Beautiful Dreamer

スティーブン・フォスター(1826-1864)の曲。「草競馬」「ケンタッキーの我が家」など、音楽の教科書などにも登場する、アメリカ音楽の父とも呼ばれる作曲家である。

「Beautiful Dreamer」は、日本でも「夢路より」の名前で知られていて、誰もが一度は聞いたことのある曲だ。中学生の頃、この曲が8分の9拍子という変わった拍子の曲だと知り、余った1拍子はどうなってるんだろう、その割にスムーズに聞こえるが、と不思議に思った覚えがある。

フォスターの生きた時代は日本の幕末にあたり、作曲家という職業も、版権という概念もなかったため、ヒット作を発表しながらも生活は苦しいまま、38歳で亡くなっている。フォスター以後、レコードが一般的になる前の時代は、作曲家が新曲を発表すると出版社が楽譜を印刷して全国に販売した。クラブやダンスホールなどでは、バンドがこれを購入し、最新ヒット曲として演奏した。音楽業界とは出版社のことであり、作曲家はスターだった。今でもその名残は残っていて、新しい曲が「新譜=新しい楽譜」と呼ばれることもある。フォスターは、もう少し長く生きていれば、業績にふさわしいセレブ生活ができたかもしれない。それを思うと、パブリック・ドメインばかり持ち上げるのは、やや気が引けるが。

誰でも知っている名曲で、現代でも違和感のない美しいメロディなので、さぞかし多くのジャズメンが取り上げているかと思ったが、不思議なほどジャズアレンジの動画が少なかった。あっても原曲の8分の9拍子ではなく、ディキシーランドスタイルの4拍子のものばかりだった。有名だがあまりに古くて童謡っぽく思われているのか、それとも「主人は冷たい土の中に」「オールド・ブラック・ジョー」など、黒人奴隷をテーマにした曲を作っていたからかもしれない。

作品一覧へはこちらから

ポル・ウナ・カベサ

カルロス・ガルデル(Carlos Gardel, 1890 – 1935)の曲。ただし動画では冒頭の2分少々だけで、その後「ビヨンド・ザ・シー」「韃靼人の踊り」「How Insensitive」と続く。ストリート・ミュージックの雰囲気が良かったので、あえて選んでみた。

タンゴは1880年代のアルゼンチンで、ダンス音楽として生まれた。当時、タンゴの歌はダンスの添え物的な扱いだったが、カルロス・ガルデルが登場して美声と表現力で一斉を風靡し、歌をタンゴの主役の地位に高めた。
作曲家としても「ポル・ウナ・カベサ」を始め、数々の名曲を残したが、絶頂期の44歳で飛行機事故で亡くなった。そのドラマチックな最期もあって、アルゼンチンでは今なおタンゴの偶像、国民の英雄として知られている。

アルゼンチンは先進国から途上国に凋落した唯一の国として、経済学の研究対象として注目されている国だ。19世紀後半から20世紀初頭にかけての加速度的な経済発展により、一人当たり国民所得が世界10位にランクされ、首都ブエノスアイレスは南米のパリと言われていた。
その後クーデターによる軍事政権の誕生、経済政策の失敗、政府支出の増大などにより、超インフレのあげく8度のデフォルト(債務不履行)を経験。2020年にも、9度目のデフォルトに陥っている。カルロス・ガルデスの死は、衰退が始まっていたアルゼンチンの国民に、とりわけ悲壮な思いを抱かせたに違いない。

演奏者のROM DRACULAS氏は、フィレンツェのストリート・ミュージシャンらしい。詳細は不明だが、youtubeによく登場している。もともとバイオリンがクラシックだけでなく、民族音楽やジプシージャズの楽器として、街頭や酒場で演奏されていたころの雰囲気が伝わってくるようだ。

作品一覧へはこちらから

After Hours

Avery Parrish(1917, 1959)によるブルース曲。

サムネールでお気づきだろうが、演奏はクリント・イーストウッドだ。After Hoursは前半だけだが、堂に入った演奏っぷりである。現在90歳のはずだから、動画のときもすでに80代だろう。
クリント・イーストウッドといえば、マカロニ・ウェスタンやダーティ・ハリーでスターダムにのし上がったが、ジャズと縁も深い。監督第一作の「恐怖のメロディ(原題「ミスティを私に)」は、エロール・ガーナーの名演奏をモチーフにしたサスペンス映画で、その後もいくつもの映画のシーンにジャズを取り入れている。「バード」はチャーリー・パーカーを描いた作品だ。
なお、流石に肖像権がうるさいのか、紹介しようとしていた別の動画は視聴不能になってしまった。これも危ないので、消えていたら検索し直してほしい。

作品一覧へはこちらから