さっぽろオンライン雪まつり、閉幕

さっぽろオンライン雪まつりが閉幕した。期待はしてなかったが、成り行きに興味があったので注目していたのだが、思った以上の盛り上がりのなさ。このご時世で無理もないとはいえ、すがすがしいくらいの討ち死にである。そもそもやってたこと自体知られてなかっただろう。突発的な雪像制作中止を受けて、何かしなければならない人たちだけで、こっそりアリバイ作りをしたというところだ。

ただ、中には意欲的企画もあった。blenderという無料の3DCGソフトを使った、バーチャル雪像の募集である。初心者のために、指導講座も設けたらしいが、アーカイブサイトを見てもそれらしい作品はない。応募自体がなかったのだろう。
3DCGは難しい。全くの素人からはじめてイメージ通りの造形ができるようになるまで、早くても数カ月はかかるのではないだろうか。それを短期間のうちに入門から作品提出までというのは無理もいいところだ。

ただしこの企画によって、blenderをインストールし、勉強を始めた人がいたなら、それは札幌市の人的財産になる。今回の失敗に懲りずに、何度でもバーチャル作品の募集と指導講座を続けるなら、3DCGを札幌市の産業資源にできるかもしれない。ちなみに、こういう3Dソフトのユーザーには、50代60代の人が結構いるような気がする。この世代の人には、PCが普及し、映画などでCGが登場し始めたが、高くて手が出せずにいた人も多い。特に理系の人たちはそうだ。それが無料の3DCGソフトの存在を知って、若き日の夢を叶えている。ネット上で公開される個人の3DCG作品の中に、妙に昭和感のあるものがあるのは、そういうことだろうと思う。

高齢者のための、社会常識入門

常識・・・それは知っていても自慢にはならないが、知らなければ恥をかくもの。そして、常識を期待されなくなったら、人生アウトである。
若い頃、年寄はなぜああも社会常識にうとく、ごく簡単なこともわからない、できないのかと思った。そして、いざ自分が年をとってみると、確かにいろいろな常識を置き忘れてきている。これでは、若い頃の自分にしめしがつかない。そこで、自分のための覚書として、高齢者のための社会常識を書き出してみた。今回はその第一回、「世界の指導者たち」(※2021年2月現在)である。果たしてどれだけ名前をあげられるか…。

  • アメリカ 大統領:ジョー・バイデン
  • イギリス 女王:エリザベス2世 首相:ボリス・ジョンソン
  • ドイツ 大統領:フランク=ヴァルター・シュタインマイアー 首相:アンゲラ・メルケル
  • フランス 大統領:エマニュエル・マクロン 首相:ジャン・カステックス
  • ロシア 大統領:ウラジーミル・プーチン
  • 中国 総書記:習近平 国家主席:習近平
  • インド 大統領:ラーム・ナート・コーヴィンド 首相:ナレンドラ・ダモダルダス・モディ
  • カナダ 女王:エリザベス2世 総督:リチャード・ワグナー 首相:ジャスティン・トルドー
  • オーストラリア 女王:エリザベス2世 総督:デイヴィッド・ハーレイ 首相:スコット・モリソン
  • 日本 天皇:徳仁(なるひと) 首相:菅 義偉(すがよしひで)

常識に過ぎないことなので、わかってる人は読むにも値しないだろう。が、私はかなりヤバかった。大統領と首相がいる国は、どちらか有名なほうしか知らないのは勘弁してもらいたいと思うが、有名な人物でもフルネームで知ってたのは、海外では最近話題になったバイデン氏とプーチン氏だけだった。日本の場合、当代はよりによって難読な方ばかりだが、ギリギリセーフ。もっと歳を取ると忘れそうなのでふりがなをつけた。

最近知った意外な事実

インターネットのおかげで、昔からの常識がひっくりかえることがある。歳をとっていると多くの「常識」が頭に詰まってるが、その分ひっくり返されることも多い。いわば日々新しい驚きに満ちている。これこそ歳を取ることの醍醐味だと思う。(※居直ってみた)

・鉄の匂いは鉄そのものではなく、人間の皮脂が鉄に触れて変質した物質の匂いである。
鉄の匂いというものが確かにある。ツンとくるような”いかにも金属的”で、ちょっと大工仕事などをすると、すぐ手につくのでおなじみの匂いだ。

・冷たい水よりも沸騰した水のほうが、早く凍る。
信じがたいが本当らしい。ムペンバ効果と言われ、タンザニアの中学生が物理学者の講演会で「35度の水よりも、100度のお湯のほうが先に凍るのはなぜでしょうか」と質問したことで発見された。何年か前に話題になって専門家が検証したが、その後、いくつか条件があるようだが2020年に実証された。不思議ではあるが「高みに上りつめた者ほど、一度転落すると底なしに沈む」という世の習いには合ってる。

・鬱の原因はウィルスである。
てっきり体調や環境の変化からくる、純粋に精神的なものかと思ったら、ウィルスによる症状だそうだ。人間の精神が下等生物に支配されていると思うと情けないが、ウィルスと言っても人間の体に常に存在しているものが、ストレスなどによって発症するらしい。ワンクッションあるがストレスが鬱の原因なのは間違いないし、薬で簡単に治る可能性が高まったとも言える。

・国勢調査の回答率は30%台
これは以前から聞いていたような気もするが、改めて驚いた。国勢調査というのは数少ない「全量調査」で、その数字は仕事の世界でもいわば絶対の指針だと思ってきたから。それがたった3割とは。もちろん3割なら十分に根拠にできる数字ではあるものの、「調査に協力的な人の情報」なので、それを根拠にすると大外れすることもありうる。国の政策だって、福祉や教育などの対象者がそもそも存在しない前提で作られてしまうかもしれない。なるほど、マイナンバー制度を普及させたいわけだ。

error: