2016

今年は大変な年だった.昔から申年は騒がしい年と言われ,大きな出来事が起こると言われている.個人的には,親族や知人,それも親しい人間が次々亡くなった.北海道は天候不順で,農作物に多大な影響が出た。おそらく今も日本中の野菜の値段に影響が残っているだろう.また,漁業も良くなかったという.
良いことでは,北海道日本ハムファイターズが10年ぶりの日本一の栄冠を勝ち取った.とはいえこれも,日本中の他の11球団のファンにとっては,悪夢かもしれない.

ちなみにこの記事は11月8日に書いて,大晦日に公開されるよう予約投稿したものだ.博多駅前に大穴があいたと思ったら,アメリカではトランプ氏が大統領選挙に勝利し,びっくり続きである.いろいろ評判の人物だが,しょせんは他国の指導者だから,日本にとって必ずしも悪いことが起こるとは限らないとは思う.が,これこそ申年の騒動の仕納め,世界規模の悪夢の始まりかもしれない.いやいや,仕納めどころか,年末までまだ日数があるから,この後にさらにすごいことが待ち受けているかも知れない.一体自分は,どんな気持ちで大晦日にこの記事を読み直すことになるのだろう.

来年は良い年でありますよう,お祈り申し上げます.

平成28年 大晦日 OLDBADBOY

次回は元日スペシャル(元旦投稿につき、題未定)
乞うご期待!!

 

餅つきの話

ネットに,この季節ならではの餅つきの記事があった.ある会社に,近所の老人会から,餅つきをしたいので若い人を貸してほしいという申し出があった.餅つきの手伝いだろうと,何人か行ってみると,餅をつくのは老人たちで,若い人は食べる役だったそうだ.餅つきをやりたいのだがたくさんできてしまっても困るし,喉につまらせるのも怖いということらしい.元気な高齢者がたくさんいる現代らしい話だ.反対に若年層が減ってくると,若さや食欲だけでも貴重な能力になる,ということか.

ちなみに餅を喉に詰まらせるのを他人事だと思ってはいけない.私には部分入れ歯があって,以前餅を食べている最中に口の中でくっついてはずれた.それだけならいいのだが,急に喉がそれらをひとまとめに飲み下そうと,奥に送り込みはじめたのだ.口から出せばいいだけのことなのだが,本人の意志とは関係のない本能的な動作がすぐには止まらず,吐き出すこともできなかった.餅を喉につまらせて死ぬとはこういうことかと,実感した.それからは割と小さく切って口に入れている.
食べ物を噛んで喉に送り込む動作は,長い年月の間に,無意識の流れ作業になっているらしい.熟練工が複雑な手作業を無意識にできるのと同じように.しかも,米の場合,蕎麦の場合,餅の場合というように段取りを替えながら,絶妙のタイミングで喉までの流れ作業をしているような気がする.私の場合は部分入れ歯がきっかけだったが,それがなくてもこの手順が乱れて,飲んではいけないタイミングで喉に送り込もうとすることは有り得ると思う.正直言うと,餅を小さくちぎって食べるのは,少々物悲しい気分になる.でも,私もそうだったが,餅は喉越しで味わうなどと言ってる人は,そういうのは考え直したほうが身のためかもしれない.

さて,件の老人会は,食べなくても餅の醍醐味を堪能するという,実に頭のいい人たちだ.おそらく来年からは屈強な男性だけでなく,女子社員も混じってくるだろう.一石三鳥みたいなものだ.年寄りの知恵とはこうでなくてはと思う.

中国人観光客、新千歳空港で大暴れ

大雪で欠航した新千歳空港で,中国人観光客100人が大暴れした.50年に一度の豪雪というどうしようもできないことでこれなら,100年に一度だったら黄巾賊の乱でも起こすのかと思ったが,それよりも何よりも,移民や難民受け入れというのは無理だなあと感じた.

ネットでは,これだから中国人はという文字が踊っているが,中国人かどうかは問題ではない.また今回は観光客だからそのうち帰国する.中国も観光客のモラル向上のために,事前教育をしていると言うから,こんな動画が広まってるとわかれば,指導が厳しくなるかもしれない.だから今回の問題自体は,国をまるごと非難するほどの出来事ではない.地元民の我々だって音を上げそうなのだから,おかしくなる気持ちはわかる.それが大暴れにまでなったのは,仲間が100人いたからだ.

だから,国内に暮らしていて.背後に同族のコミュニティがあれば,こんな騒動がそのまま暴動になっていく.例えば今国内では,「火葬にすると死後地獄の業火に焼かれる」と信じる外国人が,勝手に山中に土葬する問題が起きているが,これを正式な手続きを踏んで掘り出して火葬し,埋葬し直したら,彼らのコミュニティから暴動が起きるかもしれない.難民キャンプでさえ,死後まで地獄の業火に焼かれはしなかった,と思うかも知れない.

人口問題のために移民を,人道的に難民を受け入れなければならないかなあと思わないでもなかったが,ヨーロッパ等の先輩国でも,結局うまくやれなかった.逆に言えば、自前の風習や宗教よりも日本の法律や道徳を優先し,万が一問題を起こしたなら,送り出し国が責任を持って引き取るというルールさえ守られるなら,これまでだって外国人を受け入れてきた.これは他の国でも同じだろう.日本のルールだってそんなに悪いものじゃないし,我々は何千年も慣れ親しんでいるし,受け入れた外国人だって多いのだから,移民や難民にも,来るなら覚悟を持ってほしい.その辺がちょっと通用しないかもしれない人たちが,まとまって来るかもしれないけど,なんとかうまくやってというなら,それは自分には無理だなあと思う.

幻の新商品

私のCG歴は長い.コンピュータ・グラフィクスの黎明期に,図形処理情報センターの「図形と画像」誌を読み,寄稿していたといえば,分かる人にはどれだけ古いかわかるだろう.まさに生きた化石である.後で知ったことだが,当時持っていたシステムは静止画で世界最高水準を誇るものだった.他に持ってるところがなかったので,それを使ってロゴやマークをCG化しただけで,ポスターでもパンフでも,プレゼンでは敵なし状態.しかも,どれも法外な値段をつけていたことは良い思い出である.

wall chessよく作ったのはパースだったが,新製品のアイデアスケッチや完成予想図も多かった.また,いつか一発当ててやろうと,自分なりの商品アイデアも形にした.依頼されて描いたものは公開できないが,これは自分で考えた「壁掛けチェス」である.テーブルに置くのではなく,壁に掛けてそのままゲームができる.マホガニーとツゲなど,色の違う銘木で駒を作り,自然石のチェッカー模様を背後に置いて,ガラスかアクリルの枠で仕切る.
対戦用というよりインテリア用だ.喫茶店などで,テーブル上はコーヒーなどを置いたまま,壁の盤で対戦していたら絵になるだろうし,まだ誰も考えたことがないだろうと皮算用をしていたら,なんと既製品が存在した.他にもあるとなると,いかにも製造が面倒くさく,コストもかかりそうなので断念した.

shogi chessだが,一発当てることをあきらめたわけではない.最近考えたのがコレ.名付けて「SHOGI CHESS」である.主に海外向けで,見た目は将棋だが,チェスのルールで対戦する.マスも8x8である.欧米で人気だという漢字がポイントで,将棋のメーカーに頼めば,製造上の問題もないように思える.職人さんに怒られなければだが.

さっそくこういうものが他にないか調べてみたが,どうやらないようである.ただし海外では,将棋そのものが「SHOGI CHESS」として紹介されているので、名前は変えないと紛らわしいかもしれない.ただし逆のものはあった.どうもチェスの駒を2セット使って、将棋のルールで対戦するものらしい.
pict1925
次回「2016」(12/31公開予定)
乞うご期待!

 

 

メリー・クランパス!

写真はダークファンタジー映画のワンシーンではなく,実際にドイツでクリスマスに行われる行事のワンカット.クランパスという悪鬼が,悪い子を捕まえに来るという,要は日本のなまはげと同じ行事なのだが,本気すぎる.

ところで,Googleのトップページがクリスマス仕様になっていたので,リンクをたどったら「24日と25日、どちらが本当のクリスマスか」という記事があった.正解はどちらもクリスマスということらしい.そもそも「イブ」は「前の日」という意味ではなく,イブニング=夜.昔の教会暦は日没から日没までを1日としていたので,24日の夜と25日の昼は同じ日だったらしい.