中国製サックス

知人がアルトサックスを買った。中国製の新品で、値段は3万円ほど。少しでもサックスを知ってる人なら、飛び上がって驚くか、フンと鼻で笑うところだが、どうやら悪くないようなのだ。サックスといえば、ヤマハ製で10万円から、ヤナギサワで50万円から。天下のセルマーなら、100万円以下のもある、という具合に高い上に、それ以外のメーカーはないも同然の楽器だ。バイオリンなどと違って、古くなっても価値が出ないので上限はあるものの、格好良さそうなので試しにというわけにはいかない。そこで中古品ということになるが、ネットで探すのは博打になってしまう。もし箸にも棒にもかからないシロモノが手元に残ったら、ただギャンブルでスッてしまうよりタチが悪いかもしれない。

ところが3万円の中国製は、なかなか良いらしいのだ。もちろんプロ用クオリティではないし、遊び用、興味本位用なのだが、今までそういう人向けのものはなかった。メーカーはプレイテックというところで、オモチャではないようだ。おそらく中国では、天下の名品を徹底的に分解、チェックし、コンピュータ制御の工作機械でどんどん作っているのだろう。そういう作り方は熟練工の手作りには敵わないものの、データやノウハウが蓄積され、共有化されるので、じわじわと品質が上がっていく。それがついに一定の水準を超えたのではないかと思われる。

私のバイオリンも中国製で、安いから買ったものだ。ちゃんと弾ける人には鼻も引っ掛けてもらえないとは思うが、毎日弾くのが楽しいかどうかと言えば、文句なく楽しい。だから自分にとって品質は十分である。まだ見ていないが、中国製アルトサックスも同じだと思う。
3万円でサックスが手に入るのは、大事件だ。多分、売れまくっていると思う。ただし高齢者は知らないかもしれない。が、高齢者の中には、若い頃にジャズや海外の音楽にあこがれつつも、手が出ないまま、仕事に追われて生きてきた人が多いはずだ。そういう人には、3万円でサックスが買える時代になったことを知ってほしいと思う。

ちなみに昔はなかったサックス用弱音器というものもあるようだ。中国製アルトなら、本体より高いことになってしまうが。

Blender考

無償の3DCGソフト「Blender」をいじり始めた。以前は、CGソフトはパース作成や特撮映画など、特殊な分野の人しか使わなかったが、動画や3Dプリンタ、ゲームなどの素材づくりができるようになったため、いろいろな人に有用な道具になった。

大げさに言えば、無料のCGソフトは世界を変えるかもしれないと思う。例えばその昔、始めてワープロが登場した頃は、ワープロが使えるかどうかは、その後の人生のあり方まで変えた。文書に関わる仕事の人はもちろんだが、メールやブログなど、個人生活の質まで変えてしまった。ワープロは文書に関する変革だったが、CGソフトは画像や物体の世界での一大変革だと言ってもいい。Blenderが使えるというだけで就職などに有利になることもあるだろう。

趣味の世界ならなおさらだ。プラモデルや帆船模型など、部材を削り出し、組み立てて色を塗り、組み立てるまでの作る楽しさを満喫したら、陳列しなければならなくなる。CGなら、作る楽しみを味わったあとはPCに保管できるし、ネットで公開もできる。さらに公開した建物や船のデータを使って、別な人がテレビゲームにするというような場もすでにある。現物に触れる醍醐味は減るかもしれないが、その何倍もの速度で作ることができ、動画やゲームなど、新たな世界が広がる。

3DCGソフトの操作は、なれるまで難しいかもしれないが、難しいのは項目がたくさんあるからで、能力や記憶力のせいではない。高齢者にも使える。個々の操作は単純なので根気よく取り組めば、いつかは大物も完成させられる。
仕事と趣味の中間的な使い方も考えられる。例えば構想だけあって実現しなかった建物や、試作品までいかなかった機械などを、バーチャルとはいえ完成まで持っていける。その過程で新たなアイデアが生まれるかもしれない。また、文化財とまではいかない昔の建物にも、その時代の工法や生活文化が詰まっている。そのまま保存しろというのは無理だが、今は無くなった自分の生家や学校、近所の郵便局や交番などを3DCGで再現すると面白い。CGデータが公開されれば、実際にその建物を使っていた人が修正して、さらに細部まで再現するなど、関わる人も増え、立派な文化事業になるのではないかと思う。こういうものこそ、現代を生きる年寄りの出番ではないだろうか。

試作品。人前に出すには技術レベルがいまいちで、お絵描きソフトも使ってインチキしてるが、今はここまで。


業務スーパー

業務スーパーの製品がなかなか面白い。最初に気がついたのは、店頭にハラール食品のポスターが貼ってあったため。ハラールはイスラム教の戒律にしたがって処理された食品のことだが、信者は世界中にいるので、世界的には珍しいものではない。たまたま輸入した商品がハラールであることも珍しくないだろうが、エキゾチックな食品店でなく、スーパーでハラールの表示を出してるところは他には思い当たらない。

業務スーパーは、日本の流通業での中で、直営工場が一番多いことで知られているが、パッケージの製造元をたどってみると、直輸入品や国内での仕入商品にも面白いものがいろいろある。例えばビスケット、クラッカー類はベトナムのKinh Do社のもの。ベトナムはフランスの植民地だったためパンのレベルが高いが、 Kinh Do社はその中でも大手にあたり、近年モンデリーズに吸収されている。モンデリーズと言えば、クラフト、ハインツなどを擁する一大食品グループだ。かなり安くてちょっと心配になるくらいだが、よく見るとパッケージは頑丈で印刷もしっかりしている。日本の製品に比べても、十分コストはかけている感じだ。
また、カレー粉、レトルトカレーにハチ食品という聞き慣れない社名があったので調べたら、なんと日本で最初にカレー粉を販売した会社だった。カレー粉と言えばイギリスのC&B製が日本に入ってきて、その後S&Bが国産品を出したのだと思っていたが、元祖はハチ食品だったのである。我らの国民食に対するとんだ認識不足を反省し、いつものS&Bの赤い缶にハチ食品を入れて使うことにした。

バターはさらに面白い。450グラム(1ポンド)の欧米サイズのものをニュージランドから輸入しているが、グラム単価で国内産より安い。バターはかつて225グラム(半ポンド)で売られていて、その後200グラム、150グラムと、容量を減らしながら実質値上げし続けてきた商品だ。また、東京在住の主婦によればクリスマス期にはよく品切れを起こし、ネットでプレミアがつく。乳製品と言えば北海道の独壇場だろうから、かねてからバターの供給の不安定さはホクレンの戦略ミスではないかと思っていたが、その脇の甘さを突かれた形になった。
数年前、テレビのインタビュー番組でホクレンの幹部が登場し、バターの品薄はコントロールされたものであるかのようなコメントをして騒ぎになった。それを見て私は、その昔雪印乳業が集団食中毒に際して、メディアへの対応を間違ったために廃業の憂き目にあったことをもう忘れたのかと、一道民として冷や汗の出る思いだった。そこへ来て、業務スーパーの1ポンドバターである。しかも、価格だけではなくグラスフェッド(牧草飼育)という付加価値付きだ。多分今後は北海道産は品質も価格もかなわないだろう。乳製品に関しては生産者の減少などの問題を抱えているのは知ってるし、誰がどんな利権でどんな汁を吸おうと全く気にもならないが、供給能力の低下はまずいだろう。最近、北海道ブランドは過大評価されてるのではないかと思ってるが、1ポンドバターがぬけぬけと並んでるのを見ると、足元が揺らいでいるのではないかと思ってしまう。だからと言って、もちろんグラスフェッドは買うが。

error: