李子柒/木製活版印刷

なんと今回のテーマは活版印刷。5分間の短い動画の中に、中国ならでは歴史や文化の情報がいろいろと詰め込まれていて面白い。最初に登場する扁額は、王という名工の住まいだった場所らしいのだが、誰のことかわからなかった。木の小片に文字を彫っていくのだが、今回のように活字として使い回さない場合は、浮世絵や高麗大蔵経のように、一枚の版木に彫り込んでしまうだろうとは思うが、そのへんは活版印刷を一部再現して見せたということかもしれない。なにしろ相手は活版印刷の祖、中国であるから、堂々とやられるとどこまでが演出かわからない。
木片にいきなり筆で裏文字を書き始めたのもちょっとびっくりだ。活字なので高さが揃わなくてはならないから、墨で書いて失敗すると、削って修正できない。仕上がりはきれいな明朝系の書体だが、もしかすると中国には、筆で裏文字を書きやすい書体があったのかもしれない。

刷りの際は、紙の一辺を折って、印刷でいうところの「トンボ」の代わりをさせている。漉き上がったまま縁が断裁されていない紙を使うのだから当然なのだが、こういうちょっとした部分のリアルな所作は、やったことのある人でないと脚本に書けない。まさかこの女性が知ってたとは思えないが

刷り上がったのは詩のような手紙で、現代中国の簡体文字ではなく古い漢字なので日本人にもなんとなく意味が伝わる。焚き火でお粥を炊いているところへ、野生の鶴が飛んで来てたのが、子供時代に一番好きだった光景だというような意味だろう。
ラストシーンは、これまた王という人物の祖先を祀った霊廟だそうである。一面の瓦屋根だが、棟を立ち上げる日本式と違って、なめらかなへの字型の瓦をかぶせる構造が、なんとも中国らしい。それにしても王って誰だろう?

追記
王というのが何者か調べてみたのだが、どうも元の時代の農業学者、王禎(おうてい)のことではないかと思う。山東省出身の篤農家で、1313年に近代農業以前の農法を集大成した「農書」全22巻を著した上、木活字3万字を作って出版したとある。食をテーマのひとつとするこの動画で、農業の大先達王禎の顰に倣って木活字を彫ってみたという動画なのだろう。単なるロハスなイメージのおしゃれ動画じゃないんだね...

政府閉鎖

アメリカの国会が紛糾したせいで政府が閉鎖され、さまざまな公共サービスが停止している。同じことがオバマ政権の時に起きた際に、私はアメリカほどの大国の政府が閉鎖されたことに驚き、大統領がなんとか対処しないのだろうかと思った。クリントン時代にも同じことがあったのを知らなかったので、オバマという人は、アメリカ歴代大統領で最低の評価になるのではないかとも思った。

実はアメリカというのは民主主義の本家だけあって、国民の意志が集まる議会の力が強く、相対的に大統領の権限はかなり小さい。たとえ公共の利益になることでも、国会の予算が決まってないのに、勝手に施策を進める権限がないのだそうだ。逆に、それができるところほど、為政者が独裁していることになる。日本でさえ首相の権限はアメリカ大統領よりも大きいくらいだから、アジアなどは独裁国家だらけだ。

また警察も消防も、国以外の州や市、各種組合などさまざまな組織に属するものが多いので、政府が閉鎖されても国自体が機能停止というのとはちょっと違うようだ。

議会から予算が来ないのだからどうしようもない、というのは民主主義的に正しい大統領だ。良い大統領かどうかは、別の判断だが。日本などでは、絶対に通用しない考え方だろうなと思う。

I can’t give you anything but love

Jimmy McHugh(1894-1969)の作品だが、実に惜しい。作曲家の没年からわかるように、まさに今年2019年にパブリックドメインになるはずの曲だったが、「平成30年著作権法改正」により、昨年ギリギリで権利期間が伸びてしまった。今年になったら紹介しようと思ってリストアップしていたのだが。


これは、「ジプシー・ジャズ」と呼ばれる古いスタイルのジャズで、この頃はヴァイオリンとギターが組んだ、軽快で楽しい曲が多い。中でもこの曲は、動画のように今でも若い人に取り上げられているし、自分でもやってみたいと思っている名曲だ。

ブログのカテゴリーにしている「パブリックドメイン名曲集」は、自分の知っている、いつか演奏したいと思ってるような曲を気軽に紹介しようと始めたものだが、これまでのほんの数年の間にも大きな変化が起こった。それもなんとなく窮屈な方向の変化が。

李子柒 麻婆豆腐

当サイトで、なぜか来場者の多い李子柒シリーズ。畑に行くシーンから始まったのでもしやと思っていたら、大豆を豆腐にする所から始まった。枝豆状態の大豆を収穫していたが、畑で乾燥する前に生で使うということなのだろう。出来上がったのは、なかなかお目にかかれないほど硬い豆腐だ。
このシリーズは不思議なところがあって、伝統的な中国の生活文化を紹介しているのだが、いつも出てくる家の立地がよくわからない。麻婆豆腐が出たからと言って四川省というわけではなく、山西省の手伸ばし麺を作ったりする。画面の隅に花や果実のなった枝が映ることが多いが、それも旬や産地がバラバラな感じがする。そういうものにとらわれない、オール中国の桃源郷をイメージしたのだろうか。

ネットを調べると、タイトルはリーズーチーと読むらしい。「染」のように見えた文字は「七」だそうだ。「李子柒」という人名だと思う。四川省の田舎に祖母と暮らす女性という設定だそうだ。田舎暮らしのスキルが身についているが、他の動画を見ると故宮博物院の一室で、研究者と薬膳について話し合ったり、都市部にある自室でこの動画を編集していたりと、おそろくべき多芸多才ぶりである。特に作業する手付きが堂に入ってるので、吹き替えかとも思って目を凝らすのだが、本人が演じている部分も多く、見分けがつかない。視聴数は膨大だが、わずか5分ほどの、スポンサータイアップのしようもない内容にここまでの手をかけて、どうやってペイしているのか不思議でならない。

サターン5型ロケットのマニュアル

往年の宇宙少年の諸君、お待たせしました、宇宙スケールのお年玉である。NASAの誇る世界最大のロケット、あのアポロ計画でも使用されたサターン5型ロケットのマニュアルが公開された。みんなもぜひ、以下からダウンロードして欲しい。

https://history.nasa.gov/afj/ap12fj/pdf/a12_sa507-flightmanual.pdf

今の人たちとちがって、我々の若い頃は人間が月に行くことが当たり前のように行われていた。
「おや、今度はアラン・シェパードが船長かい?バズ(オルドリン)にも、一度月面に立たせてやりたいねえ」
というような会話が、普通にかわされていたものである。
それを可能にしたのが、サターン5型ロケットである。全長110.6m、総重量2,721t、低軌道に118tの人工衛星を打ち上げる力を持つ。サターンの前にサターンなく、サターンの後にサターンなしとまで言われた、人類史上最大のロケットだ。高齢者が、「最近のロケットはみみっちくていけねえや」などと嘆くのは、こういうのを見てきたからである。

年をとってよかったなと思うのは、子供時代の夢のまた夢みたいなものが、こんな風に手に入ってしまうことだ。冷戦下の当時なら、これを目にできるのはエリートの中のエリート、トップレベルの機密に接触できる限られた者だけ。大統領だって、見られなかったかもしれない。そして、この一冊のために、東西両陣営の諜報機関が、虚々実々、血で血を洗う謀略を繰り広げていたに違いない。
ダウンロードしたからと言って、日常生活の役には立たないだろうが、それを言えば会社の業務マニュアルも似たようなものだ。上層部の皮算用が詰まっているものより、人類の夢と叡智と根性が詰まってるマニュアルのほうがずっとありがたみがある。