2022札幌雪まつりで原寸大時計台雪像を製作

札幌雪まつり実行委員会は、2022年の開催にあたって、札幌時計台の原寸大雪像を製作すると発表した。

2021年の札幌雪まつりは、50年以上続いてきた大雪像の製作を中止。オンライン等での開催となったが、ワクチン接種による感染沈静化が見込める2022年の開催にあたっては、従来どおりの大雪像公開を行うとともに、これまでにない規模の原寸大の札幌時計台雪像を製作することとなった。札幌時計台はこれまでも何度か大雪像のテーマに取り上げられたが、原寸大の雪像製作は初めての試みである。

従来の方法では重量、耐久力などから、原寸大の時計台を作るのが困難だったが、このたび自衛隊雪像チームのほか北海道大学低温研究所、北海道寒冷地建築研究所などの協力で、内部に空洞を持つ新しい外壁パネル工法を開発。従来の雪像に比べ重量が軽減し、いままでにない大型雪像の製作が可能になった。雪はパネル状になることで溶けやすくなるが、内部からマイナス70度の冷気によって常時冷却される。この冷却装置には、COVID-19ワクチンの輸送に用いられた大量の保冷容器並びに専用の超低温リーファコンテナを転用。ドライアイス充填システムを、外部に向けて使うことで実現した。パンデミックの負の遺産を文化の継承や発展に活かす、画期的な試みとして話題を呼んでいる。

なお本システムの開発により、夏期でも屋外の氷雪像を溶かさずに展示する可能性が生まれた。実行委では、これまで北海道民の夢と呼ばれた「夏の雪まつり」の実現も検討中とのことである。

(4月1日はエイプリルフール)

在宅時代のビジネスソリューション/ブラック上司メーカー

コロナ感染予防のため、在宅勤務に切り替えた企業が増えた一方、在宅での生産性やモチベーションの低下が問題となった。その原因として意外にも
「不快な上司がいないと、仕事をしている気になれない」
ことを上げた人が多かった。特に、不快な上司と接した際の、いつか辞めてやるという気持ちは、仕事のモチベーションになるが、逆に在宅勤務ではこのまま解雇されるのではという不安が募るという。

そこでホワイト・ビジネス・ソリューション株式会社は、在宅勤務中のパソコン画面にランダムに出現し、的はずれな説教や昔話で仕事の邪魔をする「ブラック上司メーカー」を開発した。これは、ユーザーの入力した上司のプロフィールに加え、カウンセラーに寄せられたビッグデータから、AIがリアルで不快な上司を作成するもの。利用者からは
「不愉快だが、自分ががんばらないと会社がだめになることを思い出す」
「無駄にされた時間をどう挽回するか考えるので、仕事が効率化する」
など、好意的な反響が寄せられている。

同社では今後、鼻歌やくしゃみ、加齢臭、整髪料など、五感に訴える上司キャラクターづくりを進めるほか、業務時間内のスマホいじりやふてくされ、学歴自慢、女性上司へのセクハラ発言など、問題行動を起こす「ブラック社員メーカー」を、管理職向けに開発中である。在宅勤務という柔軟なリスクマネジメント手法が求められる現代、「不快」は有望なソリューションのひとつと言えるかもしれない。


4月1日はエイプリルフールです

左利き用和食器セット発売

日本人の12%は左利きと言われており、ハサミからゴルフクラブまで、さまざまな左利き専用製品がある。だが、日常生活に欠かせないものでありながら、なぜかこれまで左利き用製品がなかった和食器に、ようやく専用セットが登場した。

左利きに朗報!専用和食器セット「丹下左膳」

これは京都の老舗食器メーカーが開発したもので、飯茶碗、汁椀、箸、小鉢など、いずれも日本の伝統的な磁器、漆器でできた本格的なセットだ。左利き専用製品はコストがかさむなどから、以前はメーカーもなかなか製造に踏み切れなかったが、近年は家庭でも左利きを矯正しなくなったことなどから、左利き人口が増え、一定の需要が見込めるようになったという。専用食器は使いやすさだけでなく、器の正面を正しく向けることができるという、日本の作法や美意識の面でも優れているという。

実際にこの食器を使った左利きの人からは
「左手と右手は、指の向きなど全然形が違います。なので、右利き食器には同じように見えても、私達にしかわからない微妙な使いにくさがあります。この食器があれば、食事がたのしくなりますね」
と語ってくれた。

メーカーには、すでに左利き用のナイフやフォーク、ディッシュなど、洋食セットの発売を望む声も届いており、技術的な問題が解決し次第、発売の予定だという。我々もこれからは、こちらがお茶碗を持つ手というような決めつけはできない時代になるかもしれない。

error: