渾身のチューニング

バイオリンにはファインチューナーという器具がある。弦の末端で、微妙な音程を調律するものだが、入門用にはすべての弦についているのに、多少とも上級なものには、一番高い弦にしかついてない。素人向けの器具というわけではなく、高い弦用の1個だけは、プロもつけている。これなしで調律できないとだめなのだろうと思い、新しいバイオリンは、残り3本にファインチューナーをつけないで調律することにした。

だが、ファインチューナーなしで調律するのは実に大変な作業だ。力任せにぐいぐい回すだけならできるが、微妙な調節の段になると、1度にも満たない角度を回さなくてはならない。木の穴に木の杭を差し込んだだけのものなので、すぐ回しすぎたり足りなかったりする。ゆるく差し込んであると弦の張力で巻き戻ってしまうので、押し込みながら回すのでなおさら回りにくい。同じ調律でもギターは歯車がついているのでずっと楽だ。なぜバイオリンはそういうふうに進化しなかったんだろう。調律の時はどうしても憤怒の表情になってしまうが、プロも同様で、楽器のお尻をお腹に押し当ててよいしょという感じで回している。この作業は小学校低学年には無理だろうと思うが、何歳くらいからできるようになるのだろうか。

ブリッジも自分で立てたが、調律で弦を巻き上げるにつれて引っ張られて前倒しになり、つま先立ちになってしまう。弦の力でがっちり押し付けられているものを、これまた渾身の力で、ほんのちょっとだけ傾きを直してやる。華奢なものなので、ボキッといってしまわないか、ドキドキだ。ブリッジを動かすと、4本の弦すべて調律が狂うので、また調律のやり直し。そうこうするうちに、なんとか音程が合ったころには、指が痛くて演奏する気にならなくなる。バイオリンの演奏家(だったと思う)は、指先のデリケートな感覚を守るため、ちょっとした怪我もしないように手袋をして寝ると聞いたことがあるが、こんな力仕事をしたら手袋もへったくれもないような気がする。

ともあれ新しい楽器は楽しい。前のに比べて大きくて力強い音が出るようになった。まだ堅い感じがするし、第2弦のDの位置で少しかすれるような気がするが、新品だから、これから徐々に調子が上がっていくはずだ。

maggini

先日eBayのオークションで落としたバイオリンが届いた。前のものは8千円の激安だったが、弓や松脂、代えの弦など、必要なものがすべて揃っていた。今回は本体のみで、ブリッジも立ってなかった。独学初心者は困るだろう。流石に新しいほうは音色が良いので、今後激安を手にすることはないかもしれないが、気兼ねなくいろいろなことを試せたのだと思うと、激安セットには感謝の念が沸き起こる。

今回のバイオリンはmagginiという楽器のコピーだそうだ。見てわかるように背面に装飾があり、本体の縁を取り囲むラインも二重だ。そして、比べないとわからないが、f字穴も長いのだそうだ。最初見た時はちょっと邪道な感じがしたが、ストラディバリやガルネリなどの前に作られていた、れっきとしたもののコピーだという。新しいバイオリンを物色してた時に、ほかはどれも同じに見えたが、このタイプだけは外見で区別が付くので比較対照しやすかった、というのが選んだ理由だ。また、そうやって見ているうちに、装飾の違和感が無くなった。

手にしてすぐ気がつくのは「ニスが塗ってあること」だ。激安はプリントだったらしいので、表面は均一だったのだが、今回のはところどころ塗りムラもある。ビオラの時はしばらくの間ニスの匂いがきつかったが、今回はほとんど臭わない。よく枯れた楽器というか、店晒しだったのかもしれない。業者の說明写真は送られた現品を撮したものだった。量産メーカーとしては良心的だろう。が、正直言って写真写りが良すぎる気もする。
ファインチューナーという、微調整のための金具が1個しかついてない。ビオラには残り3本にもぜんぶ取り付けてしまっが、今度はこのままで行こうと思う。3本の調律は、頭の部分に差し込んだペグという木の杭だけで行わなくてはならないが、みんなやってることなので慣れることにした。これでようやく、きちんと習った人のスタートラインと同じである。

また、以前のバイオリンは最初から自分でブリッジを削って、押さえやすいよう弦の位置を下げた。今回は付属のものをそのまま使おうと決めていたが、心配していたほど違和感はなかった。多分指の力がついたのだと思う。

ちなみに梱包の中に送り状が入っていて、送料は30ドルなことがわかった。サイトでは88.99ドルだったので、ボラれはしたが、オークションで低額で落札されるリスクの対策だろう。ご愛嬌だ。

メーカーのサイトにあった写真を拝借したが、とどいたものと木目まで同じだった。実際に売るものを撮影してるらしい。
胴体の周囲を取り巻く線(パフリング)が二重なのと、f字穴が長いのがmagginiの特色だという
magginiは、ヘッドのうずまきが普通のものよりもう一巻き多いのが特色だそうだが、そこは再現されてなかった。

 

eBayオークション体験記

eBayで新しいバイオリンを狙ってみた。狙いはビオラを買ったメーカーの品で、定価販売とオークションを使い分けている。ビオラは定価だったので、今回はオークションである。おかげでネット販売の面白いやりかたに気がついた。バイオリン自体の話はここまで。

今回狙った品は0.99ドルという、超破格値からスタートした。同クラスのものは、これまで繰り返しオークションに出されていて、もちろんこんな価格で落札されたことはない。200~300ドルくらいだ。バイオリンの値段としては安すぎるくらいだが、私には手頃だ。

入札は、現在価格に手動で上乗せするだけでなく、上限価格を設定することもできる。誰かが自分の価格の上を行ったら、自動的に上限の範囲内でそれよりやや高い価格が入札される。オークション終了時間は平日の昼など、付ききりで入札できないことが多いが、最高価格を設定してあればシステム任せにできる。無理のない金額を設定しておけば、熱くなってセリあって、高い買い物をすることもない。

ただし他の入札者が最高価格を設定していれば、短時間で連続して小刻みな入札しあいになり、あっという間にどちらかの上限まで行ってしまう。そこで気になるのが、自作自演だ。業者は原価割れするような価格で落札されてはかなわないから、これ以下では売れない価格を上限に設定した入札者を用意して、本当の入札者をその値までセリ上げさせるに違いない。これがeBayのルール違反かどうかわからないが、もし入札が少なくて、値段が上がらないうちにおとされたら大損をすることだろう。当然の対策だが、露骨にやればユーザーの評価が下がる危険がある。

オークション期間は4日間で、初日は2~3ドルだったが、最終日の終了数分前には、126ドルになっていた。正価が400~500ドルなのでまだまだ安い。そこで135ドルで入札すると、たちまち137ドルが入札され反された。誰かの設定した上限にとどいていない。その後、何度かやりあって225ドルまで入札し続けたが、毎回すぐさま上を取られ、結局227ドルで誰かに落札された。
これは私の負けだが、もし落札したのが業者本人なら、225ドルで買う気のあった客を逃したことになる。また私からすれば、業者に対して225ドルなら買おうと提案したの同じだ。自作自演でなかった場合、ライバル入札者は、私が早く引き下がったので、まあまあの値段で手に入れたことになる。

そのとき落札したのが業者かライバルかわからなかったが、数日後業者から、同等製品をオークションに出したというメールが来た。スタート価格は199.99ドル。前回は8人が43回入札しあったが、今回は最終日になるまで誰も入札していない。これはもう、前回落札者が業者自身で、高く設定しすぎたと思って私を狙って出品してきたのに間違いない。そこで、終了時間が日曜の昼1時だったこともあって、終了3分前に200ドルで入札してみた。するとなんと、他の入札はなくそのまま落札できてしまった。

前回落札者が業者自身だったことを告白したも同然だが、ネット画面を通して私の意図をしっかり受け止めてもいた。また、すぐ同等商品を出してこれたのは、メーカーならではのことだ。入札者には転売組もいるらしく、eBayに、落札商品をそのまま出品するシステムもある。200ドルは同一商品の過去最低落札額だが、業者では私が過去にビオラを正価で買ってることはチェックできたろうから、ご愛顧感謝で、金額の釣り上げをしなかったのかもしれない。また、どの程度の製品なら買う相手かということもわかっていたはずだ。
商売が、既存の商品や市場のままではやっていけない時代になり、ネット販売に期待するところも増えたが、バーチャルな関係だからこそシステムを使いこなし、時代に合ったやり方で顧客のニーズをしっかり汲み上げられるところが強いと思う。

ブリッジの調整マニュアル

バイオリンを買って2年と少々。この間、「毎日練習できないなら、ケースを開けて見るだけ、触るだけでもしよう」と決意を固め、それなりに継続して練習してきたのだが、記事に書くような成果がない。やった分だけのことはあると思うのだが、ただの普通の下手くそというだけだし、動画をアップする気もない。そこでネット上のバイオリン情報のいち部を紹介する。

ネット上にバイオリンの情報は非常に多い.寸法を詳細に記した古い図面も多いことから,昔から規格化,工業化された楽器なのだと思う.もちろん機械化ではなく、職人がずらっと並んだ手工業である.有名なストラディバリなども,規格化で品質の安定に成功した,当時の大メーカーだったのだろうと思う.

今回取り上げるのはそんなネット上の資料で,バイオリン類のブリッジの削り方と据え方について詳しく解説したもの.どういう人が書いた,どれくらい価値のあるものかはわからないが,勉強も兼ねて翻訳してみようと思う.が、ここに書いたのはごく一部。まだまだ先は長く、根気は少ない。挫折するだろうなあ。

「プロ品質の楽器への、上質なブリッジの取り付け」By Lars Kirmser
FITTING A FINE BRIDGE TO A PROFESSIONAL QUALITY INSTRUMENT


ブリッジの調整

必要な道具と物

・ベルトサンダー

ブリッジ固定器
参考画像/ブリッジ固定器

・鉋(スタンリー製9.5インチ)
・ヴァイオリンナイフ(5mm、10mm、15mm)
・String Height Projection Sticks (complete set)
・ブリッジのテンプレート(完全セット)
・棒ヤスリ(or equivalent)
・細い金属ヤスリ
・金ヤスリ(中目)
・ブリッジ固定器
・紙やすり
・亜麻仁油(オプション)

タイトボンド
参考画像/タイトボンド

・アンモニア(オプション)
・クッキングシート
・木工用タイトボンド

バイオリン属楽器のブリッジは、独自のグレードのメープル(カエデ材)で作られる。選ばれたカエデ材は、正確に4分の1にカットされ、最終的には、「フレーク(薄片)」として知られる特徴的な形にされる。
バイオリン属のブリッジは楽器の上に乗っているだけで,接着されているわけではない。ブリッジの上に張り渡されている弦の張力で、押さえつけられているだけだ。ブリッジは、振動を弦から楽器の中空の空間に伝える最も重要な経路の一つだ。ブリッジを削って設置する際の精度は、その楽器の音色の性格と品質を大きく左右する。
多くの重要な標準が慎重に注意を払われるべき場所では、多くのプロセスは非常に明確であるが、そのプロセスの中には、楽器製造者が彼自信の「サイン」を、調整したブリッジに刻む自由も含まれる。
ブリッジの調整は、趣味の良さと、すべての技術の標準が首尾よく満たされている限り、修理専門家が自分のサインを作品に刻める数少ない機会だ。


(訳注)
タイトボンドは、木製品に使われるもので,いわゆる木工用ボンドより強力らしい.東急ハンズなどに置いてあり,ネットでも手に入る.が,削って置くだけのブリッジ調整作業の,どこで使うのだろう.

バイオリンと骨伝導

バイオリンを手に入れてすぐの頃、たどたどしい音がさぞかし聞き苦しいだろうと、家の者に聞いてみたことがあるが、逆に、そんな音量でいいのかと言われてしまった。また別の人にバイオリンを始めたことを言うと、あれは演奏者は最高の音が聞こえるらしいね、とも言われた。顎と肩で挟んで演奏するせいで、骨伝導した音を聞くので、実際よりずっとはっきり聞こえるらしい。

弱音器/硬めのゴム製で、ほかにもいろいろな形があるが、ブリッジに取り付けるので、動かしてしまいそうで不安になる。ないほうがいいようなものだろう。

自分にとっては時には耳が痛くなるほどだったのだが、周囲の者に迷惑になるくらいなら、むしろ、それなりにちゃんとした楽器で、そこそこの音を出せてるということらしいのだ。一応弱音器も使ってみて、あまり音量が変わらないのが不思議だったが、その話を聞いてから使わなくなり、精一杯大きな音を出すことにした。