李子柒/搾菜の漬物と梅花酥の朝食

今回はVLOGの舞台でもある、四川省名産の搾菜の収穫から。中華料理店でよく出てくるが、植わっているのを見るのは初めて。根の部分かなとも思っていたが、茎だった。それを千切りにした後、塩もみして重しをかけておく。唐辛子などであえて完成だが、材料はピーナツなどもあるようだがよくわからなかった。

梅花酥の酥は中華風のパイのこと。中華風のパイは、粉と水で練った生地と、粉とラードで練った生地を包み込んだ後、折りたたんでいく。今回は粥を材料に使ったようにも見える。生地を梅の形に成形して油で揚げて梅花酥の完成である。これらを白粥に添えれば、李家の朝食のできあがりだ。 今は知らないが、お粥に、油条という揚げパンや、春巻の皮の揚げたものを入れるのが、伝統的な中国の朝食である。炭水化物と油しかないが、これがなかなか美味しい。特に 油条は日本人好みの味なので、かねがねもっと普及してほしいと思っている。

カテゴリー「李子柒」

李子柒 麻婆豆腐

当サイトで、なぜか来場者の多い李子柒シリーズ。畑に行くシーンから始まったのでもしやと思っていたら、大豆を豆腐にする所から始まった。枝豆状態の大豆を収穫していたが、畑で乾燥する前に生で使うということなのだろう。出来上がったのは、なかなかお目にかかれないほど硬い豆腐だ。
このシリーズは不思議なところがあって、伝統的な中国の生活文化を紹介しているのだが、いつも出てくる家の立地がよくわからない。麻婆豆腐が出たからと言って四川省というわけではなく、山西省の手伸ばし麺を作ったりする。画面の隅に花や果実のなった枝が映ることが多いが、それも旬や産地がバラバラな感じがする。そういうものにとらわれない、オール中国の桃源郷をイメージしたのだろうか。

ネットを調べると、タイトルはリーズーチーと読むらしい。「染」のように見えた文字は「七」だそうだ。「李子柒」という人名だと思う。四川省の田舎に祖母と暮らす女性という設定だそうだ。田舎暮らしのスキルが身についているが、他の動画を見ると故宮博物院の一室で、研究者と薬膳について話し合ったり、都市部にある自室でこの動画を編集していたりと、おそろくべき多芸多才ぶりである。特に作業する手付きが堂に入ってるので、吹き替えかとも思って目を凝らすのだが、本人が演じている部分も多く、見分けがつかない。視聴数は膨大だが、わずか5分ほどの、スポンサータイアップのしようもない内容にここまでの手をかけて、どうやってペイしているのか不思議でならない。

大根のみぞれ煮

自分が初めて考えたと思うことでも、ネットで検索するとたいてい誰かが先に考えていて、ブログなどで公開されている。が、ごくまれに、検索結果に全く見つからないことを思いつくことがある。それがひと財産築けるようなものなら、今頃それに没頭してブログどころではないが、あいにく思いつくのはとりとめのない内容ばかりだ。例えば「大根のみぞれ煮」のように。

ちょっと聞くとどこかにありそうなメニュー名だが、みぞれ煮は大根おろしで煮込むことだから、まず誰もやってない。本当に作ったらかなり貧相だろう。名人が上等な出汁で煮込めば美味しいかもしれないが。

他愛もないことでも、グラフィカルに表すともっともらしく見えるという現象は「パワポ効果」と言い、錯視の一種である。