともに確かめ合うためである。

今まで誰も見たことのない異様な販売スタイルではあるが、私はなぜかこのやり方が、けっこう自然に受け入れられるような気がする。

ヤオックス、それはポストコロナ時代のグリーン・グロッサーに贈る、
総合衛生管理ソリューションです。

ドライブインシアターで経済再生はいかが

車に乗ったまま、駐車場から屋外の映画を鑑賞する、ドライブインシアター。昔はアメリカ映画の、画面そこのけでカップルがいちゃつく場面によく登場していた。若い頃はこのドライブインシアターがちょっとしたあこがれで、いつか行ってみたいと思っていた。狭いフロントウインドからうまくのぞけるのか、前に大きな車が来たらどうするんだとか、よく考えると快適な鑑賞環境とは言えなさそうだが、たぶん、いちゃいちゃのほうに気を取られていたのだと思う。青春である。

屋外で、それぞれが隔離した車内とくれば、非常事態宣言下でもソーシャルディスタンスは十分。ご町内を歩くより安全かもしれないくらいだ。どこかでやってないか調べたら、WIKIによればかつては全国に20箇所もあり、地元にも一軒あったようなのだが、2010年を最後にすべて閉鎖されたという。

ところが全国でたった一軒、ドライブインシアター阿蘇だけが営業していた。しかも2018年にオープンしたばかりである。なんという嗅覚。調べてみると、2016年の熊本地震で大きな被害を受けた熊本県西原村の復興プロジェクトである「Noroshi西原」が、古民家再生などと一緒に立ち上げた事業らしい。マーケターのギャンブルではなく、地に足のついた事業だった。これを機に、注目が集まればいいと思う。
コロナウィルスは、終息後も経済に大きな傷跡を残すらしい。これからは一億総復興時代であり、ドライブインシアター阿蘇はその先達者と言えるかもしれない。お近くの方は、若き日の私に代わって、いちゃついて復興の息吹を感じてきてほしい。

李子柒 / えんどう豆

今回の李子柒はえんどう豆。

まず種を播いて出てきた芽を、昔ながらの「豆苗」として食べる。現在スーパーで売られているモヤシ状のものではなく、普通に畑で育ったもので、昔はけっこう高級食材だった。続いてきぬさやとグリーンピース。そして黄色く成熟したえんどう豆は、発芽させて日本でもおなじみのモヤシ状の「豆苗」にした。

そこからがちょっと変わっていて、戻した豆を豆乳状に粉砕して布で濾し、布に残ったものを煮詰めて羊羹状の物を作った。大豆なら豆乳に当たる水は、そのままデンプンを沈殿させてわらび餅状のものを作った。
動画を見て、自分が、黄色く成熟したえんどう豆をあまり見たことがないのに気がついた。食べた記憶もない。ネット上のえんどう豆のレシピも、グリーンピースばかりだ。なぜだろう。それとも、誰でも知ってる「アレ」を忘れてるだけだろうか。

error: