ブリッジの調整マニュアル

バイオリンを買って2年と少々。この間、「毎日練習できないなら、ケースを開けて見るだけ、触るだけでもしよう」と決意を固め、それなりに継続して練習してきたのだが、記事に書くような成果がない。やった分だけのことはあると思うのだが、ただの普通の下手くそというだけだし、動画をアップする気もない。そこでネット上のバイオリン情報のいち部を紹介する。

ネット上にバイオリンの情報は非常に多い.寸法を詳細に記した古い図面も多いことから,昔から規格化,工業化された楽器なのだと思う.もちろん機械化ではなく、職人がずらっと並んだ手工業である.有名なストラディバリなども,規格化で品質の安定に成功した,当時の大メーカーだったのだろうと思う.

今回取り上げるのはそんなネット上の資料で,バイオリン類のブリッジの削り方と据え方について詳しく解説したもの.どういう人が書いた,どれくらい価値のあるものかはわからないが,勉強も兼ねて翻訳してみようと思う.が、ここに書いたのはごく一部。まだまだ先は長く、根気は少ない。挫折するだろうなあ。

「プロ品質の楽器への、上質なブリッジの取り付け」By Lars Kirmser
FITTING A FINE BRIDGE TO A PROFESSIONAL QUALITY INSTRUMENT


ブリッジの調整

必要な道具と物

・ベルトサンダー

ブリッジ固定器
参考画像/ブリッジ固定器

・鉋(スタンリー製9.5インチ)
・ヴァイオリンナイフ(5mm、10mm、15mm)
・String Height Projection Sticks (complete set)
・ブリッジのテンプレート(完全セット)
・棒ヤスリ(or equivalent)
・細い金属ヤスリ
・金ヤスリ(中目)
・ブリッジ固定器
・紙やすり
・亜麻仁油(オプション)

タイトボンド
参考画像/タイトボンド

・アンモニア(オプション)
・クッキングシート
・木工用タイトボンド

バイオリン属楽器のブリッジは、独自のグレードのメープル(カエデ材)で作られる。選ばれたカエデ材は、正確に4分の1にカットされ、最終的には、「フレーク(薄片)」として知られる特徴的な形にされる。
バイオリン属のブリッジは楽器の上に乗っているだけで,接着されているわけではない。ブリッジの上に張り渡されている弦の張力で、押さえつけられているだけだ。ブリッジは、振動を弦から楽器の中空の空間に伝える最も重要な経路の一つだ。ブリッジを削って設置する際の精度は、その楽器の音色の性格と品質を大きく左右する。
多くの重要な標準が慎重に注意を払われるべき場所では、多くのプロセスは非常に明確であるが、そのプロセスの中には、楽器製造者が彼自信の「サイン」を、調整したブリッジに刻む自由も含まれる。
ブリッジの調整は、趣味の良さと、すべての技術の標準が首尾よく満たされている限り、修理専門家が自分のサインを作品に刻める数少ない機会だ。


(訳注)
タイトボンドは、木製品に使われるもので,いわゆる木工用ボンドより強力らしい.東急ハンズなどに置いてあり,ネットでも手に入る.が,削って置くだけのブリッジ調整作業の,どこで使うのだろう.

バイオリンと骨伝導

バイオリンを手に入れてすぐの頃、たどたどしい音がさぞかし聞き苦しいだろうと、家の者に聞いてみたことがあるが、逆に、そんな音量でいいのかと言われてしまった。また別の人にバイオリンを始めたことを言うと、あれは演奏者は最高の音が聞こえるらしいね、とも言われた。顎と肩で挟んで演奏するせいで、骨伝導した音を聞くので、実際よりずっとはっきり聞こえるらしい。

弱音器/硬めのゴム製で、ほかにもいろいろな形があるが、ブリッジに取り付けるので、動かしてしまいそうで不安になる。ないほうがいいようなものだろう。

自分にとっては時には耳が痛くなるほどだったのだが、周囲の者に迷惑になるくらいなら、むしろ、それなりにちゃんとした楽器で、そこそこの音を出せてるということらしいのだ。一応弱音器も使ってみて、あまり音量が変わらないのが不思議だったが、その話を聞いてから使わなくなり、精一杯大きな音を出すことにした。

 

バイオリン初心者必見動画

これは面白い!バラエティ番組のつもりで見るだけでも面白いが、バイオリン初心者のための大切な情報が、たっぷり盛り込まれている。もっと前に見たかったが、まだアップされたばかりだからしかたがない


バイオリンの特色や魅力を、さらっとだが実にわかりやすく説明してくれている。


5万円の予算で結局3万円のにしたが、十分なようだ。多分中国製だろうが、最近はそんな値段の楽器がよく出回っている。素人目には高いバイオリンと大きな差はないように思えたが、実際まあまあいけるものらしい。


いい動画だった。かならずしも子ども時代から始めないとならないわけではなく、大人は頭で考えて気をつけていけば、それなりに音を出せるのではないかと思う。葉加瀬太郎氏に習えたこともだが、30代、40台で楽器を手にできたのがラッキーだ。この動画も、けっこう話題になるような気がする。

北朝鮮、ミサイルを発射

28日、北朝鮮は平城市から東に向けてミサイル発射を行い、1000km飛んで日本の排他的経済水域内に落下。飛行時間は50分で、北朝鮮からは過去最高の高度に達したという発表があった。

先日から動きが伝えられていたが、9月以来の発射となった。例によって、飛行ルートを作図して確認してみた。

毛が抜けた!

ビオラの弓の毛が抜けるようになってしまった。最近ケースを開くたびに、1本、2本くらい抜けているのは気がついていたが、まとめて数10本くらい、束になって抜けるようになってしまった。抜けると言っても、止めてある両端のどちらかが外れ、長い毛が片方からだらんと垂れ下がるのだから、情けないことはなはだしい。四谷怪談で毒をもられたお岩さんの髪が、ごっそり櫛にかかって抜ける場面のようだ。残った部分も、毛を光に透かしてみると、なんとなく毛の束に密度が減っている。この状態で鳴らしてみると、思ったほど変わってないが、すこしかするようになった気がする。

バイオリンの弓はセットでついてきたもので、素人目にもちゃちだったので、すぐカーボン製に買い替えた。ビオラもセットものだったのだが、まあまあしっかりしているように見えたので、そのまま使ってきた。限度がきたのだろう。
買い換えなければならないわけだが、毛を換えることはできるらしい。動画もあるし、eBayに馬の毛も売っていて、品質にもよるのだろうが、そんなに高いものではない。新しいのを手に入れるのとは別に、そのうち失敗覚悟でやってみるかもしれない。

ちなみに、弓の毛の素材は馬の尻尾の毛、それも雄のものしか使わない。雌のは構造上、おしっこが引っかかってるからだそうだ。