宇宙開発と国際政治

以前から宿題だった「宇宙開発と国際政治/鈴木一人著」を読んだ。我々世代は、宇宙開発の歴史とともに育った世代だが、その歩みを国際政治から見ると違った面が見えてきて面白かった。

ソ連のスプートニク衛星の打ち上げ成功の少し前、米ソは大陸間弾道ミサイルの開発に力を注いでいた。ソ連の科学者チームは、ミサイルを打ち上げても大気圏再突入後にコントロールできず、狙った場所に当てられないという問題を抱えていた。そこで、せめてもの実績づくりとして人工衛星を打ち上げたのだが、アメリカはこれに衝撃を受けた。
国際社会も同様で、ソ連を宇宙時代の盟主と考えた中東やアフリカ諸国が、続々と東側陣営に参加した。宇宙開発が、軍事目的よりはるかに大きな意味を持ってしまったのである。

また、人工衛星の大きな目的のひとつは敵国の監視だが、ソ連は軍人が乗り込んで直接撮影することにこだわった。それがガガーリンの宇宙飛行の意味だったのだが、アメリカはさらなる衝撃を受けた。ソ連は、研究チームの点数稼ぎのための衛星打ち上げがそれほどまでにアメリカに衝撃を与えてしまったことに、逆に衝撃を受けた。アメリカは、当初の軍事目的から離れ、アポロ月面着陸計画を発表しなければならなくなった。

アポロ計画が成功すると、徐々に宇宙開発の予算が削られていき、NASAはアポロをあきらめて、使いまわしできてお得なスペース・シャトル計画を発表した。実際のスペースシャトルのコスパが良かったわけではなかったので、これも中止になり、国際宇宙ステーションを各国と共同利用したり、そこへの往復を他国のロケットに依頼するなど、宇宙開発は低コストな計画だけが残った。

一方、ヨーロッパの宇宙開発は、先行する米ソとは違って最初から国同士の共同事業として始まった。そしてアメリカ等が門外不出にしていた衛星写真を、自前の衛星でどんどん撮っては軍などに販売し、開発費用を稼いだ。そのため、アメリカもこれに追随しなくてはならなくなり、一気に衛星写真が一般的なものになった。

中国の宇宙開発は、銭学森というロケット研究者から始まる。NASAの研究員だったが、レッドパージで迫害され、中国に戻らざるを得なくなった。もともと共産主義者ではなかったが、これを機に打倒アメリカを目指すことになった。その後、独自の宇宙ステーションを打ち上げ、さらに今年1月には月の裏側に着陸するなど、実績を重ねている。
かつて米ソ冷戦時代でも、宇宙関連技術は公開されていたが、中国は非公開であることもあって、中国の威論を叫ぶ声が高まっているが、月面着陸技術自体は、軍事的な脅威につながるものではない。それはそれ、これはこれである。むしろ軍事目的から始まったかつての米ソ宇宙開発競争が、軍事力以上に、国際世界でのリーダーシップ獲得に貢献したことをなぞるものだろう。また、これに対してアメリカも、再び人間を月に送ることを宣言した。宇宙開発競争時代が、また来るかもしれない。動機はさておき、宇宙が賑やかになるのは大賛成だ。

手作り地下室プール付き

本サイトで注目している動画に「 李子柒 」というのがあって、中国の女性が伝統的な生活文化を実践するシリーズで、主人公のたくましさが印象的だが、上には上がいるというのが下記の動画。

これは伝統でも何でもないし、少なくともカメラを切ったときにスタッフ総出で作業するくらいのヤラセはあるのだろうが、それでもすごい。BGMもなく、淡々と進んでいく作業に、目が離せなくなる。なんと全世界で1700万再生である。南方に暮らす人の夢なんだろうなと思う。

こういうのはすでにジャンル化しているらしく、さらにエスカレートしたのもあった。こちらはタイトルもあるなど作り物感を感じる。野性味たっぷりの男たちが、妙に洗練されたデザインの空間を作ったり、耐水性モルタルではなく、シロアリの巣なんだというあたりの演出がいい味を出している。

汚いビジネス手法

海外の掲示板に、汚いビジネス手法と題したスレッドがあったので、ピックアップしてみた。

サボテンの鉢植えには、花だけプラスチック製の造花を刺していることがある

あるレストランでは、スープボウルで注文するとカップより料金が高いが、移し替えても量は同じ

フランスでは従業員を解雇するのが難しい。そこで人員整理したい企業は、通勤に4時間もかかる場所に移転し、自主退社を見込んだ狭いスペースを用意する

あるアライグマ駆除業者は、依頼のあった家で捕まえたアライグマを、別の家の近くで放し、注文が来るのを待つ

ライバル会社がGoogleビジネスページに情報を公表していない場合、その会社のページを勝手に作り、連絡先を自社にしておく

カナダのノバスコシア州では、退職金は、社員の過去30日間の平均支払額に基づいて計算されるため、レイオフの前1カ月間は極端にシフトが少なくなる

スポーツ番組のテーマ曲

あの曲はなんという題名だろう?昔、いろいろなスポーツ番組で必ずかかっていた、とあるオープニングテーマが頭に浮かんだので、題名を検索してみた。近年はこういう他愛もない疑問も、検索すればすぐにわかる。スッキリして、ちょっと得した気分になれる。それはさておき、

スポーツショー行進曲
1949年、古関裕而作曲。NHKのスポーツ番組用のオープニング曲として作曲された。2010年ころまでは高校野球のオープニングにも使われていた。そう言えば今は無音で始まるなあ。冒頭で頭に浮かんだ、というのはこの曲である。当然ながら局によって違うので、他局も探してみた。

スポーツ行進曲
1953年、黛敏郎作曲。日本テレビ開局にあたってスポーツ番組オープニング用として作曲されたとのこと。ナイター、プロレス、ミユキ野球教室、ニュース内スポーツコーナーなどで流されていた。

コバルトの空
1951年、服部逸郎作曲。TBSのスポーツ番組用として作曲された。プロ野球のほか、ボクシング、プロレス、キックボクシング、ラグビーなどで使われてきた。

ライツアウト・マーチ
1905年、アメリカのE.E.ライツが米海軍のために作曲。フジテレビのスポーツ番組オープニング曲として、プロ野球、競馬、バレーボール中継などで使われた。オリジナルは「消灯の歌」という意味らしいが、これで眠れるのかな。

朝日に栄光あれ
1982年(?)、神津善行作曲。ナイターやプロレス中継で使用された。

すべてよく知ってる曲ばかりで、実に懐かしい。どの局のどの番組だったかはごっちゃになってるが。なんとなく全部アメリカの行進曲だろうと思っていたので、殆どが日本人の作曲というのも初めて知った。どれもが名勝負、名シーンに直結しているのからだろう。通して聞けば、すっかり血湧き肉躍る気分である。

激安アルトサックスレビュー動画

改元大連休の後半、風邪をひいたあげく歯まで痛みだしたので、外出もせずごろごろ動画を見て過ごした。で、見つけてしまったのがこれ。

激安アルトサックスとヤナギサワ製、吹き比べ

amazonで2万円台で売られている激安アルトサックスと、自前のYANAGISAWAの40万円台との比較動画である。正直言って、amazonに飛んで行きたくなるのを必死でこらえながら見た。3万円ほどでこんな音が出るなら、今すぐだってほしい。

さて、一度冷静になって考えると、私は4年前に8千円で激安バイオリンを買った。結局それは1年半ほどで、もうちょっとましなものに買い替えたのだが、最初の激安については全く後悔していない。確かに人前に出せないような加工だったが、おかげで次のを買うための知識を得た。今後弾くことはないだろうが、バイオリンのある人生をもたらしてくれた感謝や愛着は変わらない。
そこであらためてサックス動画を見ると、演奏前にところどころキーの機構を修正したりしてるので、買ったままでは音が出なかったり、運指がスムーズにいかないかもしれない。大手メーカーなら出荷前に綿密に行う調整を、けっこうすっ飛ばしてるという感じだが、少なくともオモチャではない。初心者には調整は難しいかもしれないが、ブラスバンド経験者などがいれば、なんとかしてもらえる程度のような気もする。

YANAGISAWAの40万円台は、全く妥当な金額だと思う。では、激安がその20分の1の値打ちしか無いかといえば、とてもそうは思えない。激安バイオリンのときにも、バイオリン市場を一気に拡大させるきっかけになるのではと思ったが、楽器の世界全体に変革が起こってるかもしれない。

ちなみに念の為だが、これを買っても、動画のように吹けるわけではない。プレイヤーの年齢からして、10年、20年という研鑽の日々が為せる技で、この動画は、要は上手い人は楽器を選ばないと言ってるに過ぎない。と、必死に自分に言い聞かせている。